【紅櫨山庄】笨鶏蘑粉条

【紅櫨山庄】笨鶏蘑粉条
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

放し飼い鶏、キノコ、春雨の煮込み
笨鶏蘑粉条(ben4ji1 mo2gu1 fen3tiao2)
P1110157.jpg
【データ】とき:8月3日/ところ:小湯山・紅櫨山庄/ねだん:48元

笨(ben4)がついているが、笨鶏(ben4ji1)は「おバカな鶏」という意味ではない。
放し飼いの鶏のことを言うらしい。

蘑(mo2gu1)はキノコ、
粉条(fen3tiao2)は丸くて太めの春雨だ。

単に粉条と言うと、たいていは幅の広い平たいものを指すことが多いようだが、
チャプチェに使われているような韓国の春雨みたいな丸くて太いタイプの場合もある。
この料理に使われているのは後者だ。

鍋物の具を頼むときに、幅広春雨だと思って「粉条」を頼んだのに、
丸太タイプが出てきて当てが外れることがある。
幅の広いタイプだけを指す寛粉(kuan1fen3)かどうかを確かめるのが無難だ。
ちなみに細い春雨のことは粉絲(fen3si1)と言う。

若鶏と各種キノコ(乾燥キノコであることが多い)、
太めの中国春雨を煮込んだこの料理は、
割と有名な東北地方の料理だ。
有名なだけあって、
東北料理のレストラン以外でも普通にメニューに載っていたりする。

「笨鶏蘑粉条」という名前よりは、
「小鶏炖蘑(xiao3ji1 dun4 mo2gu1)」のほうが一般的だ。
この場合は、鶏肉は「笨鶏=放し飼い鶏」ではなくただの若鶏で、
春雨も入っていないことが多い。
でもほぼ同じものだ。

北京は煮込み系の料理が比較的少ない。
煮物好きな日本人にとってはありがたい存在だ。

私も例にもれず、このメニューが大好き。
骨付き鶏とキノコのスープで具材を煮込むのだから、
よっぽどへまをしなければまずくなるはずがない。

鶏肉自体も、放し飼い鶏だけあって身が締まって滋味がある。
干したキノコの深い味わいもたまらない。
さらにたまらないのは、スープのうま味がしみこんだ春雨だ。

こんなうまうまの煮込みものを食べたら、禁を破ってしまいたくなるではないか。
・・・
しばし逡巡。

だっ、だめだっ!
やっぱり我慢できないっ!!

P1110161.jpg

ああ、やってしまった。
禁じ手のスープ茶漬け。


■お店情報
紅櫨山庄
北京市昌平区小湯山鎮講礼村西16号
010-61786555


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。