【林家小館】滑子焼肉

【林家小館】滑子焼肉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

なめこと豚バラ肉の煮込み
滑子焼肉(hua2zigu1 shao1rou4)
P1110619.jpg
【データ】とき:9月4日/ところ:西大望路・林家小館/ねだん:22元

がっつりお肉系の料理が食べたくて、
「林式紅焼肉にする?それとも別のにする?」
と迷っていたら、
「新しいメニューなんですけど、評判がいいんですよ。」
と店員さんが勧めてくれたメニュー。

▼林式紅焼肉についてはこちらから:
【林家小館】林式紅焼肉

「そんなに脂っこくなくて、人気なんです。」
その一言にひかれて頼んでみたら、これが当たり。

脂身たっぷりのバラ肉なのに、見た目ほど油っぽくなくさっぱり。
煮汁もあっさりした醤油味で、東坡肉みたいなくどい甘さもない。
脂っこくなく感じるのは、薄くスライスしてあるのもポイントかも。

バラ肉の下に隠れているのは滑子(hua2zigu1)。
なめこだ。
日本だとおみそ汁に入れるくらいしか出番がないけど、
こちらではこんな風に煮物の副材料としても登場するんだね。

東北料理には、なめこを醤油味で炒めた料理もある。
これは結構美味。

豚肉のうまみがよく染みこみ、
それがキノコ自体の風味と合わさって実にいい。
ちょっと干してあるのか、ひなたくさい感じなのもまたいい。
なめこだからして、もちろんつるりとしたぬめりもある。

ところで、こういう脂身たっぷりのバラ肉を使った料理が出ると、
日本人、特に女性は脂身を残してしまうことが多いけど、
それはとても残念なこと。
脂身こそが、こういう料理の肝。
これを味わってこそ、料理本来のうまさが花開くのに。

常々思っていることだが、
日本人は脂身に対してちょっと過剰に反応しすぎなのではないだろうか。
油ギトギトの食生活を推奨する訳ではもちろんないけど、
あまり神経質になるのもなあ。
というのは、自分に対する言い訳・・・かな。


■お店情報
林家小館
朝陽区西大望路20号
010-8777-5855
*西大望路(SOHO現代城東側の南北の道)を南へ進み、
  線路をくぐってしばらく行ったところ。道の右(西)側にあります。
  面酷(Noodle Loft)の入り口左側にある通路のような入り口から入ります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。