【圓鑫餐館】譲人懐念的北京家常菜

【圓鑫餐館】譲人懐念的北京家常菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

懐かしい本場の北京料理
譲人懐念的北京家常菜(rang4 ren2 huai2nian4 de bei3jing1 jia1chang2cai4)
P1110191.jpg P1110194.jpg
P1110208.jpg P1110193.jpg
【データ】とき:8月5日/ところ:王府井・圓鑫餐館/ねだん:4人で100元程度

おいしいものを食べる会や臭臭同盟でご一緒する
山大22号さんに「満福」をお渡しするのを口実に、
オススメの四合院レストランに案内していただいた。
いわく、「80年代の懐かしい家庭料理」の食べられるお店。
王府井の和平賓館の裏手にある圓鑫餐館というレストランだ。

▼山大22号さんのブログ:
「北京ひまつぶし」

えらくちっちゃいけれど、照壁もちゃんとあるし、
確かに四合院造りになっている。

P1110189.jpg 893340074_130.jpg

店内はこんなザ・庶民な雰囲気。
P1110192.jpg

近所のおっさんやおばちゃんたちがにぎやかに食卓を囲んでいる。
うん、実にいい感じだ。

まずは燕京ビールで喉を潤して、さっそく料理を味わう。
案内していただいた山大22号さんのオススメはこれ。

丸子(wan2zi):14元P1110191.jpg

飾り気のないメニュー名でごめんなさい。
後でオーダー票を見てみたら、ほんとに「丸子」としか書いていなかったのだ。

もちろん「肉団子(rou4wan2zi)」のこと。
これと厚揚げ豆腐を醤油味で煮染めてある。

肉団子はけっこう大振りで、割とやわらかい。
でもお肉はみっしり。
P1110195.jpg

ああ、確かに懐かしい素朴な味付けだ。
八角の味がほんのり控えめに利いている。

肉皮凍(rou4pi2dong4):6元
P1110193.jpg

豚皮の煮こごり。
ぶりぶりとしっかりした歯ごたえと弾力。
これまた素直で直球勝負な味付け。

拌苤藍絲(ban4pie3lan2si1):5元
P1110194.jpg

千切りキュウケイカンラン(球茎甘藍)の和え物。
好物だ。

▼苤藍絲って何?という方はこちらの過去記事をどうぞ:
【平安肉餅店】拌苤藍絲

からしダレがあったので、ちょっとアレンジ。
P1110202.jpg P1110203.jpg

目先が変わってまた箸が進む。

そして店員さんのおすすめだったお肉の煮込み。

炮骨(pao2gu3)腔骨(qiang1gu3):20元P1110198.jpg
(お詫びと訂正:これ、「腔骨(qiang1gu3)」の間違いでした。胴体の骨まわりのお肉のことだそうです。
2008/12/9訂正)


土鍋で煮込んだ骨付き肉。
よーく煮えてほろほろだった。

[火倉]炒元白菜(qing4chao3 yuan2bai2cai4):12元P1110196.jpg

キャベツの炒めもの。
唐辛子の辛さとキャベツの甘さがいいコンビネーションだ。
花山椒の刺激がいいアクセント。
最近私は花山椒を避けずにそのまま食べるようになった。
口の中で弾け散るあのしびれ感がたまらない。

葱爆羊肉(cong1bao4 yang2rou4):26元
P1110208.jpg

斜め切りした葱をたっぷり入れて、羊肉をジャジャッと炒めた葱爆羊肉。
これが実に美味だった。
まっとうだ。
いい感じだ。

北京で食べる羊肉はちっとも臭みがなくて食べやすい。
日本で羊肉がダメな人も、だまされたと思って食べてみてほしい。

火爆腰花(huo3bao4 yao1hua1):28元
P1110210.jpg

腎臓肉のジャジャッと炒め。
店内が暗くて全然おいしそうに見えないけど、これもよかった。

全体的に、
「80年代の懐かしい家庭料理」という山大22号さんの言葉を裏付ける、
辛くなくて、しっかりお醤油味で、奇もてらっていなくて、
じっくりと丁寧に作ったまじめなきちんとしたお料理だった。

常々思っていることだけれど、
北京で食べる中華料理が全体的に辛くなったのは
実は最近のことではないだろうか。
おそらく四川や湖南など辛い地方料理の影響だろう。

それまでは、お醤油味をベースにして
生姜、ニンニク、八角などを控えめに利かせた、
割と日本の田舎料理っぽい味だったのではないかと思う。
なぜって、今はなき鼓楼近くの徳華居で食べた老北京料理も、
先日行った知る人ぞ知る家庭料理のお店雷亜餐廳も、
そんな感じの味付けだったから。

