【洪馨椰子】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之六)

【洪馨椰子】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之六)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

素朴なココナツアイスで腹ごなしの間食
P1130273.jpg
【データ】とき:12月28日/ところ:マカオ・洪馨椰子/ねだん:?

【阿蔓諾葡国餐O Manuel】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之五)からの続きです。)

オー・マヌエルで力一杯ポルトガル料理とワインをお腹に詰め込み、
腹ごなしにセナド広場観光でも・・・するはずだった私たちだが、
そこは食いしん坊ご一行様、すんなり観光だけで終わるはずがなかった。

「このあたりだったと思うんだけどなあ。」
と言いながらも確信のある足取りで
酒徒さんとお連れ嬢が私たちを導いていったのは、
セナド広場近くの路地の奥の奥。

酒徒さんオススメのココナツアイス屋さんだ。

▼酒徒さんのブログの記事はこちらから:
初めて心から旨いと思ったココナツアイス

左党で、甘ったるいデザートが苦手、という酒徒さんが
「初めて心から旨いと思った」とまで言うココナツアイスだ。
やはり甘甘のデザートは苦手な私が、興味を示さないはずがない。

もとより香港、マカオのデザートの旨さは、大陸中国の比ではない。
レストラン選びは100%お任せしたが、
「あのココナツアイス屋には連れて行ってくださいね。」
と事前にリクエストを出していたほど楽しみにしていたのがこのアイス屋さんなのだ。

そして到着した洪馨椰子。
P1130268.jpg

拍子抜けするほど素っ気ない店構えが、かえって好ましい。
ケースにごろんごろんと無造作に転がっているアイスも
またなかなか風情があってよろしい。

P1130272.jpg

ココナツアイスとマンゴーアイスを一つずつ購入。
さて、まずはココナツから。
お味はいかに・・・?

うーん、なんとシンプル!
確かに、そのものズバリ!の椰子の味だ。

ふんわりまろやかなようで、シャワシャワとした氷の感触もあって、
単純だけどなかなかに複雑な舌触りも面白い。
アイスクリームとシャーベットのちょうど間くらいの感じだろうか。

マンゴーのほうも試してみた。
P1130274.jpg

こちらも甘さ控えめで、実に上品な仕上がり。
最初は物足りないくらいだけど、
後からじわりじわりとマンゴーの美味しさが広がってくる。

どちらも捨てがたいおいしさだ。

「いーこと、考えた!」
ふと思いついて、ココナツとマンゴーのミックスアイスを試してみた。

P1130275.jpg

どちらもおいしいなら、
一緒に口に入れたらココナツマンゴーアイスにしても美味だろうと思ったのだ。

・・・が、これはやはり単品のほうが正解だった。
なんかこう、もったいない感じなのだ。
それぞれがそぎ落とされたぎりぎりのおいしさで勝負しているので、
一緒にしてしまうとその孤高感がそがれてしまうというか、なんと言うか。
傑出したシングルスケーター全員がペアで滑って成功する訳じゃないもんな。

ただ、ココナツとマンゴーを交互に食べる、
というパターンは最高だった。
ココナツを食べるとマンゴーが恋しくなり、
マンゴーを食べるとまたココナツに戻りたくなる。
味のシーソーゲームとでも言えばいいか。

で、結局どっちのほうが好みだったかというと、
これはやはりココナツアイスに軍配が上がるかな。
さっき書いたギリギリの孤高感というか、
これ以上は何も引けない崖っぷちの旨さという意味で、
ココナツアイスのほうが上手な気がする。

Aちゃんが最後までスプーンを差し入れていたのがココナツアイスだったことからも、
それが分かると思う。
ここでマンゴーよりココナツに行くところがAちゃんの末恐ろしいところだ。

ココナツアイスとマンゴーアイスをたいらげて「腹ごなし」も無事済んだところで(え?)、
一行はセントポール寺院とモンテの砦に向かった。

が、ここで引っかかってしまった。
この湯丸の屋台に。

P1130276.jpg

湯丸:8.5元
P1130282.jpg
中身はごま餡。

一人2個ずつ、味見。
普通においしい。
ああ、また余計な「腹ごなし」をしてしまった・・・

と、こんなところでまたしても足が止まる!

P1130286.jpg
潘栄記。
おじいちゃんが黙々と焼く金銭餅。

ここはさすがに見学だけでパス。
かなり長蛇の列だったので、気がくじけてしまったのだ。

でも酒徒さんのこの記事によると、
「薄焼き玉子ボーロのようなサクサクふうわり」とのこと。

ふむ。
無理しても味見しておけばよかったか。

【港湾餐廳RESTAURANTE LITORAL】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之七)に続きます。)


■香港マカオ食い倒れ紀行2008
香港マカオ食い倒れ紀行2008(プロローグ)
【港灣壹號ONE HARBOUR ROAD】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之一)
【金興飯店】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之二)
【紅磡街市熟食中心】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之三)
【豆花店(正式名称不詳)】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之四)
【阿蔓諾葡国餐O Manuel】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之五)
【洪馨椰子】香港マカオ食い倒れ紀行2008(之六)

■前回の香港マカオ食い倒れ!
香港マカオ食い倒れ紀行2007

■お店情報
洪馨椰子
果欄街14
2892-0944

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。