【横竪撇捺】贛菜

【横竪撇捺】贛菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

江西料理
贛菜(gan4cai4)
P1120781.jpg P1120786.jpg
P1120792.jpg P1120795.jpg
【データ】とき:12月3日/ところ:四元橋・横竪撇捺/ねだん:-

カエルを食べに行ってアヒルに惚れた江西料理レストラン。
その他に頼んだ料理はこちら。

茶樹[火畏]龍骨(cha2shu4gu1 wei4 long2gu3):66元
P1120778.jpg

豚骨ときのこのスープ

「龍骨って何かなあ。」
「確か、蛇?」
「いいですね。行っちゃいましょうか!」
と頼んでみたのだが、どう見ても蛇の骨じゃない見た目。
店員さんに聞いてみたら、
「豚です。」
うーん、確かに蛇の骨で66元は安いよな。

頼み方こそトンチンカンだったものの、お味は本格派。
豚の骨から滋養がしみ出したスープは、飲めば元気がもらえそう。
P1120779.jpg

でも飲み口はかなりさっぱりなので、
実はしっかり辛い江西料理のオアシス的存在になった。

巧拌羅卜皮(qiao3ban4 luo2bopi):20元
P1120776.jpg
ぽりぽり大根の唐辛子醤油漬け

これがねえ、辛い!!
見た目はただのぽりぽり漬けみたいだけど、強烈に辛い!!
あなどっていると痛い目に遭う。
一口食べてシーッハーッとなり、
「こりゃいかん。」
となるのだが、しばらくするとコワイ物見たさでまた一切れ。
「うっ、やっぱりいかん。」でシーッハーッ。
以下繰り返し。

翡翠蝦皮(fei3cui4 xia1pi2):18元
P1120781.jpg
翡翠エビ(小エビと香味野菜・ザーサイのみじん切りあえ)

これはいける。
自分でも作れそう。
ふりかけがわりにご飯に乗っけてもいいな。

清炒黎蒿(qing1chao3 li2hao1):32元
P1120785.jpg
リーハオ(芹とアスパラを合わせたような野菜)の炒めもの

食べたことのない方とご一緒するとつい食べてもらいたくなる野菜。
芹のような香味とキシキシ、ガシガシとした挑戦的な歯ごたえが面白い。
中国野菜の中でもかなり好きな部類に入る。

朶リ椒毛芋仔(duo4jiao1 mao2yu4zai3):28元
P1120786.jpg
ふかし里芋の刻み漬け唐辛子がけ

これはね、日本人の琴線に触れる。
朶リ椒は辛いっちゃ辛いけど、見た目のインパクトほどではない。
それを除けば、かなり煮っ転がしのテイストに近い。

井岡山豆皮(jing3gang1shan1 dou4pi2):36元
P1120792.jpg

湯葉の炒めもの

以前、8610食庫というレストランで食べた。
ほげほげとした食感が面白い湯葉の炒めもの。

▼8610食庫の井岡山豆皮:
【8610食庫】井岡豆皮

豚肉のうま味がたっぷりで実に奥深い味。
そこはかとなく和風だしの風味が感じられるのだけど、まさか入ってないだろうな。
あの和風テイストはどこから来てるんだろう。

南昌炒米粉(nan2chang1 chao3 mi3fen3):28元
P1120794.jpg
南昌風焼きビーフン

油っぽくなく、しょっぱすぎず、いいお味。

酒糟湯圓(jiu3zao1 tang2yuan2):26元
P1120795.jpg
酒粕入り白玉

これね、あったかいのだ。
しかもなまあったかい。
でもそれがお腹と心にやさしい。

P1120798.jpg

白玉は餡なし。
すごく薄めの甘酒にフルーツ缶を汁ごと入れた感じ。
意外なおいしさ。

前回と違って今回は4人で来ただけあって、いろいろ頼めて満足。
ちょっとお高いのが玉に瑕だけど、
この店のカエルとアヒルはやっぱり絶品だし、
その他の料理のレベルも総じて高い。
長いソフトオープン期間も終わって正式営業を開始し、
メニューも一段と豊富になってまだまだ食べたいものが目白押し。
また来よう。

▼過去の「横竪撇捺」関連記事
【横竪撇捺】石磨[火悶]廬山石鶏
【横竪撇捺】糟香贛南板鴨


■お店情報
横竪撇捺(Heng2shu4pie3na4)
朝陽区北四環中路6号院内
010-6433-3799
P1100501.jpg P1100517.jpg

*四元橋のIKEAのちょうど向かい側、イタリアンレストラン「+39」のある敷地内にあります。
 (「+39」のすぐ左隣です。)
  東側から行くなら、望京橋でUターンして側道を東方向に戻り、右手。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ここの料理はおいしそうですね。
ぜひ行ってみたいですけど、観光客にはちょっと遠いかなぁ。
IKEAから歩いて行けますか?
2009/01/06(火) 00:11 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
どれもとてもおいしいです。
ベタベタローカルというよりは、ちょっと洗練された料理ですが、このくらいなら鼻につきません。
何よりカエル肉がすばらしいので、他は気にならないと言ったほうが正しいかも。
IKEAからは歩こうと思えば歩けますが、四号環状道路を渡る(くぐる)のがちょっと大変かもしれません。
元気が残っていたらチャレンジしてみてください。
2009/01/06(火) 18:13 | URL | ayazi #-[ 編集]
この湯エン、うちのアホ息子ならたいらげそうです・・・(苦笑)。

どれも美味しそうですね。次回北京に行く時にはトライしてみます。
2009/01/07(水) 21:42 | URL | Hideyo #-[ 編集]
Hideyoさんへ
もちもちお団子系、好きだって言ってましたもんねえ。
あの驢打gunの食べっぷりからして、確かに全部食べちゃいそう。
このレストランはどの料理もおいしくてオススメです。
料理によってすごく辛いのでそこだけ注意が必要ですけどね。
カエルもぜひ試してみてください!
2009/01/08(木) 08:54 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。