【老誠伊清真羊蝎子火鍋店】羊蠍子火鍋

【老誠伊清真羊蝎子火鍋店】羊蠍子火鍋
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

羊の背骨肉鍋
羊蠍子火鍋(yang2xie1zi huo3guo1)
P1130103.jpg
【データ】とき:12月24日/ところ:牛街・老誠伊清真羊蝎子火鍋店/ねだん:記事参照

イブの夜。
なぜか女3人で、牛街で羊蠍子を食べることになった。
名付けて、「平安夜牛街羊蠍子計画」。
メリーな夜に、モーモーさんの街でメーメーさんを食べる会だ。

この会に、ひょんなことから子羊君がひとり迷い込んで参加することになった。
恐れをなして来ないのではないかと内心心配だったけど、
子羊君はちゃんと待ち合わせの場所に時間通りやってきた。
ふむ、おぬし、なかなか勇気があるでないの。

会場は礼拝寺のはす向かいにある老誠伊清真羊蠍子火鍋店。

P1130092.jpg

人気店で、たっぷり30分近く待ってようやく着席。

P1130088.jpg P1130090_1.jpg

お腹はすいたけど、この混み具合なら味に間違いはなさそうだ。

久しぶりの羊蠍子。
羊の背骨周りの肉と骨髄を食べる鍋料理で、
背骨の形が蠍に似ているのでこの名前がある。
そして、蠍の形はまた「羊」の字にも似ているのだ。

P1130089.jpg

羊蠍子を頼むと、まず出てくるのがこれ。
P1130096.jpg

薄手のビニール手袋と、ボウル。
ビニ手は背骨肉をつかむ時に使い、
ボウルは肉をこそげ取って食べた後の骨をゴロンゴロンと放り入れる。
これ出てくると、羊蠍子気分が俄然盛り上がる!

濃香羊蠍子中鍋(nong2xiang1 yang2xie1zi zhong1guo1):48元
P1130100.jpg

羊蠍子がたっぷりのお鍋自体は大、中、小の三種類。
私たちは中をとって中鍋。
でも結局後で小鍋をお代わりしたので、大でもよかったかも。

一緒にお鍋に入れた具は・・・

[奄鳥]鶉蛋(an1chun2dan4):12元
P1130097.jpg
うずら卵

うずら卵をお鍋に入れたのは初めて。
これ、いけます。

山約(shan1yao4):8元/青菜大拼(qing1cai4 da4pin1):16元
P1130107.jpg
山芋と、野菜の盛り合わせ

金針(jin1zhen1gu1):12元/凍豆腐(dong4dou4fu):8元
P1130108.jpg
エノキと、凍り豆腐

水晶粉(shui3jing1fen3):8元/白羅卜(bai2luo2bo):6元
P1130109.jpg P1130110.jpg
マロニーみたいな春雨と、大根。

でも大根はお鍋に入れるのではなくそのままかじるのがayazi流。
さっぱりしていて、いい箸休めになる。
もちろんお鍋で煮込んでも美味。

肝心の羊蠍子は、
「肉多。」
という回民の前情報通り、
お肉たっぷりの食べでのある羊蠍子だった。

P1130105.jpg

骨髄もこんなにしっかり!

P1130111.jpg

野菜もたっぷり投入し、
P1130116.jpg P1130117.jpg

おまけにお肉のお代わりまでし、
P1130118.jpg
(お肉のお代わりは小鍋でしかできません。)

さらには手延べ麺まで。

老誠伊麺片(lao3chneg1yi1 mian4pian4):6元
P1130121.jpg P1130129.jpg

こんな形のものをびよんびよーんと手延べしてくれる。
注文する時は麺じゃなくて、「麺片(mian4pian4)」。

P1130132.jpg

最後はちょっと煮詰まってしょっぱくなってしまったけど、
それでもおいしくいただいた。
幸せ。

でも、この日一番の幸せはこれ。
P1130119.jpg P1130120.jpg

なんと、子羊君がクリスマスプレゼントを用意してくれていたのだ。
ハート型のチョコを一人一つずつ。

アラサーとアラフォーの女子3名、
これにはハートを「ズキューン」とやられてしまった。

子羊君、やるな、おぬし。


▼過去の羊蠍子関連記事:
【老誠一鍋】麻辣羊蠍子
【老誠一鍋】麻辣羊蠍子~仕上げの麺

▼旧ブログの記事:
羊蠍子でポンポコリン~「肉を喰らう」篇
羊蠍子でポンポコリン~「具を喰らう」篇
羊蠍子でポンポコリン~「麺を喰らう」篇


■お店情報
老誠伊清真羊蝎子火鍋店
P1130092.jpg
宣武区牛街11号
010-5837-3556
*牛街の礼拜寺のはす向かいにあります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ayaziさん、はじめてコメントします。北京滞在時代を思い出しながら、いつも楽しくブログを読んでいます。寒い夜はどこにいても中国の羊蝎子が食べたくなります。日本でも食べられるお店があればいいのに!
2010/01/04(月) 21:37 | URL | 小熊猫 #-[ 編集]
小熊猫さんへ
コメントありがとうございます。
羊蝎子、寒い日には特にいいですよね。
四川火鍋やしゃぶしゃぶは日本でも食べられるようになったようですが、さすがにこれはなさそうですね・・・
2010/01/05(火) 07:48 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。