【渝郷人家】干[火扁]黄豆芽

【渝郷人家】干[火扁]黄豆芽
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

豆もやしと挽肉の漬け物風味炒め
干[火扁]黄豆芽(gan1bian1 huang2dou4ya2)
P1120668.jpg
【データ】とき:11月26日/ところ:朝陽門外・渝郷人家/ねだん:28元

干[火扁](gan1bian1)と言えば、四季豆(扁豆)か土豆条。

▼干[火扁]もの定番二つ:
【渝郷人家】干[火扁]四季豆
【渝郷人家(三元橋店)】干[火扁]土豆条

インゲンが大定番。
時々ジャガイモに浮気。

ところがこの二つの他にもう一つ、
バリエーションを発見して大喜びで注文。

それがこの黄豆芽(huang2dou4ya2)。
「豆芽」なら普通のもやしだけど、「黄」がつくと豆もやし。
韓国料理レストランなんかでよく見かける大振りで太くてお豆のついたもやしだ。

これと挽肉、刻んだ漬け物とを一緒に炒めたのが干[火扁]黄豆芽。
干[火扁](gan1bian1)は
スープなどの汁気をほとんど足さずにカラリと炒める調理法。
なんだけど、インゲンやジャガイモだと
少量の油で表面に軽く焦げ目がつくくらいまでいったん素揚げしてあるみたい。

この豆もやしの場合は、揚げてはいないだろうなあ。
どうも干[火扁]の意味するところが、
「挽肉と刻み漬け物と一緒に炒めること」に変わってきているような?

P1120667.jpg

お味はまあまあ。
豆もやしのシャキッとした食感がもう少し残っていたらもっとよかった。

インゲンやジャガイモくらいしっかり存在感のある野菜のほうが、
刻み漬け物の味と対抗できて向いているかも。

「ちょっと気分を変えていつもと違ったものを頼みたい」
という時にどうぞ。


■お店情報
渝郷人家(聯合店)
朝陽区朝陽門外大街20号聯合大廈5階
010-6588-3841/3845

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。