【十条平安肉餅店】酸辣土豆絲

【十条平安肉餅店】酸辣土豆絲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

細切りジャガイモのピリ辛お酢炒め
酸辣土豆絲(suan1la4 tu3dou4si1)
P1110220.jpg
【データ】とき:8月6日/ところ:東四十条・十条平安肉餅店/ねだん:12元(確か・・・)

ジャガイモを細切りして「絲(si1)=細長い糸状」にし、
お酢を利かせた調味料でサッと炒めた一品。

ジャガイモのシャキシャキ感が身上。
そしてそこにからむお酢の爽やかな風味と唐辛子の辛さ。

細切りジャガイモの料理と言えば尖椒土豆絲が挙がるけれど、
どっこいこれも捨てがたい。

▼尖椒土豆絲についてはこちらから:
【聞香趣】尖椒土豆絲

昔、この酸辣土豆絲を自分で作ってみたことがある。
中戯時代に使っていた中国語の教科書に作り方が載っていたので、
試しにやってみたのだ。

太さがまちまちにならないように気をつけながら、
ひたすら、ひたすらジャガイモを千切りにし、
水にさらしてデンプン質を取り、
必要な調味料もそろえて、中華鍋でいざ調理開始!

ジャガイモのシャキシャキがなくなってしまっては失敗。
炒めすぎないように気をつけながらジャジャーーッと手早く炒めて、
「さて、お酢を」と、瓶を手に取って注ぎ入れてみたならば・・・

途端に立ちのぼる強烈なお酢の匂い。
たまらずゲホゲホとむせる。
刺激が目を直撃し、思わず顔を背けた。

一瞬何が起こったのか分からなかった私は、
注ぎ入れたお酢の瓶を見てはっとなり、続いて力が抜けた。
このお酢、希釈して使う濃縮タイプのお酢だったのだ!
そりゃあむせて目にしみる訳だ。

ひたすら刻んだジャガイモは、一瞬にして生ゴミに変わった。
出来た端からゴミ箱行きである。
いや、そのくらい食べられたものではなかったということ。
もちろんどうにか味を薄めて頑張ってかなりの量は食べたけど。

それがトラウマになったのか、以来この料理を自分で作っていない。
酸辣土豆絲はお店で食べることに決めている。


■お店情報
十条平安肉餅店
東城区東四十条街(軍区総医院近く)
6402-1739
*東四十条地下鉄駅から西方向に進み、一つめの交差点を左折した左手側にあります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
作ってみました
昨日の夕食が寂しかったので「もう一品」に作ってみました。
本場の味を知らないので、上手く出来たかどうかわかりませんが、シャキシャキ感が残るように気をつけたつもりです。
夫には好評でしたよv-218
2008/09/09(火) 23:02 | URL | alicia #UWcN7NZo[ 編集]
aliciaさんへ
旦那さまに好評なら、それは成功ってことで!
希釈用のお酢を使わなかっただけですでに成功ってことで!
2008/09/10(水) 22:56 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。