【北平居菜館】老醋菠菜花仁

【北平居菜館】老醋菠菜花仁
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ほうれん草と落花生の黒酢和え
老醋菠菜花仁(lao3cu4 bo1cai4 hua1ren2)
P1100955.jpg
【データ】とき:7月27日/ところ:地安門外大街・北平居菜館/ねだん:12元

似たような前菜を以前にも紹介したことがあったかもしれないけど、
だんだんよく分からなくなってきてしまった。
この店のものはアップしたことがなかったので、
もう深く考えずに書いちゃえ!ってことで、強引にエントリー。

ほうれん草をゆがいて落花生と一緒に黒酢で和えて、胡麻をふっただけ。
微妙に調味料が入っていると思うけど、
細かいレシピまでは舌が追いつかず。
何しろグルメ(美食家)じゃなくて、グルマン(食いしん坊)なものですから・・・

老醋(lao3cu4)は、長期醸造した黒酢のこと。
老陳醋(lao3chen2cu4)とも言う。
細かく言うと産地や原料の違いがあるとは思うが、
単に一食いしん坊として食べる分には、
「老醋=黒酢」くらいの知識があれば大丈夫。
探求派からはお目玉を食らいそうだけど。

こちらでは、野菜を茹でて黒酢で和えものにした料理が結構ある。
日本でも以前よりは黒酢がポピュラーになってきたようだけど、
黒酢ってどんな位置づけになってるんだろう。
健康ドリンク?
エキスをサプリメントみたいに摂取?
でもやっぱり、こんな風に料理に使って口にするほうが自然な気がする。


■お店情報
北平居菜館
地安門外大街108号
010-6404-5158
P1090147.jpg

*鼓楼からまっすぐ南に伸びる地安門外大街と、
帽児胡同がぶつかるT字路の北東角にあります。
(地安門から行くと、後門橋よりも北側ですよ。)


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ayazi様
このレストランは注目しています。今回もじっくりと拝読させていただきます。渡燕の夢が膨らみます!同一个梦想?
2008/08/13(水) 17:38 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
ここ、「もんのすごくおいしいっ!」って訳ではないですが、バランスのいい使い安いお店だと思います。
1階はかなり庶民的なホール席、2階はちょっとキンキラっぽいインテリアの個室で、用途に分けて使えそう。
来燕の際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。
2008/08/13(水) 18:13 | URL | ayazi #-[ 編集]
料理に使った方が
無理なく大量に摂取できそうですよね。

涼菜文化がイマイチな広東にいると、こういう料理にものすごく懐かしさを感じます。このままだと忘れてしまいそうなので、最近は家で北方の涼菜を自作するしかないかと考えています。
2008/08/13(水) 18:37 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
はい、サプリより、食事で自然に摂取がいいですよね。
涼菜はさっぱりした和えものが多いし、日本人的にもありがたいですよね。
「つまみ度」が高いし、酒飲みにはそっちの意味でも重宝です。
涼菜だけいくつか見繕ってまずはお酒をゆるゆると、しばらくしたら熱菜でがっつり!っていうのもいいものです。
自作の道を模索したら、日本に帰ってからも役立ちそう。
意外にけがの功名になるかも、ですよ。
2008/08/13(水) 19:13 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。