【十条平安肉餅店】蒜泥白肉

【十条平安肉餅店】蒜泥白肉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ゆで豚肉のニンニクだれ
蒜泥白肉(suan4ni2 ba2rou4)
P1110222.jpg
【データ】とき:8月6日/ところ:東四十条・十条平安肉餅店/ねだん:16元

この日十条平安肉餅店で食事をご一緒したのは、大学の先輩Sさん。
例によって「満福」をお届けがてら、一緒に食事をということになったのだった。

「北京っぽい店」というリクエストをいただいたので、
思いっきりベタな十条平安肉餅店へご案内した。
肉餅をメインに、庶民的で家庭的な料理ばかり食べましょうという趣向だ。

Sさんのご子息、M君もちょうど北京に滞在中で同席。
小さな頃に北京にいた経験のM君だが、
中華料理に対する印象はよくなかったらしい。
それが今回、中華料理を食べても「おいしい」ということが増えたのだと言う。

よかった、よかった。
中華料理をおいしくないと思ったままこれからの人生を過ごさなくてよかった。
M君の北京滞在は無駄じゃなかったね!
って、余計なお世話かしら・・・?

それはさておき、この蒜泥白肉はお父さまのSさんのリクエスト。
「これがね、好きなんですよ。」
とうれしそうにオーダー。

ふむふむ、Sさんは蒜泥白肉も好物、と。
メモメモ。

Sさんとはかなりの回数食事をご一緒しているせいもあって、
だいぶ好きなものを把握してきた。
「ayaziさんがいるとオーダーしなくていいから楽。」
とおっしゃって、いつも食事の席に呼んでくださるSさん。

いつもありがとうございます。
「御用点菜人」としての努力は怠りませんッ!

蒜泥白肉(suan4ni ba2rou4)は、
ゆでた豚バラ肉に刻みニンニクがたっぷり入ったタレをかけた前菜。
蒜泥(suan4ni2)はニンニクを細かく刻んだもの、またはおろしたもの、
白肉(ba2rou4)は水炊きした豚肉のことだ。

以前紹介した渝郷人家のものは、
キュウリを巻いた白肉巻(bai2rou4juan3)になっていたが、
これはゆで豚肉だけのシンプルなもの。

▼巻き巻きタイプ:
【渝郷人家】蒜泥白肉巻

そして、タレが最初からかかっていなくて、
豚肉とは別々に運ばれてくるのも面白い。

P1110221.jpg

そう言えば、この店は麻豆腐もこのスタイルだった。

▼辣椒油が別に出てくる十条平安肉餅店の麻豆腐:
【十条平安肉餅店】老北京麻豆腐(素油)

こういうのが好きなのかな、ここのご主人。

話は蒜泥白肉に戻って、
ゆで豚肉は脂っぽさがきれいに落ちていてさっぱり。
ニンニクたっぷりのタレは、醤油とお酢ベースでこちらもあっさり。
豚肉とニンニクだれの相性もばっちりだ。

これはかなり気に入った。
Sさんならずとも、また頼んでしまいそう。


■お店情報
十条平安肉餅店
東城区東四十条街(軍区総医院近く)
6402-1739
*東四十条地下鉄駅から西方向に進み、一つめの交差点を左折した左手側にあります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
北京は安いし量が多い
ayaziさん、本探してますが、まだ見つかりません。
蒜泥白肉、私も好きで、上海でよく頼みますが、上海のは量が少ない。
やっぱ、北京のほうがエエなぁ・・・
量が多いし、安いし・・。
2008/09/09(火) 06:59 | URL | 井上@鶴ヶ峰@横浜 #2AkPuCis[ 編集]
美味しそう
毎朝、始業前に楽しませていただいています。
蒜泥白肉、中国では何度かたべています。
野菜を加えて冷しゃぶサラダにしてもよさそう。にんにくもたっぷり加えて。

日本の中国料理屋さんではあまり見かけません。別の名前なのか、私が知らないだけか。
中国の方の経営する料理屋さんでたずねてみます。
2008/09/09(火) 08:12 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
井上@鶴ヶ峰@横浜さんへ
横浜の本屋さんはチェックしてないので在庫状況が分かりませんが、渋谷では目撃情報ありです。
他に東京駅のところの丸善、新宿紀伊国屋、池袋ジュンク堂、池袋リブロ、神保町東方書店には在庫がありました。
ところで、確かに料理の量は北京のほうが断然多いですね。
そして安い!
なので私も北京派です。
2008/09/09(火) 16:21 | URL | ayazi #-[ 編集]
nao0880さんへ
そうですね、日本人の感覚からするとたっぷり香味野菜を添えてサラダ仕立てにして食べたいところですね。
余ってお持ち帰りした時のアレンジ料理によさそうです。
2008/09/09(火) 16:23 | URL | ayazi #-[ 編集]
日本でも中国人経営のお店ではよく見かけます。この一皿があれば、何倍でも酒が飲めます~~
2008/09/10(水) 23:07 | URL | 花猫 #PgtEBqSc[ 編集]
花猫さんへ
最近は日本にも中国人経営のベタなお店が増えてきていい感じですね。
おっしゃる通り、お酒のアテとして最高ですよね~
2008/09/10(水) 23:58 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。