【貴州省駐京弁餐廳】跳水烏江魚

【貴州省駐京弁餐廳】跳水烏江魚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

烏江魚の貴州風つけだれドボン
跳水烏江魚(tiao4shui3 wu1jiang1yu2)
P1110278.jpg
【データ】とき:8月9日/ところ:和平西橋・貴州省駐京弁餐廳/ねだん:145元

烏江魚(wu1jiang1yu2)は、最近北京でもよく見かけるようになった淡水魚。
小骨がとても少なくて食べやすいし、
泥臭さもあまりないので人気の魚だ。

一斤で58元と決して安くはないが、
鯉や草魚に比べると匂いもないし、
江団ほど高くもないので、
そういう意味ではお手頃な魚と言えるかもしれない。

この日頼んだのは2.5斤分。
145元か・・・
うーん、やっぱり贅沢しちゃったな。

打ち粉をしてスープで(?)湯引きした烏江魚の切り身と、
すり鉢みたいなお碗にたっぷり入ったつけだれのセット。

P1110277.jpg
この日は切り身が二皿分出てきた。

「全部入れちゃっていいですか?」
と聞かれたので、
「とりあえず半分だけ。」
すると店員さん、一皿を手にとって切り身をドボンとタレの中に落とした。

P1110278.jpg

あ、なるほどね。
それで「跳水」なんだ。
「跳水」(tiao4shui3)は「水に飛び込む」という意味。
スポーツの「飛び込み」は、まさに「跳水」だ。

烏江魚自体も淡泊でとてもおいしい魚なのだけど、
やっぱり主役はこのタレだろう。
糊辣椒やら、他の唐辛子やら、山椒やらなんやらかんやら、
とにかくいろいろ入っていて深みのある複雑な味わい。

P1110279.jpg

このタレがあんまり美味なので、
ジャガイモチップスももっぱらこのタレをつけて食べた。
おかげで魚もチップスもすっかり食べ過ぎてしまった。


■お店情報
貴州省駐京弁餐廳
朝陽区和平西橋桜花西街18号 貴州大厦2階
010-6444-4466
P1100404.jpg

*北三環路を和平西橋で北方向に曲がり、すぐ右手(東側)。
貴州大厦の二階です。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
はっちゃけた
日本語訳ですね(笑)。でも、確かにそんな感じです。

この料理は初めて見ました。タレの様子を見る限り、味に間違いはなさそう。敢えて別皿で供すのが面白いですね。
2008/09/17(水) 10:20 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
ヤケクソ訳です。
失礼いたしました~

はい、間違いのない味です。
貴州料理らしい、奥の深い味わいのタレですよ。
オススメです!
2008/09/19(金) 19:52 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。