【8610食庫】老厨白菜

【8610食庫】老厨白菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ベテランコックさんの白菜炒め
老厨白菜(lao3chu2 bai2cai4)
P1110790.jpg
【データ】とき:9月19日/ところ:海淀区・8610食庫/ねだん:22元

この日最高においしかった料理。
白菜と太めの春雨、そしてちょぴっとの豚肉を
唐辛子を利かせた醤油味で炒めただけ。
それだけ。

なのに、二人して先を争うようにあっと言う間に完食。
白菜の切れっ端ひとつも残らなかった。

オイスターオイルが入っているかと思うほどコクのある炒め汁が、
しんなりとした白菜にからむ。
半日ほど天日で干してあるのだろうか、
白菜独特の甘みがよく出て実にいい。
控えめに入れられた春雨も、主役を食わず立場をわきませていてまたいい。
香りづけにあしらわれた香菜の茎も、いい風味だ。

たまらずご飯を頼んだ。
白菜をつまむ箸がさらに進む。

こういうどこにでもあるような普通の料理で、
思いもかけない大当たりに出会うことがある。
それが、「普通がおいしい本場の中華」を食べる醍醐味だ。


■お店情報
8610食庫
北京市海淀区北清路永豊基地商服中心
010-5871-1681


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
てっきり・・・
老厨というのは、古いキッチンだとばかり思っていました。
なるほど!ベテランコックさんということなのですね★
老厨~というのがあれば頼んでみます★
2008/10/17(金) 18:07 | URL | ○キコ #-[ 編集]
○キコさんへ
あれ、古いキッチンってことなのかな。
すっかりベテランコックさんだとばかり思ってましたが。
「老厨白菜」は、けっこうメジャーな料理のようです。
「老厨なんとか」というよりは、「老厨白菜」の組み合わせで知られているみたいですね。
2008/10/17(金) 18:37 | URL | ayazi #-[ 編集]
いや、どうみてもベテランです。
天外天にも老厨白菜ってあって、
「(お店が)新しくできたばっかりなのに」と思ったことがあるからです。
日曜日、イベントがあってお茶の方は無理なのですが、夜は行ける予定です。
お会いできるのでしょうか?
2008/10/17(金) 20:49 | URL | ○キコ #-[ 編集]
○キコさんへ
中国人のお友だちに聞いてみたら、やっぱりコックさんだそうです。
素朴でおいしい料理ですよね。
日曜、もちろんお会いできますよ!
2008/10/18(土) 12:34 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。