【紫光園】金鈎百合蚕豆

【紫光園】金鈎百合蚕豆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

干しエビ・百合根・空豆の炒めもの
金鈎百合蚕豆(jin1gou1 bai3he2 can2dou4)
P1120314.jpg
【データ】とき:11月6日/ところ:東大橋・紫光園/ねだん:22元

「金鈎(jin1gou1)」は、「金鈎蝦(jin1gou1xia1)」のことで、
「海米(hai3mi3)」の別名らしい。
海米は、乾燥させたむきエビのことだ。
百合(bai3he2)は百合根、蚕豆(can2dou4)は空豆のこと。
金鈎百合蚕豆はだからこの三つの素材を塩味で炒めた料理だ。
素材の名前を羅列しただけのシンプルきわまりないメニュー名!
分かりやすくてよいではないか!

百合根は日本だと割と高価な食材だけど、
こちらでは意外と気軽に食べられる。
セロリと合わせて炒めたものが有名。
こんな風に空豆と一緒に炒めたものは今回が初めてだ。

空豆自体がほこほことして深い味わいがあるのに、
そこに百合根のぽっくりした甘みが混じり、
さらに乾燥エビのうま味がプラスされたとあっては、
まずくなるはずがない。
シンプルだけど、奥深いおいしさだ。

それにしても、百合根って炒めると甘みが出て実にいい。
花びらみたいに細工して飾りに散らすくらいの和食では
このほっくりとやさしい甘みは味わえない。
しかもこんなに大量に惜しげもなく投入してあるところがいい。

北京に来てから、日本にいた頃の何倍、何十倍もの量の百合根を食べたなあ。
こんなに親しい間柄になるなんて、
思ってもみなかったよ、百合ちゃん。


■お店情報
紫光園
北京市朝陽区東大橋2号
010-6593-3280
*朝陽門から東に向かって3つめ、藍島大廈のある交差点が東大橋です。
 紫光園は新東路を挟んで藍島大廈の向かい側(道の東側)にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
百合根、すきです♪
はじめまして!
いつも美味しそうな記事をよだれを垂らしながら覗かせていただいてます。
このお店、偶然前を通ったとき包子を買ったら意外にもとても美味しく、
気になっていたんです。
今度はぜひお店で食べてみたいなぁ~。
これからも美味しい記事、楽しみにしています♪
2008/12/02(火) 20:02 | URL | こちぺき #-[ 編集]
こちぺきさんへ
はじめまして!
コメントありがとうございます。
このお店、実は私もこの日が初めてでした。
よく通りかかってはいたのですが、中に入る機会がないまま今に至ってしまいました。
この日はお昼に行ったのですが、常連客でにぎわっていました。
清真なので豚肉料理はありませんが、十分楽しめますよ。
2008/12/02(火) 23:52 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。