【楼外楼】西湖醋魚

【楼外楼】西湖醋魚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

淡水魚の甘酢あんかけ
西湖醋魚(xi1hu2 cu4yu2)
P1110885.jpg
【データ】とき:9月27日/ところ:杭州西湖湖畔・楼外楼/ねだん:78元

嵐のような三日間が過ぎ、仕事のほうはほっと一息。
昼間は比較的時間に余裕ができるようになった。

この日は久しぶりのいいお天気。
前日までの蒸し暑さがすっかりなくなって、
爽やかな初秋の青空が広がった。

「ayaziは今日どうするの?」
朝食を摂りながら、中国人スタッフのEmmaちゃんが聞いてくる。
「うーん、いいお天気だから、西湖のほうに散歩にでも行こうかな。」
「じゃあ、私も一緒に行っていい?」
「もちろん!」
と話はすぐにまとまって、二人で西湖遊覧へと出かけることにした。

946707306_203.jpg
(ここは三譚印月。向こう岸に見えるのは雷峰塔。)

宿泊先から西湖までおしゃべりしながらぶらりぶらりと30分。
西湖新天地の近くから遊覧船に乗って「湖心亭」と「三譚印月」を巡り、
そこからまた遊覧船に乗って白堤のたもとの楼外楼のそばで上岸した。

楼外楼と言えば杭州の超有名店。
「せっかくだから、食べて行こうよ。」
と楼外楼でおのぼりさんランチをすることになった。

P1110895.jpg

杭州料理にはいくつかスター級の有名料理がある。
一つは天香楼で食べた龍井蝦仁(long2jing3 xia1ren2)。
川エビの龍井茶炒めだ。
紹興酒でじっくり煮込んだ豚の角煮、東坡肉(dong1po1rou4)。
今回は食べなかったけど、叫花童鶏(jiao4hua1 tong2ji1)も外せない。
(と言いつつ外しているけど。次回の課題。)

そしてこの西湖醋魚(xi1hu2 cu4yu2)も有名だ。
西湖で捕れる草魚をゆでて、
思いっきり甘ーくて思いっきり酸っぱーいあんをかけた料理。

この料理には伝承秘話がある。
ものすごーくかいつまんで説明すると、
昔西湖のほとりに暮らしていた宋兄弟と兄嫁の敵討ちの物語。
旦那を悪代官に殺されてしまった兄嫁が、
報復を恐れて宋弟を逃がす際に甘くて酸っぱい魚料理を作り、
「この後甘い生活を送れるようになっても、辛酸を忘れちゃだめよ。」
と戒めたんだそうだ。

このあたりのことは酒徒さんの旧ブログ『吃尽天下@上海』に詳しいので、
ぜひそちらをどうぞ。

▼酒徒さんの旧ブログ『吃尽天下@上海』:
西湖の魚は甘くて酸っぱい。

*中国国内からはうまく表示できないかもしれません。
  その場合は、こちらのサイトの「http://www.」のところに、
  上記のURLを入力して「Submit」ボタンをクリックしてください。

中華料理で川魚の甘酢あんかけというと、
たいていは粗めに包丁を入れた姿揚げにあんがかかっているが、
これはゆでただけ。
楼外楼のものは下処理にかなり手間をかけているようだが、
それでもやっぱり泥臭い。

その証拠に、草魚を使った普通の西湖醋魚(1斤48元)を頼もうとしたら、
「草魚は臭いから別の魚にしたほうがいいですよ。」
と店員さんに言われてしまった。

とは言え、メニューのトップに載っている一番高いものは178元(くらいした、確か)で
ちと手が出ない。
それでは、と西湖醋魚王(xi1hu2 cu4yu2wang2)を注文することにした。
これだと草魚ではなくて桂魚。
若干泥臭さも和らぐ。

でも、下処理がいいことが老舗の誇りなんだろうに、
お店の人みずから「草魚は臭いから別の魚を」なんて、
なんだかプライドもへったくれもない話だ。

ん?
要は同じメニューでも単価の高い魚を押しつけられただけ?
だって、実は前日の夜に別の店で食べた西湖醋魚がまさに草魚で、
これがまたとてつもなく泥臭かったものだから。
「草魚は泥臭い」と言われてついつい避けてしまったのだ。

で、これが「王」がついて少しお高くなった西湖醋魚王のお姿。
P1110886.jpg

ひれのところの白身が見えるので、
甘酢ダレで煮込んでいるのではなくて、
最後にあんをかけただけなのがよく分かる。

お味のほうは、酒徒さんの感想の通り、
「妙に甘くて、妙に酸っぱい」。
が、実は私は嫌いではなかった。

桂魚だったせいか、泥臭さもほとんど気にならなかったし、
(それでも日本人にはやや臭いかもしれない・・・)
その「妙甘妙酸」がちょっとクセになってしまった。
魚が草魚ではなかったので、
伝統的な西湖醋魚の評価として妥当とは言えないかもしれない。

甘さも酸っぱさもそれほど奇異に感じない私には、
生活の甘さにも世の中も辛酸にも鈍感だってことかしらん。
兄嫁の戒めも無駄に終わりそうだ。


■お店情報
楼外楼
P1110895.jpg
杭州孤山路30号
0571-8796-9023/8796-9682
http://www.louwailou.com.cn/


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。