【慶豊包子舗】包子

【慶豊包子舗】包子
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

パオズ
包子(bao1zi)
P1110374.jpg
【データ】とき:8月14日/ところ:西直門・慶豊包子舗/ねだん:1両で2~3元

「包子(bao1zi)=中華まん、肉まん」と言えば天津の狗不理(gou3bu4li3)が有名。
でも、北京で包子と言えばここ、慶豊包子舗だ。

1948年創業というからなかなかの老舗。
もともとは普通の食堂だったが、1956年から包子専門店になった。

北京の人々にとって慶豊包子舗は包子の代名詞。
ある程度の年配の人にとっては、懐かしい思い出の味だ。
お肉も配給制でお腹いっぱい食べることが難しかった時代、
この店の包子は憧れの味だったのだそうだ。

「食べたくなると自転車をこいでわざわざ行ったものよ。」
同僚のYさんもよく口にする。
当時Yさんは人民大学の近くに住んでいたから、
西単までは自転車だとかなりの距離になる。
「思えば単純だったわよねえ。」
Yさんが自嘲と懐旧のないまぜになったような表情で笑った。

慶豊包子舗ずっと西単に店を構えていたが、西安門に移転。
その後は、フランチャイズ制で次々に支店をオープンしている。
私が行った西直門店もその一つだ。

この日は北京オリンピックの男子バレー観戦で首都体育館へ。
試合開始前のちょっとした腹ごしらえに立ち寄ったのだ。

包子舗(bao1zipu4)と呼ばれる包子の専門店では、
たいていは蒸籠で蒸し上がった包子をその場で買う。
でもこの慶豊包子舗ではチケット制。
まずはチケット売り場で食べたいものを言って食券を買い、
横にある配膳口で食券を出して頼んだものを受け取る仕組みだ。
注文の単位は「1両(yi4liang3)=50g」。
1両は包子3個分だ。
冷菜やお粥もこのチケット売り場で買う。

老舗包子屋だけあって、ご飯時には結構な行列ができる。
だから欲しいものをよく考えて一気に買ってしまうこと。
でないと後からもう一度列に並び直さないといけなくなる。

この日は試合観戦前の小腹見たしなので、
味見程度に包子を二種類食べてみた。
二人だったので、それぞれ2両ずつ。

豚肉と葱
P1110379.jpg

餡にはしっかり味がついているので、わざわざ何かつけなくても大丈夫なくらい。
さっぱり食べたければ黒酢でどうぞ。

黒酢と辣椒油で。
P1110375.jpg

「梅菜(mei2cai4)」という青菜の漬け物の餡がおいしそうだったので、
こちらも試してみる。

梅菜と豚肉
P1110381.jpg

梅菜のしょっぱさと豚肉がよく合う。

ただ、北京の人が褒めちぎるほどのおいしさではなかったかな。
今日みたいにちょっとお腹を満たしたい時とか、
ふだんの食事にはうってつけだけど、
わざわざここを目当てに来ることはないかも。

フランチャイズ制で支店を増やしているようなので、
必ずしも老舗本来の味ではないのかもしれない。
全聚徳もそうだが、直営のお店とフランチャイズ店では味が違う。
機会があれば、西安門のお店で食べてみることにしよう。


■お店情報
慶豊包子舗(西直門店)
西城区玉桃園3区11号楼 
010-8222-1548
*地下鉄西直門駅から動物園方向へ伸びる道の北側、
  バス停の前あたりにあります。
  他にも支店多数あり。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。