【圓鑫餐館】[火倉]炒圓白菜

【圓鑫餐館】[火倉]炒圓白菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

キャベツのささっと炒め
[火倉]炒圓白菜(qiang4chao3 yuan2bai2cai4)
P1120675.jpg
【データ】とき:11月26日/ところ:王府井・圓鑫餐館/ねだん:10元

豆腐絲腔骨干炸小黄魚
そして
溜肝尖(liu1gan1jian1):18元/西紅柿炒鶏蛋(xi1hong2shi4 chao3 ji1dan4):15元
P1120671.jpg P1120674.jpg

こんなラインナップでひとまず始まった食事。
ちょっと物足りなくて、追加したのがこれ。
キャベツのささっと炒めだ。

これも以前紹介済みだけど、圓鑫餐館のがまたおいしいのだ。

▼以前に紹介したキャベツ炒め:
【譚州酒楼】[火倉]炒圓白菜

[火倉]炒(qiang4chao3)については、以前の記事でこんな風にご紹介した。



材料を油でさっと炒めてから調味料と水を加えて煮ること。
なんだけど、この調理法の時にはたいてい唐辛子が一緒に炒められているので、
どうもこっちの[口倉](qing4)のように思えてならない。
[口倉](qing4)は「むせる」という意味で、
タバコの煙でむっとするとか、炒めた唐辛子の匂いでむせるとか、
そんな時に使う言葉だ。




あまり唐辛子を使わない圓鑫餐館でも、
ちらりほらりと唐辛子の赤が見えるからして、
やっぱり[火倉]炒に唐辛子は欠かせないんだろう。

でも花山椒はなし。
引き算の味付けはここでも健在。

しなっとしたキャベツの甘みが実にいい。
キャベツはやっぱり生食より火を通したほうが断然おいしい。
(焼き鳥屋さんや串焼き屋さんで食べる生キャベツは別だけど。)
この料理を食べるたびにそう思う。


▼過去の「圓鑫餐館」関連記事:
【圓鑫餐館】譲人懐念的北京家常菜
【圓鑫餐館】大餡餃子
【圓鑫餐館】小二鍋頭
【圓鑫餐館】腔骨
【圓鑫餐館】煮花生米
【圓鑫餐館】干炸小黄魚
【圓鑫餐館】海米冬瓜
【圓鑫餐館】爛蒜肥腸
【圓鑫餐館】餃子就酒,越喝越有
【圓鑫餐館】拌豆腐絲
【圓鑫餐館】[火倉]炒圓白菜
【圓鑫餐館】砂鍋白菜丸子湯


■お店情報
圓鑫餐館
P1110187.jpg
東城区西堂子胡同(和平飯店北側胡同内)
010-6527-9561/6512-3631
*圓鑫餐館のある西堂子胡同は、
  王府飯店(ペニンシュラ)のある金魚胡同の一本北にあります。
  和平賓館と台湾飯店の間の路地を北に入り、西堂子胡同にぶつかったら右折。
  しばらく歩くと左手に圓鑫餐館の看板が見えてきますよ。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
大好き
 あー、[火倉]炒圓白菜、大好きなんです。家常菜なんでしょうけど、他の家常菜と比べるとメニューに載ってないお店が多くありませんか。どこのお店も材料は揃ってるでしょうに。
2008/12/31(水) 11:42 | URL | けい #Y17400wE[ 編集]
けいさんへ
私も大好きなんですよ!
けいさんもですかあ。
あまりに普通すぎて、載っていないんですかねえ。
でも、おっしゃる通り材料はそろっていると思うので、メニューになくても頼んでみては?
意外と作ってもらえるんじゃないでしょうか。
2008/12/31(水) 17:44 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。