【圓鑫餐館】海米冬瓜

【圓鑫餐館】海米冬瓜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

乾燥小エビと冬瓜の炒めもの
海米冬瓜(hai3mi3 dong1gua1)
P1120511.jpg
【データ】とき:11月16日/ところ:王府井・圓鑫餐館/ねだん:13元

冬瓜と乾燥させたむきエビを一緒に炒めたもの。
何度か登場しているこの料理、単独でエントリーするのは初めてだ。

▼過去に登場した海米冬瓜:
【福家楼】老北京家常菜
【大順堂食府】清真飯菜

「片(pian4)=薄切り」にしたものと、
「条(tiao2)=拍子木切り」にしたものとがあるけど、
このお店のものは「条」。
好みはあると思うが、
私は「冬瓜条」にしたほうが冬瓜の食感がしっかり出ていて好き。

海米からかなりしっかりとした海鮮のうま味が出るので、
受ける冬瓜側にこのくらいのボリュームがないと
がっぷり四つ感がないように思うからだ。

冬瓜って、たいして味もないように見えるけど、
何かと組み合わさると俄然魅力が増す名脇役タイプ。
あっさりした味付けで炊いたりしてもおいしいけど、
こんなふうに濃厚なスープで、
しかもとろみをつけてたりしても十分に受けて立てる。

だから、クリームシチューに入れても意外においしい。
いやこれほんと。

ところで、煮花生米のエントリーで海米についてちょっと書いたら、
わが「食友」酒徒さんから
海米は「殻を取って食べるところがお米に似ている」
→じゃあ、海のお米で「海米」?
というコメントをいただいた。

うーん、十分あり得るかも・・・
と思ってちょっとネットをさまよってみたら、
どうやら間に「蝦米(蝦のむき身)」がはさまっているみたい。
「海里的蝦米」がつまって「海米」ってなことのようだ。
じゃあなぜ、「河里的蝦米」→「河米」はないんだろ。


▼過去の「圓鑫餐館」関連記事:
【圓鑫餐館】譲人懐念的北京家常菜
【圓鑫餐館】大餡餃子
【圓鑫餐館】小二鍋頭
【圓鑫餐館】腔骨
【圓鑫餐館】煮花生米
【圓鑫餐館】干炸小黄魚
【圓鑫餐館】海米冬瓜
【圓鑫餐館】爛蒜肥腸
【圓鑫餐館】餃子就酒,越喝越有
【圓鑫餐館】拌豆腐絲
【圓鑫餐館】[火倉]炒圓白菜
【圓鑫餐館】砂鍋白菜丸子湯



■お店情報
圓鑫餐館
P1110187.jpg
東城区西堂子胡同(和平飯店北側胡同内)
010-6527-9561/6512-3631
*圓鑫餐館のある西堂子胡同は、
  王府飯店(ペニンシュラ)のある金魚胡同の一本北にあります。
  和平賓館と台湾飯店の間の路地を北に入り、西堂子胡同にぶつかったら右折。
  しばらく歩くと左手に圓鑫餐館の看板が見えてきますよ。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
著書購入しました!
本日ayaziさんの著書を購入しました!ここにこの店も入るとよかったですね。ということは続編も出版されては如何でしょうか?またまた楽しみです。西堂子のこの店の紹介が連続というのは本当にうれしいです。
2008/12/19(金) 18:42 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
拙著をお買い上げいただき、ありがとうございました!
おっしゃる通り、あと3ヶ月前にこのお店に行っていたら、間違いなく掲載していました。
続編、書けるといいなあ。
書くなら今度はお店単位でご紹介しようと思っています。
2008/12/20(土) 14:13 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。