【林家小館】林式紅焼肉

【林家小館】林式紅焼肉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

豚バラ肉の醤油煮込み林家風
林式紅焼肉(Lin2shi4 hong2shao1rou4)
P1100816.jpg
【データ】とき:7月13日/ところ:西大望路・林家小館/ねだん:58元

B級びいきの私にしては珍しく小ぎれいなレストラン、林家小館。
英語名の「Lin’s Kitchen」からも分かる通り、
林さんちのおもてなし料理がテーマのお店だ。

私がこのお店に来始めたきっかけは、
オフィスのエレベーターで中国人が
「林家小館不錯!(Lin2jia1 xiao3guan3 bu2cuo4!)」――「林家小館はいけるよ!」
と言っていたのを耳にしたこと。

中年の男性二人が、いやに確信に満ちた口ぶりで交わした会話だったので、
なんとなく気になって
「よし、今度機会があったら行ってみよう。」
とその場で決意したのだった。

結果はこのブログの「林家小館」関連記事を見れば分かる通り。
すっかりお気に入りのレストランの仲間入りを果たし、
しかも私の周囲に「麻婆脳花(丼)」旋風を巻き起こすことになったのだった。

エレベーターのおやじ口コミ、侮りがたし。である。

さて、今回はその林家小館で食べた紅焼肉でエントリー。
紅焼肉(hong2shao1rou4)は、豚バラ肉の醤油煮込み。
林式(Lin2shi4)とついているのは、「林家風の」、「林さんち風の」という意味だ。

紅焼肉と言えば、「毛氏紅焼肉(mao2shi4 hong2shao1rou4)」が有名。
この「毛氏」の毛家の毛さんは、もちろん言わずとしれた「毛沢東さん」。
出身地の湖南料理でよくメニューに載っていて、
豚バラ肉と一緒に皮をむいたニンニクがまるごとゴロンゴロンと入っているのが特徴。
これもなかなかおいしい。

林さんちの紅焼肉は、あまり甘みの強くない醤油っぽい味付けだった。
和食の豚の角煮を彷彿とさせて、ちょっと懐かしい感じ。

P1100817.jpg
赤っぽく見えるのは、腐乳が入っているからかな。
それとも紅麹が入れてあるんだろうか。

ところで、この日の会食はプチプチブロガーの会。
北京のガイドブック執筆者と言えば知らぬ者のないKさんが、
北京のブロガーさんお二人を紹介してくださったのだ。

お会いしたのは、
時々ブログにコメントくださる「天天口福」のじゃすみんさんと、
「北京の青空 -今日お空見える? 」のhideyoさん

お二人とも、落ち着いた素敵な大人の女性で、
お話していてとても安心感があった。

さて、林家小館と言えば、そう、例の脳みそ麻婆丼が食べられるお店。
この日ももちろん、忘れずにオーダー。

麻婆脳花(ma2po1 nao3hua1):38元
P1100820.jpg
(↑写真、ぶれた・・・)

なんてったって、Kさんは脳みそ麻婆丼の考案者だからなー。
マストアイテム。

さらに、
四川泡菜(si4chuan1 pao4cai4):10元
P1100815.jpg
ちょっと他のお店の四川風漬け物とは趣が異なっている。
よりサラダっぽい?

芒果沙拉(mang2guo3 sha1la1):38元
P1100819.jpg
マンゴーをちょっと辛目のタレで和えた前菜。
「え~?」って思うでしょ?
これが意外にいけるのだー。

青椒爆玉米(qing1jiao1 bao4 yu4mi3):18元
P1100818.jpg
ピーマンとトウモロコシのフリッター。
素揚げだったけど、ちょっと小麦粉をまぶしたほうが
香ばしさが出てもっと美味なはず。
以前、沸騰魚郷にまさにその料理があったのだけれど、
残念ながら今はメニューから消えてしまった。

瑤柱油麦菜(yao2zhu4 you2mai4cai4):28元
P1100821.jpg
ホタテの貝柱入り油麦菜の炒めもの。

他にも、芽香笋片蒜泥晾茄を頼んで、
4人では食べきれないくらいテーブルがにぎやかに。
というか、いい気になって頼みすぎた。
ちょっと反省・・・


■お店情報
林家小館
朝陽区西大望路20号
010-8777-5855
*西大望路(SOHO現代城東側の南北の道)を南へ進み、
  線路をくぐってしばらく行ったところ。道の右(西)側にあります。
  面酷(Noodle Loft)の入り口左側にある通路のような入り口から入ります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
今度こそ
なぜか、最後のパスワードで引っ掛かり3度目のトライです。

もうまた食べたくなってきましたよ・・・。まったりと辛くて美味しかったです。
結構使えるお店ですね。

またご一緒してくださいね。
2008/08/04(月) 00:22 | URL | Hideyo #-[ 編集]
Hideyoさんへ
3度もトライしていただいて恐縮でした・・・FC2さんのご機嫌が斜めだったのでしょうか?
脳みそ麻婆丼、あれはクセになりますね。
ふんわりクリーミーな脳みそとぴり辛麻婆の組み合わせが実に心憎いです。
食べたくなったら、またご一緒しましょう!
2008/08/04(月) 02:42 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。