【科力淮揚村】淮揚素脆鱔

【科力淮揚村】淮揚素脆鱔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

細切り椎茸のフライ鰻風
淮揚素脆鱔(huai2yang2 su4cui4shan4)
P1120334.jpg
【データ】とき:11月8日/ところ:麦子店・科力淮揚村/ねだん:22元

そんなに行く頻度が高い訳ではないけれど、
なんだか心に残るお店、科力淮揚村。

実はこのブログでもなかなか注目度が高い。
なぜかと言うと、この記事の時に私がある料理を食べたから。

【科力淮揚村】淮揚菜

淮安平橋豆腐。
平橋風・豆腐のスープ仕立てだ。

この料理、なんとなーく印象のある人もいるのではないだろうか。
そう、中国鉄道大紀行で関口知宏氏が大絶賛した料理だ。

番組放送後、やたらと「平橋豆腐」での検索が多かった。
もしかしたら、ご本人に登場いただいたこの記事よりもアクセスが多かったのでは?

でも今回のエントリーは平橋豆腐ではなくて、
この店に来るとついつい食べたくなってしまうこの前菜。

よく食べていたので、旧ブログでも紹介済みだ。

▼旧ブログの関連記事:
淮揚菜でポンポコリン

この時は18元だったんだね。
ここでも値上げだー。



精進料理のノリで、細切りした椎茸を鰻に見立てた前菜。
「[魚善](shan4)」は鰻だけど、「素(su4)」はベジってことなので、
つまりお野菜を使って鰻もどきにしたという意味になるのだ。
「脆(cui4)」はサクサク。
これ、しけたスナック菓子みたいな食感。
ちょっとしけたハートチップルを思い出した。
ビールのお伴に最適。



うん、今回もこのしけ感は健在。
好き嫌いは分かれるかもしれないが、私は嫌いじゃない。


■お店情報
科力淮揚村(永安店)
朝陽区農展館北路甲5号
6501-1188(内)2844または2847
*永安賓館の2階です。
 永安賓館は、農展館北路と麦子店路の交差点の東南角にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。