【ayazi的家】日式栗子飯

【ayazi的家】日式栗子飯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

栗ご飯
日式栗子飯(ri4shi4 li4zifan4)
P1120169.jpg
【データ】とき:10月27日/ところ:ayazi的家/ねだん:-

密雲に出かけた友人から、山栗をどっさりいただいた。
P1120146.jpg

そのままゆでてもよかったのだけれど、
せっかくだからと栗ご飯を炊いてみた。

山栗なので小振り。

P1120150.jpg

皮をむくのが一苦労で、小一時間もかかってしまったけれど、
まあ、ぽくぽくっと甘い栗ご飯のためなら、
その手間すら楽しみだったりもする。

ちょっと水分が多すぎてやわらかめに炊けてしまったけど、
栗自体のおいしさを損なうものではない。
いただきものの茗荷味噌も合わせて、
なんだかとても豊かな食卓になった。

P1120166.jpg

(あ、おみそ汁がインスタントなのは見逃していただくとして・・・)

山栗と言えば、
子供の頃住んでいた家の周りには雑木林があって、
秋になるとよく山栗を拾いに行ったものだった。

一度、父と弟、私の三人で栗拾いに行ったことがあって、
私がゆっさゆっさと栗の木をゆすったら、
弟のちょうどうなじのところにイガグリがぼとっと命中。
泣きこそはしなかったけど、
かなり涙目になっていたっけ。

父は夜8時過ぎには寝て朝4時くらいに起きる人で、
早朝にゴルフの練習をしたり、
林に入って盆栽に出来そうなつつじを掘り起こしてきたり、
ハツタケを取りに行ったりしていた。

栗の季節はもちろん栗拾いにも行っていた。
朝起きると、どっさり栗が拾ってあって、
それを母がゆでてくれたものだ。

ウチの母はマロングラッセだの渋皮煮だの凝った料理はしない人で、
栗と言えばゆで栗か栗ご飯くらいのものだったけど、
それでもなんてったって拾いたての山栗だもの。
正直、あんまり手を加えないほうがおいしいのだ。

どっさりの密雲の山栗を見ながら、
栃木の山栗を思い出してしまったことだった。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
おいしそー、うらやましーって見てます。
栗ご飯ってなんだか素朴でホッとしました。だっていつも豪華な食卓なんですもん。
2008/11/13(木) 00:49 | URL | エリ #-[ 編集]
エリさんへ
栗ご飯、私のお腹もちょっとほっとしたりして・・・
でも、労働対効果、そして希少性で考えるとある意味これが一番「豪華」かもしれません。
2008/11/13(木) 18:07 | URL | ayazi #-[ 編集]
いつも楽しい情報ありがとうございます。
2009/11/05(木) 17:11 | URL | たけし(ミニ盆栽) #-[ 編集]
たけし(ミニ盆栽)さんへ
コメントありがとうございます。
引き続き見に来てくださいね。
2009/11/06(金) 15:56 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。