【銀灘酒楼】劉阿姨的加油站

【銀灘酒楼】劉阿姨的加油站
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

劉おばさんの元気スタンド
劉阿姨的加油站(Liu2 a1yi2 de jia1you2zhan4)
P1110958.jpg

【データ】とき:10月12日/ところ:望京・銀灘酒楼/ねだん:224元

ある週末。
行きつけのバーの開店記念日で深酒し、
帰宅してからソファで薄着のまま寝て風邪をひいた。
悪寒と頭痛をおして土曜日の予定をなんとかこなし、
帰宅後は薬を飲んでこんこんと寝続け、
おそらく出ていたであろう熱は翌日無事下がった。

病み上がりの日曜日。
何か身体にやさしいものが食べたいなあ・・・と思った時に、
最初に頭に浮かんだのが、銀灘酒楼のお鍋。
鮑をベースに種々の生薬を入れて煮込んだスープを使った、
劉アーイーの滋養鍋だ。

▼銀灘酒楼の滋養鍋についてはこちらをどうぞ:
【銀灘酒楼(劉記馥園)】鮑汁滋補火鍋(一)

このお店、ごくごく普通の団地の中で営業していて、
初めての人は絶対にたどり着けないであろう、
隠れ家中の隠れ家レストラン。

だったのだが、最近、団地の一室から引っ越しして新装開店し、
少しだけ行き方がわかりやすくなった。
でもやっぱり望京の奥(北)のほうで、行きにくいことに変わりはないんだけどね。

移転したことは知っていたのだけれど、
新店舗を訪れるのはこの日が初めてだ。
お店自体はすっかりきれいになって見違えたけれど、
つるつるお肌の小柄な劉アーイーが以前と変わらず迎えてくれた。

P1110943.jpg P1110972.jpg

まずは特製のお粥で開胃(kai1wei4)。

P1110945.jpg

鮑と生薬のエキスが溶け出したスープで心も体もあったまる。
セロリのみじん切りがとても爽やか。

お鍋セットやお粥と一緒に、
[石葉](die2)と呼ばれる小皿料理の突き出し(8元)と、
「醤(jiang4)=タレ」(10元)も出てくる。
10元はたぶん二人分のお値段。

お粥でほっこりした後は、いよいよお鍋本体だ。

鍋底(guo1di3):48元
P1110948.jpg

アーイー特製の鮑スープ。
すこーししょっぱい嫌いはあるけれど、滋養たっぷり。

このお店ではお鍋の世話を店員さんが全部やってくれるので
お客はただ待っているだけでいい。
鍋奉行さんには物足りないかもしれないけどね。

竹蓀(zhu2sun1):30元
P1110952.jpg

キヌガサダケだ。

P1110954.jpg

キノコ類は右側の辛い味噌をつけて食べると美味。

霊芝菌(ling2zhi1jun1):22元
P1110961.jpg

レイシ。

明蝦(ming2xia1):44元(半斤)
P1110958.jpg

車エビ。
ちょっとぜいたくしてしまった。
風邪っぴきだし、たまにはいいよね。

自分で殻をむいてもいいけど、
お願いするとこんな風にきれいにむいてくれる。

P1110964.jpg

楽ちんなり。

墨魚馬蹄丸子(mo4yu2ma3ti2wan2zi):32元
P1110963.jpg P1110962.jpg

黒クワイ入りのイカ団子。
冷凍じゃなくて自家製だ。

P1110965.jpg

この日はちょっとつなぎが足りなかったかな。
でもイカのうま味と黒クワイのシャキシャキはいつも通り。

茼蒿(tong1hao1):12元
P1110966.jpg

春菊。

韮菜水餃(jiu3cai4 shui3jiao3):18元
P1110967.jpg

ニラと豚肉入り餃子。
これも冷凍じゃなくてちゃんと包みたて。
「もう入らないよ!」
と言ったその舌の根も乾かないうちに、つるりつるりと胃袋に吸い込まれていった。

「お味はどうですか?」
と聞いてきたアーイーに、
「おいしいですよ。」
と答えると、また満面の笑顔。
「味が変わらなくて安心しました。
 新しいお店も流行っているようですね。」
と水を向けると、
「この辺りの人はみんなお金は持ってるの。
 足りないのは“健康”ね。
 みんな“亜健康”な状態だから、
 ここに“加油”しにくるんですって。」

