【貴州省駐京弁餐廳】糊辣椒拌折耳根

【貴州省駐京弁餐廳】糊辣椒拌折耳根
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ドクダミのかつおぶし風味唐辛子和え
糊辣椒拌折耳根
P1110269.jpg
【データ】とき:8月9日/ところ:和平西橋・貴州省駐京弁餐廳/ねだん:16元

貴州料理はかつおぶしの味がする。
今まで複数の人がそう証言しているし、
私自身も「海の味」のふりかけの味がすると思う。

かつおぶしを常食する国や民族が日本以外にもあることは知っている。
スリランカだ。
実家の近所にあるスリランカ人がやっている食堂では、
カレーはもちろん、サラダにもくだいたかつおぶしを入れていた。

スリランカは島国である。
かつおぶしが食べられていてもそう驚かない。

しかし、貴州は中国の内陸にある省だ。
そんなところで、かつおぶしが使われているとは思えない。

この貴州のかつおぶし味の正体をめぐっては、
酒徒さんとお連れ嬢、そして私の間でかなり盛り上がった。
そしてなんと、というかやはり、というか、
お二人がその謎を解き明かしてくれた。
なんと、貴州料理食べたさに貴州まで飛んでいってしまったというから驚きだ。

▼酒徒さんの貴州料理食い倒れ紀行はこちらから:
貴州省で大いに食べた! 2008年8月

謎のかつおぶし味の正体は、「糊辣椒(hu2la4jiao1)」。
唐辛子を炒ってくだいたものだったのだ!

「糊(hu2)」というのは、実際には「[火胡](hu2)=焦がす」こと。
現地の調理法で、
酒徒さんが本場貴州で聞き込んだ情報によると、
「赤く熟れたやつを干し、燃える木炭に放り込み、焦げる前に取り出して擂ったもので、
 何故かカツオ節に似た香りがして、料理に辛さだけでなくコクも加えてくれる」
とのこと。

何がいったいどうなってかつおぶし味になるのかは不明だけど、
とにもかくにもこれらしい。

この辺の詳しい事情は酒徒さんのブログに詳しいので、
ぜひそちらをご覧いただきたい。

▼酒徒さんが明かす!かつおぶし味の謎!
発酵揚げ出し豆腐に旨辛タレをつけてほお張る!

その糊辣椒とドクダミの根っこを和えたのがこの前菜だ。
折耳根(zhe2er3gen1)はドクダミの地下茎。

ドクダミの根を食用するというと目をむかれるかもしれないが、
これが意外によく見かける。
スーパーの野菜売り場にも売られている。

ただ、やっぱり雲南や貴州あたりが本場かな。
私が以前食べたドクダミものも雲南料理だった。

▼ドクダミもの:
【茶馬古道】易門水豆鼓拌薄荷折耳根

かつおぶし味の糊辣椒が手伝ってか、これが意外にいける。
さすがにこればかりをバクバクとは食べられないが、
他の料理との間にうまく挟み込めばなかなかいいアクセントになる。

しかし、ドクダミに香菜たっぷり。
香味野菜嫌いには地獄のような料理だな・・・


■お店情報
貴州省駐京弁餐廳
朝陽区和平西橋桜花西街18号 貴州大厦2階
010-6444-4466
P1100404.jpg

*北三環路を和平西橋で北方向に曲がり、すぐ右手(東側)。
貴州大厦の二階です。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。