【朋友家】美味蔬菜聖誕樹

【朋友家】美味蔬菜聖誕樹
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

おいしいクリスマスツリー
美味蔬菜聖誕樹
P1120978.jpg
【データ】とき:12月20日/ところ:Hさん宅/ねだん:-

Hさんにクリスマスパーティのお招きをいただいて、
お宅におじゃましてきた。

まずは大紅(チャイナレッド)をテーマに飾り付けたというツリーがお出迎え。
P1120985.jpg
(ホワイトバランスを失敗して青みがかった写りになってますが、
実際はもっとあったかい色合いでした。)

手作りのリースや飾り付け、
相変わらず素敵なお住まいだ。

テーブルセッティングもこんなに本格的。
P1120974_1.jpg

ちゃんとゲストの名前まで用意してくださっているのがうれしい。
P1120981.jpg

カトラリーの下にはこんな手作りレスト。
P1120988.jpg P1120989.jpg

と、テーブルの上にもこんなかわいらしいツリーを発見!
P1120972.jpg

これ、バーニャカウダの具なんだって!
クリスマスということで、
野菜たちもこんなにかわいらしいツリーにおめかししたのだ。

P1120973.jpg

おいしいクリスマスツリー。

大根を芯にして、ゆでた野菜を一つ一つ楊枝で留めて飾りつけてある。
ツリーの根元にあるのは大きめの賽の目にカットしたジャガイモ。
ふっくらしたやわらかそうな「土」だこと!

ところで、バーニャカウダはイタリア料理。

この料理雑誌のページに載っている日高良実シェフの説明によると、



 バーニャカウダは、イタリア北部、ピエモンテ地方の料理。”バーニャ”は「風呂」、”カウダ”は「温かい」という意味。にんにくとアンチョビ、オリーブ油のソース、これを小鍋でフツフツ煮立て、野菜をつけながら食べるという”フォンデュスタイル”。アルプスのお膝元、北イタリアならではの料理だ。 にんにくは、牛乳と水で3回茹でこぼしてあるから、臭みが抜け、その代わりじゃがいもを思わせるほどホコホコに。これが旨さの秘密。野菜はにんじん、セロリだけでなく、かぶやピーマンなどお好みで。パンにつけてもおいしい。



Hさんのバーニャカウダソースは、生クリームを使ったクリーミーなもの。
ニンニクやアンチョビの他に、くるみも入っているという。
このバーニャカウダのクリスマスツリーは、
Hさん宅のクリスマスの定番料理なんだそうだ。

P1120991.jpg

こんな風にツリーに飾られた野菜をとって、ソースにつけて食べる。
どれもおいしかったけど、
私はブロッコリーとジャガイモが特に好きだった。
パンも捨てがたい。

ツリーの形が崩れていくのはもったいなかったけど、
やっぱり食い気にはかなわない。
おいしいクリスマスツリーはあっという間に虫食いだらけになってしまった。

このツリーのバーニャカウダの他にも、
Hさんお手製の前菜やタイ料理、沖縄料理の数々が次々に登場した。

P1120976.jpg P1120979.jpg

これは以前にもご馳走になったトート マン カオポーとパッ プリッキン。
P1120987.jpg P1120995.jpg
コーンと豚肉のかき揚げと、インゲンと豚肉のグリーンカレー炒め。

パッ プリッキンは前回いただいた時にあまりにおいしかったので、
リクエストしてまた作っていただいた。
こぶみかんの葉っぱの香りが利いていて、とても香味豊か。
やっぱりアーロイマーだ。

タイ風茶碗蒸し
P1120996.jpg

こんなんあるんだ!!
中には挽肉がたっぷり入っていてボリューム満点。
卵で閉じこめられた肉汁のうまみたっぷりだ。

アグー豚のサラダ
P1120998.jpg
(写真がぶれててかなしい。)

沖縄のブランド豚(?)、アグー豚を使ったサラダ。
なんかこう、もりもりがっつけるガテン系の豪快なサラダだった。

ラフテー
P1130001.jpg

秘蔵の泡盛「春雨 カリー」を惜しげもなくどぼどぼと注ぎ、
さらにウォッカまで投入したという沖露合作のラフテー。

いやもう、しみしみのとろとろのうまうま。
うっとり恍惚のやわらかさだ。

ラフテーに合わせて、こんなお猪口で残った「春雨」をくぴり。
P1130002.jpg

そして仕上げのご飯物は、再びタイに戻ってレッドカレー。
P1130005.jpg

ここでもこぶみかんの葉っぱが活躍。
この風味、はまる。

もちろんこぶみかんだけじゃなくて
カレー自体も無限のお代わり地獄を呼ぶ危険きわまりない一品。
「今ここにあったジャスミンライスはどこへ消えた?」
(もちろんお腹の中だ)
理性どころか、記憶能力さえ怪しくなる。

タップティム グロップ
P1130006.jpg

クワイを使ったココナッツミルクのお汁粉風デザート。
このほんのり色のついたクワイも手作り。
「はっ、もしやここは、タイか?」
今度は錯覚だ。

Hさんことmiwakoさんからのコメントで教えていただいたのだが、
このクワイはざくろに見立ててあるんだそうだ。
「だから本当は赤1色なのだけど、クリスマスなので赤と緑にしてみました。」
とのこと。
心にくい!

そんなこんなで、全開フルスロットルでひたすら食べ続けた週末の夜。
こんなすごいホームパーティ、初めて。
Hさん、本当にごちそうさまでした!

▼これまでのHさんち訪問記:
【朋友家】安徽菜/泰国菜
【朋友家】馬奶酒


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
どれも美味しそうに撮れてるぅ~。
自分でブログが書けない私にとって、こうやってきちんと記録が残るって嬉しい♪クワイのココナツ汁粉は「タップティム グロップ」といい、クワイをざくろに見立てたデザートなのです。だから本当は赤1色なのだけど、クリスマスなので赤と緑にしてみました。
2009/01/13(火) 18:08 | URL | miwako #-[ 編集]
miwako.Hさんへ
ほんとにごちそうさまでした!
クワイのココナツ汁粉、タイ語のお料理名を後で追記しておきますね。
あの赤い色はザクロに見立てた色なんですねー。
そして赤と緑の二色クワイはクリスマスカラーだったなんて、こんな小技まで利かせていたとは。
さすがmiwakoさんです。
2009/01/13(火) 18:46 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。