【天津・6号院】天津河蟹

【天津・6号院】天津河蟹
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

天津川蟹
天津河蟹(tian1jin1 he2xie4)
P1110984.jpg
【データ】とき:10月14日/ところ:天津6号院内/ねだん:?元(おごっていただいたので)

10月初旬は天津河蟹の季節。
いつもなら国慶節、建国記念日の連休を使って天津に行くところなのだけれど、
今年は長期出張で連休返上。
機会を逸してしまった。
ぼやぼやしていると天津河蟹の旬が終わってしまう!
と、あわてて代休をとって天津に行ってきた。

北京から天津までは、最近開通した新幹線「和諧号」でなんと20分!
P1110976.jpg

ただし、出発駅の北京南駅までが遠いので、
新幹線に乗っている時間より南駅へのアクセスのほうが
よっぽど時間がかかるのが難点。

行き先は海河沿いの6号院創意産業園。
知り合いの画家さんのアトリエにおじゃまし、
作品を見せてもらったり、
生プーアール茶を飲みながらおしゃべりしたりした後、
向かいにあるレストランで天津河蟹とご対面となった。

昨年は知人のお宅におじゃまして自分たちでゆでたのだが、
今年はこのレストランに市場で買ってきた河蟹を持ち込んで、
ゆでてもらうことになった。
よく通っているお店だから、こんなわがままも聞いてもらえるらしい。

▼去年の天津河蟹行:
【天津・朋友家】天津河蟹

頼んだ前菜や炒めものをつつきながら待っていると・・・
P1110977.jpg P1110979.jpg
P1110980.jpg P1110978.jpg
P1110992.jpg P1110993.jpg

来た来た。
まずはてんこ盛りの蝦!
P1110982.jpg

そしてまたひっくり返るほどのてんこ盛りの蟹!
P1110986.jpg

これ、これ!

P1110988.jpg
これが天津で蟹を食べる時の醍醐味だ。

P1110989.jpg
「はい、どうぞ。」
とさっそくオス、メス一杯ずつが取り皿に置かれる。
P1110991.jpg
(左がオスで、右がメス)

これがオスで、
P1110997.jpg

こっちがメス。
P1110994.jpg

メスには卵がたっぷり!
P1110996.jpg

感激しながら格闘しているうちに、
「ayazi、これがよくしまっていておいしいよ!」
とまたメスが一杯。
P1110998.jpg
そうこうしているうちにまた
「ほらこれもどうぞ!」
とオスを勧められ・・・
そんなこんなで、結局5杯も食べてしまった。

仕上げは疙瘩湯(ge1datang1)。
P1120001.jpg

中華風のすいとんだ。
他の地域の人はどうか知らないけど、
天津で海鮮(あ、河蟹は海鮮じゃないか・・・)を食べる時は、
必ず仕上げにお粥や雑炊、おじやの類を食べる。

海鮮は中医学的に身体を冷やす食べ物だから、
最後にあったかい汁物を摂って身体をあっためるということだろうか。
そう言えば、お酒も最初の乾杯こそビールだけど、
あとは白酒やワインだしな。

白酒と言えば、この日はまあよく飲んだ。
7人でビールが4本、白酒が4本、赤ワイン1本。
みなさんあまりに飲み過ぎたせいか、
最後には訳の分からないうちに大げんかが始まってしまった。

「最初は愉快に飲んでるけど、最後はけんかで終わるってのは、
 いかにも中国人の宴会らしい。
 ayaziは典型的な中国人の宴席を体験したね。」
とは、最後まで一応正気を保っていた(?)友人の弁。

翌日当事者に聞いてみても、
「自分でも何を言ったか覚えてないし、
 相手がなんであんなに怒ったのかも分からない・・・」
だそうだ。

「酒後吐真言(jiu3hou4 tu3 zhen1yan2)」とはよく言ったもので、
お酒が入ってからじゃないと言えない本音もあるのかもね。
親しい仲間うちでも、しらふでは言えないことや
わだかまりがあったのだろう。
これでふっきれて、また翌日からは元の間柄に戻っていますように。

ところで、天津河蟹は今が旬と言いつつ、
実は一番おいしい時期をほんの少し逃していた。
「先週来てくれたら一番うまい頃だったんだけどね。」
市場で蟹を選んでくれた知人もつぶやく。
でも、それでも天津河蟹、十分おいしかった。
蟹味噌や卵はもちろん、身自体も甘みがあってふっくら。
上海蟹とくらべても遜色ないと思う。

1杯100元だの200元だの300元だのとかいう
バカみたいな値段を払ってありがたがって上海蟹を食べるより、
天津で山ほど天津河蟹食べた方がよっぽど幸せだ。

私はグルメ(美食家)じゃなくてただのグルマン(食いしん坊)。
上海蟹が本当に値段に見合うだけのおいしさのものか
正直なところよく分からないしね。

この時期、蟹をがっつり食べたい方。
行き先は上海ではありません。
天津です!

*****

てなことで、「シャコが旬だ!」「蟹の季節だ!」と結構出かけている天津。
これまでの天津詣での記録はこの通り。

【天津大港・小古林】皮皮蝦
【天津大港・小古林】梭子蟹
【天津漢沽・致美餐廳】三舅海鮮~出漁の巻
【天津漢沽・致美餐廳】三舅海鮮~開宴の巻
【天津漢沽・致美餐廳】三舅海鮮~続“宴”の巻
【天津漢沽・致美餐廳】三舅海鮮~朝餉の巻
【天津漢沽・致美餐廳】三舅海鮮~出前の巻
【天津・朋友家】天津河蟹
【天津・朋友家】皮皮蝦下来了

シャコは5月の連休、天津河蟹は10月の連休が旬。
覚えやすいし行きやすい!
次のシーズンにはぜひどうぞ!


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
すばらしい中国食生活!
晩ご飯の前にこのような美味しそうな記事を見ると、食べたくてたまらない!
でも、ありがとう!写真を見るだけでも、大満足。
2008/10/19(日) 18:58 | URL | 中国-L #-[ 編集]
蟹好きには堪えられない写真です。大皿山盛りのえび、かにはいくら位の値段でしょうか。天津蟹は上海蟹と同じ形なので、もずく蟹の一種でしょう。日本のもずく蟹は安くて一匹100円前後、上海蟹は400円くらいです。中国の物価を考えるとあまりに高すぎると思います。
2008/10/19(日) 20:38 | URL | hero #-[ 編集]
中国-Lさんへ
写真だけでも満足いただけているとのことですが、ぜひ食べに北京までいらしてくださいね。
あ、このエントリーは天津でしたが。
2008/10/19(日) 23:58 | URL | ayazi #-[ 編集]
heroさんへ
知人にご馳走してもらったので、改めて値段を聞くのは憚られて実際の値段は知らないのですが、上海蟹よりは格段に安いのは確かだと思います。
というより、上海蟹が高すぎるんですよね。
本当においしい時期の陽澄湖ものは本当に美味だそうですが、それにしても・・・
天津河蟹で十分満足です。

2008/10/19(日) 23:58 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。