【留家厨房】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十四)

【留家厨房】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十四)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

やっと出会えた!憧れのスモークチキン
P1130373.jpg
【データ】とき:12月30日/ところ:香港天后・留家厨房/ねだん:記事参照

【金馬輪咖啡餅店】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十三)からの続きです。)

食い倒れ紀行で文字通り食い倒れた翌日の夜、
ひさしぶりにぐっすりと眠った。
いつもと変わらない身体と胃袋の軽さ。
「よし!今日はいける!」
心の中でぐっとガッツポーズ。
食い倒れ紀行最終日は快調にスタートした。

行き先は天后にある留家厨房。
この店のスモークチキンの話を聞いてから実に3年?
ようやく、この名物料理にありつける!
私の心は高鳴った。

留家厨房は、天后の地下鉄駅からちょいちょいのちょいっと裏通りに入った所にある。
P1130368.jpg

▼詳しいアクセスは香港ナビのこちらのページをどうぞ。
香港ナビの留家厨房紹介

一応席は予約したけど、お昼ならたぶん予約なしでも大丈夫。
でも夜は必ず席を確保し、さらにスモークチキンも予約したほうが無難とか。

体調もほぼ回復したので、ビール、赤ワインをくぴぴ。
P1130376.jpg

一応、殊勝にいつもよりちょっと控えめだけどね。

そして、お待ちかねのこのメニュー!

留家煙燻鶏:134香港ドル(1/2羽)
スモークチキン
P1130375.jpg
この輝き!

別角度から。
P1130374.jpg
この照り!

食べる前から、ふうわりとカラメルの香りが鼻腔をくすぐる。
そう、ここのスモークチキンは、
燻した鶏肉自体の旨さもさることながら、
このお醤油風味のカラメルソースが素晴らしいのだ。

「うん、これは初めての味だな。」
Hさんが味と香りをしっかりと記憶にとどめてでもいるかのように、
スモークチキンを噛みしめる。
「これおいしー。」
Aちゃんの食べっぷりも格別。
はい、これは合格点がもらえたね。

あまりにこのソースが旨いので、
他の料理にもかけたりして意地汚くねばっていたら、
お店の人が気を利かせて小碗にカラメルソースをたっぷり入れて持ってきてくれた。
みんなで大喜び。

さらにHさん、食事がもう終わるという頃になって
おもむろにバッグを膝においてなにやらごそごそ。
かねてから用意のあったらしいジップロックを取り出すや否や、
自分を盾にして店員さんの視線をさえぎり、
すばやくソースをジャーッと注いでバッグの中へ。
早業である。

さすがはフードコーディネーター。
おいしいもの、初めての味を前にして、研究に余念がない。
いつの日かHさん風のカラメルソースを使った料理が完成?
期待してまーす!

鴨汁魚唇扒柚皮:148香港ドル
魚の唇のダックソース(柚皮風味)
P1130382.jpg

以前北京で魚の唇を使った料理がおいしかったし、
柚皮風味というのが気になって頼んでみた。
が、これはちょっと微妙。
柚皮らしきものは入っているのだけれど風味はほとんどなし。
魚の唇も、コラーゲンぷるぷる感じはたっぷりだけど、
あんまり旨味が感じられなかった。

雲腿扒時蔬:78香港ドル
雲南ハムと芥菜の炒めもの
P1130380.jpg

芥菜は、北京では蓋菜と言われている野菜かなあ。
茎が幅広でしっかりしていて、ほんのりカラシナみたいな辛味がある。
その芥菜のクセと、雲南ハムの塩気、旨味がよくマッチしていた。

酥炸鵞肝:88香港ドル
フォアグラのフライ
P1130383.jpg P1130384.jpg

Hさんも、Aちゃんも、私も、フォアグラにほんの少し粉をはたいて
軽く揚げたものを想像していたのだが、
出てきた物はぼってりしたフリッター。
こんなに衣たっぷりで、しかもこんなにしっかり揚げてしまったら、
フォアグラの風味がすっかり消えてしまうではないか。

「フォアグラの味、しない。」
「うん、これはフォアグラの味が消えてるな。」
Hさん親子も辛口コメントだ。

期待が高かっただけに、肩すかしだった。

生煎咸魚肉餅:78香港ドル
P1130385.jpg

これは豚肉が文句なく旨い!
かなり粗挽きのソーセージを食べたような、ブリブリッとした弾け感が満点だ。

P1130387.jpg
中に入っているのはクワイだったかな?

付け合わせのウスターソースみたいなタレもいいが、
スモークチキンのカラメルソースをつけて食べるのにはまった。

でも、咸魚=干し魚はどこに?
何度か口にして噛みしめながら、
「うーん、干し魚の風味は感じられないなあ・・・」
Hさんがシビアにつぶやいた。

野山椒肉砕蝦米扒鮮淮山:78香港ドル
P1130388.jpg

山芋のスライスを、ミンチ、干しエビ、そして野山椒で炒めたもの。
これが期待以上、というかダークホース的なヒットだった。
なんと言っても野山椒の風味が決め手!
野山椒自体の辛味と、漬け物の酸味で、実に爽やかながらも深みのある味。
単純に塩胡椒で炒めるよりも、一段も二段も奥行きのある料理に仕上がっている。

「これが一番好きかな。」
Hさんの評価も高い。
あ、もちろんスモークチキンは別枠だけど。

乾炒牛河:58香港ドル
焼きライスヌードル
P1130378.jpg

「香港では最近これが人気。」
というe-runさんの言葉に従ってオーダー。
うん、悪くない。
が、これにもスモークチキンのカラメルソースが活躍。
そりゃこんなしてカラメルソースかけまくってたら、
お店の人も追加してくれるよな。

どうやらそんな食いっぷりが気に入っていただけたのか、
それともAちゃんがいたからか、
こんなデザートをサービスしていただいた。

P1130390.jpg

白キクラゲや梨、蓮の実などの入ったデザート。
ほんのり甘くて、おいしかった。

おいしかったと言えば、やはりなんと言ってもスモークチキンだ。
「あれは一羽頼んでもよかったな。うん。」
と後になってからHさんがまた噛みしめるように言った通り、
四人で1/2羽では足りないくらい美味だった。

香港と言えばローストグースが有名だけど、
留家厨房のスモークチキンも負けてはいない。
むしろこっちのほうが有名になってもいいくらいだ。
いや、あまり有名になって気軽に食べられなくなるのも、それはそれでいやかも・・・

【晶晶甜品】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十五)に続きます。)


■香港マカオ食い倒れ紀行2008
香港マカオ食い倒れ紀行2008(プロローグ)
【港灣壹號ONE HARBOUR ROAD】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之一)
【金興飯店】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之二)
【紅磡街市熟食中心】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之三)
【豆花店(正式名称不詳)】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之四)
【阿蔓諾葡国餐O Manuel】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之五)
【洪馨椰子】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之六)
【港湾餐廳RESTAURANTE LITORAL】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之七)
【黄枝記】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之八)
【利多澳門餐】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之九)
【莫義記】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十)
【澳門瑪嘉烈蛋撻 Margaret's Cafe e Nata】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十一)
【船屋葡國餐廳A Lorcha】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十二)
【金馬輪咖啡餅店】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十三)
【留家厨房】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之十四)

■前回の香港マカオ食い倒れ!
香港マカオ食い倒れ紀行2007

■お店情報
留家厨房
P1130368.jpg
香港北角清風街9號地下
+856-2571-0913
*香港ナビの記事:
http://www.hongkongnavi.com/food/restaurant.php?id=113

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/18(木) 15:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。