【美滋滋泰式私房菜】泰式私房菜

【美滋滋泰式私房菜】泰式私房菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

タイ風おもてなし料理
泰式私房菜(tai4shi4 si1fang2cai4)
P1110547.jpg P1110549.jpg
P1110559.jpg P1110552.jpg
【データ】とき:8月29日/ところ:望京・美滋滋泰式私房菜/ねだん:ひとり150元くらいだった?

おいしいタイ料理レストランへと足を運んで来た。
いや、運ぶも何も、望京の奥も奥、ほとんど北五環路の近くにある
「美滋滋泰式私房菜」というお店が行き先だ。
どれだけ遠いって、朝陽門からタクシーで31元かかったと言えば、
北京にお住まいの方は想像がつくだろうか。

このお店、フードコーディネーターHさんオススメのレストラン。
期待はふくらむ。
楽しみで楽しみで、食べる前から「美滋滋(mei3zi1zi1)=浮き浮き」。
そして食べた後は、おいしくって「美滋滋(mei3zi1zi1)=ほくほく」。

まずは「星哈(xing1ha1)=シンハ」ビールで乾杯。
P1110543.jpg

なんたって今回はアジアンフードが得意分野のフードコーディネーターHさんと、
タイに1年お住まいだったOさん、
そしてHさんのお友だちでやはりタイに3~4年お住まいだったDaliさんと同席。

タイ語のメニュー名などチンプンカンプンな私の目の前で、
「お任せするけど、強いて言えば#*^%$#と*$!$^*(&と*&%$&^%$をお願い。」
「あ、でも&^%$*+_があるよ。」
「X&^%#@(^は?メニューにないの?」
なんていう会話が繰り広げられた結果、
なんともぜいたくな本場っぽい食卓が出来上がりとなった。

風味木瓜絲(feng1wei4 mu4gua1si1):30元
P1110544.jpg
ソム タム

青いパパイヤを使ったタイ料理の代表的なサラダ。
ちょっと辛さが足らなかったかな。
日本人ばかりだったし、子供もいたから辛さを加減してくれたのかもしれない。

泰式酸肉腸(tai4shi1 suan1rou4chang2):36元
P1110547.jpg
酸味のあるソーセージ。
タイ語不明。

Oさんがタイにいらした時によく食べていたという。
「北京でこれが食べられるとは思わなかった~!」
感慨深げだ。

タイ料理に特徴的な小さな青唐辛子の辛味がしっかり。
酸味が利いていて爽やかだ。
これはビールに合うのう。

葉っぱにくるんで食べるらしい。
P1110550.jpg
にんにくも一緒にどうぞ。

美味炸蝦餅(mei3wei4 zha2 xia1bing3):48元
P1110548.jpg
蝦のタイ風薩摩揚げ。

蝦がぷりっぷり!
P1110554.jpg
惜しげもない蝦の使いっぷりに拍手!

冬陰酸辣蝦湯(dong1yin1 suan1la4tang1):58元
P1110549.jpg
トム ヤム クーン(蝦のスパイシースープ)。
ミルクたっぷりで飲みやすい。

香蘭葉包鶏(xiang1lan2ye4 bao1ji1):58元
P1110552.jpg
ガイホー バイトーイ(鶏のパンダンリーフ 包み揚げ)。

下味がしみしみでふっくらと焼き上がった鶏肉のパンダンリーフ包み揚げ。

P1110561.jpg

パンダンリーフは細長い葉っぱで、
ココナツミルクを使ったお菓子の香りつけにも良く使う。
これはHさんの受け売り。

泰式炒果条(tai4shi4 chao3 guo3tiao4):38元
P1110556.jpg
タイ風焼きビーフン。

これはもう一息。
ナンプラーをもらってかけて味を調整。

泰式鶏肉砕沙拉(tai4shi4 ji1rou4sui4 sha1la1):32元
P1110565.jpg
鶏肉の挽肉炒めサラダ風。
ミントの風味が利いた爽やかな鶏肉炒めをサラダ仕立てでさっぱりと。

香[火考]猪頸肉(xiang1kao3 zhu1jing3rou4):49元P1110567.jpg
コム ヤーン(豚首肉のグリル タイスタイル)。

豚の首のところのお肉を甘じょっぱいタレにつけて焼いたもの。
「これは丼にしたらうまそうだ。」
そうもらしたら、Hさんが賛成してくれた。
やっぱり食いしん坊の考えることは一緒だな・・・

緑[口加][口厘]鶏(lv4 ga1li3 ji1):55元
P1110551.jpg
ゲーン キョウワーン ガイ(鶏肉のグリーンカレー)

タイ料理でよく使う小さな小さな丸茄子がたっぷり。
「これは北京ではなかなか見かけないのよ。」
Hさんがつぶやく。
P1110562.jpg

ジャスミンライスはおひつ1つで20元。

[口加][口厘]炒肉蟹(ga1li3 chao3 rou4xie):198元
P1110557.jpg
プー パッポン カリー(蟹のレッドカレーソース炒め)。

ふわふわ卵入り蟹のカレー炒め。
普段では分量的にも値段的にも手が出ないけど、
この日は思い切って「えいやっ!」と頼んでみた。

P1110559.jpg

これがまた蟹自体がぷりぷりとしっかり身が太っていて、
しかも溶き入れた卵がふわふわで絶品だった。

P1110563.jpg

198元となかなかのお値段だったけど、やっぱり頼んでよかった!
時には思い切りも大切。

大人5人と子供2人でこのラインナップ。
しかしまあ、よく食べた。
実はこの日、2日間のプチ断食が明けた直後。
せっかく少し胃腸を休めたのに、また元の木阿弥。
ま、いいの。
おいしかったから。


■お店情報
美滋滋泰式私房菜 MY RECIPE THAI RESTAURANT
朝陽区望京広澤路6号果嶺里(CLASS)社区1階テナント
010-8473-0396/0398
美滋滋 地図
*市の中心部よりはだいぶ遠いけど、味は抜群です。
 タクシーを飛ばして行く価値あり!ですよ。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。