圓鑫餐館のお料理は、
どれもそんな懐かしい昔の家庭料理の味がして、
とても好感が持てた。

このお店、あと3ヶ月前に行ってたら、間違いなく「満福」で書いていた。
うーん、惜しいことをした・・・

▼「圓鑫餐館」関連記事:
【圓鑫餐館】譲人懐念的北京家常菜
【圓鑫餐館】大餡餃子
【圓鑫餐館】小二鍋頭
【圓鑫餐館】腔骨
【圓鑫餐館】煮花生米
【圓鑫餐館】干炸小黄魚
【圓鑫餐館】海米冬瓜
【圓鑫餐館】爛蒜肥腸
【圓鑫餐館】餃子就酒,越喝越有
【圓鑫餐館】拌豆腐絲
【圓鑫餐館】[火倉]炒圓白菜
【圓鑫餐館】砂鍋白菜丸子湯


■お店情報
圓鑫餐館
P1110187.jpg
東城区西堂子胡同(和平飯店北側胡同内)
010-6527-9561/6512-3631
*圓鑫餐館のある西堂子胡同は、
  王府飯店(ペニンシュラ)のある金魚胡同の一本北にあります。
 和平賓館と台湾飯店の間の路地を北に入り、西堂子胡同にぶつかったら右折。
 しばらく歩くと左手に圓鑫餐館の看板が見えてきますよ。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
辛くない
北京の昔の味付けは、辛くなく、しょっぱいということですよね?
2008/09/03(水) 07:58 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ヤバイ…
葱爆羊肉…。
日本に帰っても同様のものを求めて、なんちゃってを作るわしであった。
味付けの感じがお弁当の具によかったのよね~。
(弁当全体が汁しるになりますがね…。でもそれが好物v-238
2008/09/03(水) 09:34 | URL | あたおコロイノナ #-[ 編集]
ジミー荒川さんへ
辛くなかった、と思います。
「しょっぱい」というか、今ほど唐辛子や山椒を使わない味付けだったのでは?と感じています。
2008/09/03(水) 18:40 | URL | ayazi #-[ 編集]
あたおコロイノナさんへ
あたおさんは葱爆羊肉好きでしたか・・・
なら次に訪燕された時にはこれを頼みましょう!
汁だく葱爆羊肉弁当、なるほどそれはうまそうだ!
2008/09/03(水) 18:42 | URL | ayazi #-[ 編集]
いやー、こりゃいい店ですね。見栄えは良くないけど、それがまた味の期待値をupさせてくれます。こういう店、大好きです。ってことで、訪問決定(笑)
2008/09/03(水) 22:52 | URL | jiyan #-[ 編集]
どうも、急に私のブログのアクセスが増えたなあ、と思っていたら・・・
ブログの紹介ありがとうございます。
先週末、散歩の途中に平安肉餅店に行ってみました。
ayaziさんのお薦めだけあって、おいしかったです。
2008/09/04(木) 13:39 | URL | 山大22号 #-[ 編集]
jiyanさんへ
はい、とてもいい店です。
きっと気に入ってもらえると思いますよ。
餃子までたどり着くために、4人くらい募ってお出かけください。
2008/09/04(木) 23:27 | URL | ayazi #-[ 編集]
山大22号さんへ
勝手にリンクして失礼いたしました。
山大22号さんの記事を改めて見てみたら、他のメニューもおいしそう。
なんだかまた行きたくなってきてしまいました。
平安肉餅店、あそこもかなり庶民度の高いお店ですよね。
会社かウチの近くにあったらもっと通うのに!
2008/09/04(木) 23:28 | URL | ayazi #-[ 編集]
っさすが
鷹の爪は食べちゃったりもしますが、花山椒はまだいけません。かじってしまった後、なんとも形容しがたい気分になります。
2008/09/05(金) 13:33 | URL | けい #Y17400wE[ 編集]
けいさんへ
私は鷹の爪は食べませんよー。
どっちが「っさすが」?
そういえば、臭臭同盟ぼちぼちやろっかな。
9月は北京にいないことが多いので、10月に入ってから。
またお声がけしますね!
2008/09/05(金) 18:25 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。