【小発鍋巴菜舗】鍋巴菜

【小発鍋巴菜舗】鍋巴菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

緑豆おこげの醤油あんかけ
鍋巴菜(guo1ba1cai4)
P1120006.jpg
【データ】とき:10月15日/ところ:天津・沸騰魚郷/ねだん:1.7元くらい

天津で蟹をたらふく食べた翌日、
「天津の朝ご飯と言えば、やっぱりコレでしょ!」
と食べに行ったのが鍋巴菜。

▼鍋巴菜って何?という方はこちらをどうぞ。
【天津・中山食街】鍋巴菜

天津のお知り合いのMさんが、
鍋巴菜ならここ!という店に連れて行ってくれた。

そのお店、小発鍋巴菜舗は、
天津美術学院にほど近い路地の一角にあって、
誰かに連れてきてもらわないと絶対に来られない。

なんかもう本当に飾り気のない、というか質素というか小汚いというか、
むちゃくちゃ庶民的な店構えだ。

P1120004.jpg

注文はMさんにすっかりお任せ。
私はすばやく空いたテーブルを見つけて席をとり、
ぼんやりと鍋巴菜の来るのを待った。

ここの鍋巴菜は、さすがに専門店だけあっていい味だ。
とろんとした醤油あんはしょっぱすぎず、薄すぎず。
豊かな腐乳の味わいが華を添える。
緑豆おこげのペナントも、香ばしいような、しんなりしたような、
なんとも言えないほげほげとした質感がクセになる。

「やっぱりここのは違う。」
Mさんが頷く。

こういう庶民の朝ご飯アイテムって、
正直なところ、特別特別おいしい!という訳ではないんだけど、
なんかこう、忘れがたい磁力があるんだよな。
「天津に来たからには、やっぱりこれを味わって帰らないと!」
と思わせてしまう何かが。

ガツーンと直接パンチを効かせるとか、
ぐいっと首根っこを捕まえて引きずられるとかじゃなく、
じわりじわりと釣り糸をたぐり寄せられて
気がついたら釣り上げられてしまうみたいな感じだろうか。

さて、鍋巴菜はお粥とか豆腐脳とかと同じ位置づけなので、
揚げパン([食果]子)と合わせて食べるのがオススメだ。
ところが、この日は朝寝坊してしまって[食果]子が売り切れ。
焼餅(shao1bing3)に切り換えた。

焼餅と言えば、
北京でしゃぶしゃぶのお伴ゆでモツのお伴として
よく食べるゴマのついた幾重にも折りたたまれた焼きパンだけど、
それとはちょっと違った烙餅(lao4bing3)みたいなもの。

P1120007.jpg

ところ変わると、同じ名前でも違う食べ物になって面白い。
北京と天津、ほんの100㎞くらいしか離れていないのに。

「茶鶏蛋(cha2ji1dan4)はいるか?」
と聞かれたので、
「いるいる!」
と即答。

茶鶏蛋(cha2ji1dan4)は茶卵のこと。
これを焼餅(syao1bing3)
茶卵はむぎゅっとつぶして、茶卵バーガーにして食べる。

P1120008.jpg

ふーん。
こんな風にして食べるんだあ・・・
卵でもさもさしたお口の中は、鍋巴菜を一口すくって汁気を補充。
いつもながら、地元の人とご飯を食べに来るといろいろ発見があって面白い。


■お店情報
小発鍋巴菜舗
天津河北区金海路九九食府の後ろ
P1120003.jpg


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。