【半島粤菜】粤菜

【半島粤菜】粤菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

広東料理
粤菜(yue4cai4)
P1110589.jpg P1110591.jpg
P1110604.jpg P1110601.jpg
【データ】とき:9月2日/ところ:建国門外・半島粤菜/ねだん:おごっていただきました!

大学の先輩Sさんから、大学同窓生の歓送迎会に声をかけていただいた。
場所は長富宮裏の半島粤菜。
なんと、珍しく広東料理だ。

今回のこの歓送迎会、
実は「同窓会の事務局スタッフを指名する」という裏の目的があった。
で、私も事務局スタッフ候補として呼ばれたのかって?
いえいえ、私の役目は「点菜(dian3cai4)」。
お料理の注文担当として呼ばれたのだった。

「ayaziさんがいるとオーダーを考えなくていいから楽。」
とおっしゃるSさん。
はい、Sさんが腰花好きだってことも、
ニラ玉好きだってことも、
よーく分かっておりますよ。

お呼びいただいたからには頑張らないと!
御用点菜人として、
あまり明るくない広東料理も頑張って注文してみた。

まずは好物の腰花ものを押さえる。

「腰花(yao1hua1)=腎臓」と香味野菜の和えもの
P1110588.jpg

ん?これって広東料理?
まあそのへんはいいとして・・・

冬瓜とダックのスープ
P1110589.jpg

スープはSさんにオーダーをお任せした。
Sさんは香港滞在も長いのだ。

P1110592.jpg

北京ダックのおまけの鴨湯(ya1tang1)は好きじゃないけど、
骨付きダック肉でとったスープは好物。
冬瓜との組み合わせは大定番だ。

鶏足のロースト
P1110591.jpg

こんなの頼んでも誰も「キャー」とも「エー」とも言わないところが、
我が同窓生ならでは、かな。

鹵水拼盤(lu3shui3 pin1pan2)
P1110604.jpg

お煮染め盛り合わせ。
潮州料理の定番前菜だ。

タン、豚バラ肉、砂肝、腸、厚揚げ豆腐などがたっぷり盛られてくる。
どれも素材が新鮮だし、煮汁の味もしみしみ。
最高だったのは、ハチノス。
コリッコリで美味!

手作り豆腐ときのこの鉄板焼き
P1110593.jpg

店員さんから強力推薦されたメニュー。
なんちゃって鮑味だったかな。
ものすごく美味というわけではないけど、普通においしい。

牛肉のにんにく風味炒め
P1110596.jpg

濃い口の醤油味。
牛肉がやわらかく味もよくしみていた。
ピーマンと玉葱から自然な甘みが出ている。

P1110597.jpg

添えられた胡麻つきピーナッツもおつまみ感覚でコリコリ。

インゲン豆の蝦味噌風味炒め
P1110598.jpg

蝦醤(xia1jiang4)をたっぷり使って炒めたインゲン。
これはオススメ。
白いご飯が欲しくなる。

ローストグース
P1110601.jpg

広東料理と言えばコレ!
これで1/2羽分だ。

P1110600.jpg

油がのっているのであまりたくさんはいけないかと思ったけど、
添えられた梅ジャム風のソースのせいか、
それとも味がよかったのか、
結局ほとんど食べきってしまった。

アロエのスープ仕立て
P1110602.jpg

「美容にいいですよ!」
と勧められてつい頼んでしまった。

アロエ自体に特に味がある訳ではないのだけれど、
ちょっとぷるぷるした食感が面白い。
意外においしかったという印象があるのは、
「お肌にいい」という思いこみがあるせい?

デザートのオーダーは後輩の女性陣にお任せ。

パイナップル餡の包子
P1110605.jpg P1110606.jpg

チャーシュー入りのパイ
P1110607.jpg P1110608.jpg

これ、甘いんだかしょっぱいんだか分からないんだけど、
それがまた不思議にマッチして意外なおいしさ。

6人の同窓生で囲んだ食卓。
ちょっとお肉ものが多いオーダーになってしまったかな・・・
苦手というか、余りよく分からない広東料理のオーダーで四苦八苦してしまった。
しかも、「これって広東料理?」っていうのもだいぶ混じっているような。
Sさん、いかがでしたでしょう?


■お店情報
半島粤菜
朝陽区建国門外大街乙24号 華僑村燕華苑内
010-6515-8676/6515-8570
*長富宮とマクドナルドの間の道を南へ入り、最初の角を左折。
  水煮魚の沸騰魚郷の右隣りです。
*インテリアから想像するよりはお手頃価格です。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。