「亜健康(ya4 jian4kang1)」は、
病気ではないけれど健康とも言えないちょっと体調が優れない状態のこと。
「加油(jia1you2)」は、「給油する」とか「頑張る、精を出す」という意味だけど、
この場合は「精をつける」ってところだろうか。

なるほど。
ここはみんなの「元気スタンド」なんだ。
道理で、病み上がりの私がいっとう最初に思い出したお店がここだった訳だ。

▼過去の「銀灘酒楼」関連記事:
【銀灘酒楼(劉記馥園)】鮑汁滋補火鍋(一)
【銀灘酒楼(劉記馥園)】鮑汁滋補火鍋(二)
【銀灘酒楼(劉記馥園)】四川香腸
【銀灘酒楼】墨魚馬蹄丸子(鮑汁滋補火鍋)


■お店情報
銀灘酒楼
朝陽区利澤西園209号楼望馨商業中心312
010-6478-5625/13601251951
*新店舗に引っ越しました。
 (望馨商業中心の外壁には「銀灘金湯」という看板が出ています。)
P1110942.jpg
<行き方>
P1140471.jpg
 ・京順路側から行く場合:
   京順路から広順北大街に入り、六佰本のある交差点で左折。
   一つめの交差点の右手に望馨商業中心があります(東湖湾の向かい)。
 ・京承高速側から行く場合:
   四環路の望和橋から京承高速に乗り(高速代はいりません)、
   望京科技園出口で下りて直進。
   左手に望馨商業中心が見えてきます(東湖湾の向かい)。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ、ayaziさん!
いよいよ寒くなって、食べ物が美味しい季節になりましたね。
昨冬食べたこの鍋、おいしかったなぁ。きのこもイカ団子も美味しかったけど、やっぱりこのスープが最高ですね。揚げ凍り豆腐もおいしそう。早く北京に行きたくなりました。
ところで質問したいことがあります!もしお時間があれば、教えて下さい。
来年、春節1週間前に北京に行こうかと思っているのですが、春節前ということで、交通渋滞がよりひどいとか、お店がお休みとか、ありますか?逆に春節前ということで活気があればおもしろいんですけど。

2008/11/01(土) 23:50 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
羊肉、甘栗・・・冬になるとおいしいもの、北京にはたくさんありますね!
ここのスープ、ちょっと生薬っぽくて身体によさそうですよね。
揚げた凍り豆腐もとても美味でした。
今度いらっしゃったらぜひ食べてみてくださいね!
春節一週間前は日本でいうお正月前でむしろ書き入れ時なので、お店が休みになっていることはないと思いますよ。
新年を前に浮き立つ街を見ていただけると思います。
渋滞は・・・どうかなあ。
ぼちぼち里帰りが始まっているかもしれないので、バスとか地下鉄は空いているかもしれませんね。
でも雰囲気的には、街中に赤いぼんぼりが下がって、より中国らしさが増す面白い時期ですよ。
2008/11/02(日) 22:02 | URL | ayazi #-[ 編集]
ayaziさんへ
お返事ありがとうございました!
これで決まりですね。
すでに想いは、北京の赤いぼんぼりへ・・・。
その頃、ayaziさんにお時間があるようでしたら、ぜひご一緒して、北京料理指南をお願いします!
2008/11/03(月) 00:19 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
防寒と乾燥対策万全でいらしてください。
出張は滅多に入らないので、たぶん北京にいると思います。
ご連絡ください!
2008/11/04(火) 18:06 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。