【旺順閣魚頭泡餅】桂花小棗

【旺順閣魚頭泡餅】桂花小棗
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

棗の甘煮金木犀風味
桂花小棗(gui4hua1 xiao3zao3)
P1130587.jpg
【データ】とき:1月17日/ところ:東直門外・旺順閣魚頭泡餅/ねだん:15元

棗を使った甘い前菜。
これは「桂花(gui4hua1)=金木犀」の香りをつけたもの。
金木犀の風味がないものは、蜜棗(mi4zao3)と呼ばれたりもする。

この手の甘い前菜を一品頼んでおくと、口直しとして意外に重宝する。
単体としては甘めの味付けで個性が強すぎるかもしれないが、
塩気や脂っ気の強い他の料理の中に入ると、その甘さがかえってありがたい。
一人だとその良さが見えないけど、
他とのバランス、関係性の中でいい仕事をするタイプだ。

中華料理はこういう性格のものが多い。
だから注文の時には料理を単品としてとらえるのではなく、
他の料理と組み合わせた全体の中でどう活きるかを考えることが求められる。
中華料理のオーダーは、ここが面白い。
そして同時に、難しい。

食卓をどう作り上げるか。
食事の席をどう演出するか。

食事のオーダーは、食卓のプロデュースだ。
と言ったら、大げさだと笑われてしまうかな。


■お店情報
旺順閣魚頭泡餅(東直門店)
朝陽区東直門外大街新中街甲2号
010-5120-3232
*東直門外にあります。
東直門を背にして東直門大街を東方向へ向かうと右手、道の南側にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。