【勁松田源鶏】南瓜百合

【勁松田源鶏】南瓜百合
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

カボチャと百合根の甘煮
南瓜百合(nan2gua1 bai3he2)
P1130040.jpg
【データ】とき:12月21日/ところ:勁松橋・勁松田源鶏/ねだん:?元

カボチャと百合根をほんのり甘く煮含めたもの。
メニューではもう少し別の名前だったような気がするのだが、
この日はうっかりしてメニュー名のチェックを忘れてしまった。

大人数の食事で、しかも自分が幹事だったりすると、
こんな風にメニューと値段のチェックを忘れてしまってどうもいけない。

そうそう、この日は忘れてしまって面目ない限りなのだが、
「よくメニュー名を覚えていられますねえ。」
という言葉をよくいただく。
ブログに一つ一つメニュー名と値段を書いてあるからだ。

これ、実はとても簡単なこと。
種明かしをすると、
最後にお会計をする時にレシートの写真を撮っているだけなのだ。
以前はメニューを撮ったりちょこちょこメモしたりしていたが、
最近はPOSレジが増えてレシートに頼んだ料理が記載されているので
こっちのほうが楽ちん。
時々レシート上の名前とメニュー上の名前が違っていることもあるが、
まあ大きくは外さない。

でも、うっかりして撮り忘れると全滅だ。
この日も撮りそびれた。
お茶会の後恒例のローカルグルメ会で田源鶏にやってきて、
鶏鍋を囲んで白酒片手にわいわいやっていたせいだろうか。

P1130045.jpg P1130046.jpg
「田源鶏」ブランドの白酒/エビのすり身

この店はもう何度も紹介しているからと気がゆるんだせいか。

▼過去の田源鶏火鍋関連記事:
【勁松田源鶏】田源鶏火鍋
【勁松田源鶏】冬季火鍋大推荐!

▼臭臭同盟で超級臭臭アイテムも食べた。
【勁松田源鶏】炸窩頭片(配臭豆腐)

こんな新顔も頼んでいたのにね。

鶏脖(ji1bo2)
P1130041.jpg
鶏の首のところを煮込んで冷ましたもの。

ところで、カボチャと百合根の甘煮を頼んだのは、この日が冬至だったから。
鶏鍋の他に何かつまむものを・・・と思ってメニューを繰っていたら
カボチャが目についたのだ。

一年のうちで一番日が短くて夜が長い日は、
一番死に近い日だと考えられていて、
だから長期保存がきいて冬でも食べられる
栄養たっぷりのカボチャを食べるんだそうだ。

それに、「運盛り」と言って、
「ん」のつく食べ物を食べると「運」を呼び込めるという縁起かつぎの意味もある。
カボチャ、別名は南瓜(なんき「ん」)だ。

中国、というか北京で売られているカボチャは
日本でよく食べる栗南瓜のようなほっくりと甘いものではなく、
より瓜に近いシャキシャキというか、スカスカした食感のもの。
だからこちらのカボチャを煮っ転がしにしても
イメージ通りのものは出来上がらない。
煮物よりはむしろ炒めものやサラダに向いていると思う。

私が知っているカボチャの煮物はこの蜜煮だけ。
煮物というよりはデザートっぽいイメージかな。
今回は百合根だけだが、ここに棗や蓮の実が入ることもある。

私はこれが嫌いではない。
日本のカボチャの煮物とは切り離して別のものとして食べれば
これはこれでおいしいと思う。
田源鶏のはあまりにもそっけない味付けで若干物足りなかったが。

ところで、中国では冬至に何を食べるかと言うと、
北方は餃子、南方は湯圓。

あら、この日はどっちも食べなかったよ。

P1130061.jpg P1130064.jpg

頼んだ主食は四色の手打ち麺とか、手抓餅(shou3zhua1bing3)。
それにびよんびよーんと延ばす手延べ麺(メニュー名は麺片)。

「北京。おいしい生活。」なのに、私としたことが!


■お店情報
勁松田源鶏
北京市朝陽区勁松橋東300メートル(華騰北搪商務大厦2階201室)
010-5190-8955
*東三環路を勁松橋で東方向に曲がり、二つめの交差点の北西の角にあります。
 マクドナルドとちょうどはす向かいのビルです。
 大きなニワトリのイラストのついた赤い看板があるのですぐ分かりますよ。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
え?レシート捨てちゃうんですか???
ほー。

確かに食べ物の写真と同じタイミングでレシートも撮っておけば、覚えておきやすいけど・・・

レシート捨てちゃうんですが?

なんか違う方が気になって。
2009/01/17(土) 07:07 | URL | おまつ #NUpTSsbk[ 編集]
おまつさんへ
ああ、そっか。
日本ではレシートってもらえるんですよね。
レシートをもらって帰れば写真を撮る必要もないんですけど、こちらはもらえないことがほとんどなんです。
なのでこれをパチリ、しておくんです。
2009/01/17(土) 09:12 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。