【A先生家】葡萄酒聚会

【A先生家】葡萄酒聚会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ワイン会
葡萄酒聚会(pu2taojiu3 ju4hui4)
P1120034.jpg
【データ】とき:10月18日/ところ:A先生家/ねだん:ワイン1本+会費

愛しのナポリ・ピッツァと邂逅を果たしたその日の夜は
Aさん宅のワイン会。

Aさんは某日系企業の北京駐在員で、大のワイン通。
Aさんが北京のご自宅で定期的に催すワイン会には、
ワイン好き、もしくはワインに興味のある人が多数集まる。

ベタベタローカル中華料理ばかりを食べ倒している私だが、
飲んべえだけあってワインにも一応興味はある。
とは言え単にくぴくぴと飲むだけの私には、
ワインの世界はなんのとっかかりもなくて
ワイン通になるなんて雲をつかむような話だ。
そこにいい具合に耳にしたワイン会に参加するようになって、
もう半年くらいになるだろうか。

Aさんのワイン会は、参加者が各自ワインを1本ずつ持ち寄る。
今回は「旧世界のワイン」がテーマということで、
持ち寄ったフランス、イタリアあたりのワインを飲みながら、
ヨーロッパの主なワイン産地についてお勉強した。

お勉強した内容はここでは割愛するけれど、
(いや、すっかり酔っぱらって覚えられなかっただけですけど)
いやはや、ワインの世界は奥が深い。
産地の気候、土壌とブドウ品種の関係、
品質規格や生産者の姿勢、保存状態などなど、
いろんな要素が複雑にからんでいて、
これを攻略するのはなかなか大変そうだ。

まあね、私はただいつもの通り
「ふーむ、なるほどー。」
と頷きながらかぱかぱと飲んでいただけなんだけど。

ところで、Aさんはソムリエの資格を持つワインの専門家であると同時に、
料理の腕前もプロ級だ。
Aさんが腕をふるうお料理の数々も、ワイン会に出席する楽しみの一つ。
今回もまた素晴らしい料理に舌鼓を打った。

オードブルプレート
P1120036.jpg
(左上から時計回りに)
フォアグラパテのカシスソース添え/サラミとパルミジャーノをタラリにのせて
四万十川の川海苔のご飯カナッペ風/いくらのご飯カナッペ風
鰯の甘露煮/黒豆、

カシスソースが絶品。
パルミジャーノの上にあしらわれた岩塩にしびれる。
川海苔、懐かしくて美味。

マンゴーとナッツのサラダ(ブルーチーズのドレッシング)
P1120039.jpg

建国記念日の連休で訪れたハワイのレストランで
おいしかったというサラダを再現したものだそうだ。

▼ハワイ版のサラダはこちらから:
北京情報・ワイン・食べ歩き

マンゴーの甘みと酸味、チーズの風味がマッチして、
爽やかな中にも深いコクのあるサラダだ。
こうしてレストランで食べたものを自分で再現できるなんて、すごい。
私なんてただ食い倒れてるだけなのに。

キノコと豚肉のラグーパスタ
P1120046.jpg

キッチンで調理中のAさんに張り付いて、
お手伝いをするかに見せて単なる見学。

P1120040.jpg

「山東省に出張に行った時に買ってきたキノコなんです。
 ポルチーニ茸に負けませんよ。」

おお!
そういう掘り出し物をかぎ分けるのも、やはり肥えた舌と見る目があってのこと。
さすがだ。

このパスタにはさらにトリュフが添えられた。
P1120050.jpg

ちゅるる・・・
キノコのうま味がたっぷりしみ出したクリームソースがパスタにからむ。
うんま。

ワイン会では、なるべくAさんの側にいるようにしている。
いろいろお話を伺えるのと、
「これにはこのワインが合うんですよ~」
と蔵出ししてくださるAさん所蔵ワインをいち早く飲ませてもらえるから。

この日もまさに、
「このパスタにはこれが合いますよ。」
とよく冷えたリースリングを惜しげもなく開けてくださった。

待ってました!
さっそくいの一番にグラスについでもらってくぴり。
甘くとろりとした冷たい露が口いっぱいに広がって、
ゆっくり食道をつたって胃の腑へと落ちていく。
至福。

キノコのクリームパスタを手に入れて、
いったんリビングに引きあげ参加者のみなさんと談笑。
そしてワインをかぱりかぱり。

そうこうしているうちに、Aさんがまたキッチンに消えた。
すかさず見学に。

P1120051.jpg

あー、またおいしいそうなものが出来上がっている!

牛肉の赤ワイン煮(ペンネ添え)
P1120056.jpg

じっくり煮込まれた牛肉とペンネ。
フランスパンなんて一緒に出されたら、
ソースの最後の一滴までパンですくって食べないと気が済まなくなってしまう。

沢山のワインと、おいしいお料理と、ワインの知識と、
そして多くの方々との出会い。
どれもたっぷり味わって、堪能したワイン会の夜だった。

▼Aさんのワイン情報いっぱいのブログはこちらからどうぞ!
北京情報・ワイン・食べ歩き


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。