【補身閣】滋補養身栄養韓国菜

【補身閣】滋補養身栄養韓国菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

身体においしい韓国料理
滋補養身栄養韓国菜(zi1bu3 yang3shen1 ying2yang3 han2guo2 cai4)
P1130541.jpg P1130542.jpg
P1130558.jpg P1130544.jpg
【データ】とき:1月16日/ところ:望京・補身閣/ねだん:-

第5回エスニック会。
前回ウクライナ料理を食べに行った時の
「サンゲタンが食べたい」
という会長の鶴の一声により、テーマは韓国料理に決定。
サンゲタンと韓国料理の数々でお腹の中からあったまり、
寒さ本番の北京の冬を乗り切ろう!という趣向だ。

会場は、「補身閣」という三ヶ月前に出来たばかりのお店。

P1130532.jpg

望京の韓国人にもまだあまり知られていないという超穴場だ。
ビルの地下へと降りていくと、どのテナントも工事中。
韓国人がウォン暴落で波が引いていくように帰国しているので、
つぶれる韓国料理レストランも多いと聞く。
「大丈夫なのか?こんなところにお店があるのか?」
と不安になりつつ進むと、煌々と灯りのともるお店発見。

P1130534.jpg

元気に営業中だった。

このお店、「補身閣」という店名や「滋補養身栄養店」という説明からも分かる通り、
健康志向がキーワードの身体においしいレストランだ。
店内にはオンドルもあって、足下からぽかぽかぬくぬくあったまる。

P1130535.jpg

席には韓国ビールとマッコリもスタンバイOK。
P1130539.jpg

さあ!
いよいよ身体にやさしい韓国料理の始まり始まり。

まずはこの日のお目当て、犬肉がさっそく登場!
犬肉と聞いて引かないで!!
臭みもなく、とてもあっさりした上品な味で、
犬肉に対するイメージが変わるに違いない。
犬肉は身体をあたためる食材、この季節にはぴったりなのだ。

犬肉のニラ風味蒸し
P1130541.jpg

ゆでた犬肉をスライスし、ニラの上に並べて蒸したもの。
エゴマ、ラー油、コチュジャン、カラシ、酢、葱、エゴマオイル、生姜などを
まぜたタレにつけて食す。

P1130538.jpg P1130545.jpg
タレ。混ぜる前と混ぜた後。

ニラと一緒にタレをつけて、パクッ!
P1130549.jpg

貴州大廈で食べた犬肉鍋もとても上品で美味だったが、
これもなかなか!
皮際の脂身もしっかり残っているし、かなり厚切りなのに、
まったく臭みもクセもない。

タレは真っ赤で辛そうに見えるが、ほとんど辛さは感じない。
むしろ、酸味のほうが強く感じられる。

栄養緑豆餅(ying2yang3 lv4dou4 bing3)
蛎入りのジョン
P1130544.jpg

ふんわりした独特の食感の蛎入りお焼き。
日本で言うところの「チヂミ」。

蛎たっぷり。
P1130551.jpg

に、見えないですね、この写真じゃ・・・
でもほんとに小振りの蛎がたっぷりで、滋味あふれるジョンだった。

栄養紅焼猪排骨(ying2yang3 hong2shao1 zhu1 pai2gu3)
豚スペアリブの煮込み
P1130542.jpg

これは結構辛い。
トッポッキが入っていることもあるようだけど、この日はなぜかナシ。

緑豆参鶏湯(lv4dou4 shen1ji1tang1)
緑豆入りのサンゲタン
P1130540.jpg

あっさりした薄味スープに、緑豆がたっぷり。
P1130552.jpg

緑豆入りのサンゲタンは初めて。
何とも言えないやさしい味と香りがして、いかにも身体によさそうだ。

ちなみに参鶏湯の「参」は、「参加(can1jia1)」の「参」ではなくて
「人参(ren2shen1)」の「参」。
だから「can1ji1tang1」と読まずに、「shen1ji1tang1」と読む。

さて、ここいらでマッコリへ。
マッコリを飲む用のコップが見あたらないので、
「コップをください。」
とお願いしたら、
「お碗が用意してあったんですが・・・」

なんと、最初にテーブルにセットされていたお碗はマッコリ用だった!
P1130536.jpg

取り皿だと思って使っちゃったよ。
てことで改めてお碗を出してもらって、茶碗酒。

P1130554.jpg

発泡甘酒(うすうす)?
大人のカルピス?
こりゃ飲みやすくって危険。

三宝魚湯(san1bao3 yu2tang1)
鰻、鯰、泥鰌と野菜がたっぷりの韓国版おみそ汁
P1130555.jpg

もっと魚の身がしっかり分かるくらいの状態で入っているかと思ったら、
かなり煮くずれていて判別不能。
でもそのかわりにいりこみたいな魚の出汁がたっぷりで、実に旨い!

P1130563.jpg

栄養蛎肉飯(ying2yang3 li4rou4fan4)
蛎入りのご飯
P1130558.jpg

蛎だの、ニラだの、キムチだの、エゴマの葉だのがいっぱい乗った石焼き混ぜご飯。
上にかかった赤いつぶつぶはトビッコ?

これを根性入れてしっかり混ぜ混ぜして食べる。

P1130560.jpg

これは美味だった!
何がいいって、エゴマ。
エゴマ自体の粒々感は言わずもがな、素晴らしかったのはエゴマの葉だ。
葉唐辛子の佃煮みたいな風味があって、実にもう素晴らしかった。

最後のシメの蛎ご飯と魚スープだけでも食べに来る価値あり。
もう少し近かったら、通うんだけどなあ。
望京方面に出かけた時に、また立ち寄ってみよう。


■お店情報
補身閣 滋補養身栄養店
P1130532.jpg
朝陽区望京世宗大廈地下1階
010-8476-3875
*京順路と交差する広順南大街と望京街の間にある
  阜栄街という通り沿いにあります。
  望京国際商業中心の裏手にあたります。
補身閣map

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。