【鷺鷺酒家】上海菜

【鷺鷺酒家】上海菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上海料理
上海菜(syang4hai3cai4)
P1120538.jpg P1120544.jpg
P1120549.jpg P1120548.jpg
【データ】とき:11月19日/ところ:四恵橋・鷺鷺酒家/ねだん:下をご参照ください

上海蟹は季節ものなので時機を逸さないように早めに記事をアップしたのだが、
その日に食べた他のお料理については後回しになっていた。

上海蟹を見直した晩秋の食卓
蟹ちゃん以外にもまあ沢山の料理をたいらげていたんである。

まずは前菜いろいろ。

糖醋小排(tang2cu4 xiao3pai2):32元/糟毛豆(zao1 mao2dou4):18元
P1120536.jpg P1120538.jpg

スペアリブの甘煮と酒糟風味の枝豆。

小鉢頭酔鶏(xiao3botou2 zui4ji1):35元/魚籽色拉(yu2zi3 se2la1):28元
P1120540.jpg P1120537.jpg

「酔っぱらい鶏」こと、鶏肉の紹興酒漬け。
ここまでが定番の前菜。
本日はリクエストがあってトビッコサラダが登場。

餐前小菜(cang1qian2 xiao3cai4):15元
P1120541.jpg

これ、実はオーダーしたものではなくて、初めから用意されていたもの。
でもちゃっかりお金は取られている。
まあ、お通しみたいなものだろうか。
左側の小魚の唐揚げが意外に美味。

ここから先は熱菜(re4cai4)、あたたかい料理。

咸菜粉皮(xian2cai4 fen3pi2):18元
P1120543.jpg

青菜の漬け物と粉皮の炒めもの。
粉皮は、緑豆のでんぷんで作る葛切りみたいなぷるぷる。

上海の鷺鷺より粉皮の活きが悪かったのと、
雪菜が漬かりすぎている感じはあったけど、
やっぱり美味。
このつるっつるのぷるっぷるがいいんだなあ。

響油鱔糊(xiang3you2 shan4hu4):56元P1120545.jpg

田鰻のうま煮。
レシートには「響油」って書いてあるけど、メニュー名は違ったような?
田鰻は生で見ると血みどろでかなりスプラッタな食材だけど、私は好物。
ぬめぬめした感じがあるので、「糊」がついてるのかな。
「糊」、この場合は「お粥みたいなどろどろした状態」のことだろうから、
四声で「hu4」と読むんだろう。
そのぬめぬめと、しっかりした濃い口のたれがよく合っている。

蟹粉豆腐(xie4fen3 doui4fu):88元
P1120544.jpg

蒸し蟹も食べたけど、やっぱりこれも外せない!
私たちのために藻くず蟹から蟹味噌と身の肉を掻き出してくれた誰かに感謝しつつ、
いただきまーす。

P1120546.jpg P1120547.jpg
左がそのまま、右が黒酢をちょっとたらしたもの。

うーん、おいしいけど、上海の鷺鷺のほうが上かな。
もっと生姜が利いていて爽やかだったのだ。

清炒草頭(qing1chao3 cao3tou2):28元
P1120548.jpg

酒徒さんのオススメ野菜、草頭。
クローバーだ。
上海食い倒れ紀行の時にはついに食べる機会がなかったが、
なんと、地元北京でお目にかかれるとは!

ちょっとシガシガした歯ごたえのある独特の食感が面白い。
噛むほどに緑の滋養がしみ出てくるようで、なんだかありがたい気分だ。
四つ葉が入っていったかどうかは定かではない。

百葉結紅焼肉(bai3ye4jie2 hong2shao1rou4):48元
P1120549.jpg

押し豆腐を結んだものと豚バラ肉を煮込んだ紅焼肉。
豆腐結びが煮汁を吸って思ったより美味。

薺菜肉絲豆腐羮(ji4cai4 rou4si1 dou4fu geng1):18元
P1120556.jpg P1120562.jpg

ナズナ、豚肉の細切り、豆腐の入ったとろみのついたスープ。
これで中碗。
中くらいのサイズだ。

あまり何も考えず、期待もせずに頼んだのだが、かなりいけた。
ナズナの葉がしっかりとしていてみずみずしく、一口食べて目を見張った。

葱油拌麺(cong1you2 ban4mian4):15元
P1120565.jpg

葱油の混ぜ混ぜ麺。
これがまた、ながっ!
P1120566.jpg

どうして上海の麺って、こうも長いんだろう。

上海小籠:32元
P1120567.jpg

4コ入り。
お味は普通。
そんなに特別大騒ぎして食べるだけのおいしさはないかも。

いやまあ、女6人でよく食べたこと。
いつもよりはちょっとお高くついた食事だったけど、
季節の上海蟹も堪能したし、
上海料理の数々(ほんと、よく頼んだね)も楽しんだし、
実に満足な夜だった。


▼過去の鷺鷺酒家関連記事:
【鷺鷺酒家】上海食い倒れ紀行(四食目①)
【鷺鷺酒家】上海食い倒れ紀行(四食目②)
【鷺鷺酒家】大閘蟹

■お店情報
鷺鷺酒家(東方店)
朝陽区慈雲寺甲1号
010-6508-0505/0101
*東四環路の慈雲寺橋と四恵橋の間、もうすぐ四恵橋に着く!というあたりにあります。
 道の西側です。
 慈雲寺橋を過ぎたら、四環の本線を下りて側道を走りましょう。
 でないとお店の前につけてもらえないですよ。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
はぁぁぁぁ・・
本当に、最近の北京には何でもありますね~。
本格的な上海料理があるのなら他は何でもありそう、という気がしたので(笑)
コメントしてみました。
支店とは言え、そこまで本場と味が変わらない&
本格的なものが揃っているとはやはり、北京万歳!です。
あ、今週末、大変楽しみにしております♪
2008/12/23(火) 16:56 | URL | もぱぐぅ。 #-[ 編集]
もぱぐぅ。さんへ
まあ、鷺鷺ですからねえ。
変なものは出せないですよね。
上海のお店で出しているものは一通りあると思いますが、やっぱり上海鷺鷺のほうがおいしかったです(当たり前か)。
蟹粉豆腐も断然上海のお店で食べたほうが美味でした。
ただ、北京はなんと言っても首都ですからね、地方の味は一通り味わえると思います。
そういう意味では、選択肢が広くていいですね。

そして!いよいよ今週末ですね、ランデブー。
最強の胃袋を三つ携えて飛んで行きますよ!
2008/12/23(火) 18:28 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。