【滄浪亭】雪菜肉絲拌麺

【滄浪亭】雪菜肉絲拌麺
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雪菜と細切り豚肉の混ぜそば
雪菜肉絲拌麺(xue3cai4 rou4si1 ban4mian4)
P1100735.jpg
【データ】とき:7月3日/ところ:上海・淮海中路・滄浪亭/ねだん:15元

(『北京で「満福」』、出たばっかりなのにいきなり上海ネタで恐縮ですが・・・)

めったに入らない出張。
前回の出張は2007年末の上海だったけど、今回もまた行き先は上海。

ただ、どんなタイミングで身体が空くか分からないので、
「食い倒れ」のほうは期待していなかった。

▼前回の上海出張で食べたものはこちら:
【王家沙】蟹粉小籠包
【王家沙】燜肉湯麺

ところが、初日は割合早い時間にお役ご免になり、いきなりフリー。
これ幸いと滄浪亭へとタクシーを走らせ、
ひとり麺をすることにした。

開洋葱油麺がお目当てだったのだけれど、なんと売り切れ。
むー、残念。
またあの美しく輝く葱と対面できると思ったのに・・・

ならばと、前回食べておいしかった雪菜肉絲麺を、
拌麺(まぜて食べる汁なしタイプの麺)で試してみた。

雪菜は高菜みたいな味のする青菜の漬け物。
少し辛味もあって、からし菜みたいな感じもする。
これと細切り豚肉を炒め合わせたものが具になる。
P1100736.jpg

これにさらにスープがついてくる。
P1100737.jpg
このスープ、麺をたぐる時にちょっとずつ飲んでもいいし、
途中から汁麺に方向転換してもいい。
最後まで食べ終えてから、どんぶりに残ったタレと一緒に飲んでもまたよし。
(たぶん・・・)

まずは雪菜と豚肉を麺に乗っけて・・・
P1100738.jpg

混ぜる。
P1100739.jpg

混ぜる。
P1100741.jpg

そしてすする。
ズズッ!

当たりだああぁぁぁ。
やっぱりここのお店の雪菜、おいしいわあ。

半分くらいまで食べたところですかさずスープ投入。
やっぱり脂っこく感じてくるのと、
これだけ食べているとだんだん味が単調に感じられてくるのだ。
P1100745.jpg

スープ投入で表情がガラッと変わる。
まだまだ行けるぜ、雪菜肉絲麺。
飽き飽きだと思っていた古女房がいつもと違ったメークをしたら、
思わず惚れ直ちゃった、ってなところか?
いや、なんで急に男になるんだ、私・・・

この日の麺のお伴は、獅子頭。
肉団子である。

獅子頭(shi1zitou2):6元
P1100734.jpg

お肉みっしり。
P1100742.jpg

麺に乗っけてみたりして。
P1100743.jpg

濃いめの味付けでしっかり煮付けてあって、なかなか食べであり。

それにしても、出張先で混ぜそばと肉団子を「おひとりさま」する女、
幸せ?それとも、さ、さみしい?


■お店情報
滄浪亭(淮海店)
上海市盧湾区淮海中路689-691号(思南路付近)
021-5382-3738
*タクシーで行くなら、「淮海中路、思南路」。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg

●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
こんにちは!ジミー荒川様のところから来ました。私はずっと上海に住んでいました。この店は味付けご飯に豆腐皮を乗っけて焼いたものもとってもおいしいです。いつも売っているわけではないので、機会があったらぜひ試してみてくださいね!
2008/07/26(土) 09:09 | URL | 花猫 #PgtEBqSc[ 編集]
花猫さんへ
こんにちは!
ジミー荒川様のところで、何度かお名前を拝見しておりました。
コメントありがとうございます。

このお店に行くと、「麺!麺!」となってしまうので、ご飯ものは盲点でした。
「味付けご飯に豆腐皮を乗っけて焼いたもの」・・・これは惹かれます!
次に上海に行ったらチェックしてみます!
情報ありがとうございました。
2008/07/26(土) 13:38 | URL | ayazi #-[ 編集]
汁かけ面
そういえば、海碗居で炸醤面にゆで汁をかけて食べたことがあります。
ちょっと味がしつこく感じたので横にあったゆで汁を少しかけて食べたのでした。
滄浪亭のスープは湯面にするためのスープですか。拌面と湯面の両方が楽しめるのはいいですね。
機会があれば訪れて見ましょう。
2008/07/27(日) 00:03 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
滄浪亭のスープが湯面にするためのものかどうかをはっきり確かめた訳ではありませんが、私はこんな風に楽しんでます。
滄浪亭、ちょろっと寄ってささっとご飯を済ませるにはもってこいのお店です。
他にも支店があるようです。
機会があればぜひ!
2008/07/27(日) 01:10 | URL | ayazi #-[ 編集]
スープ付きの面
中国で食べたものの写真を見直していると、「スープ付きの面」を蘇州で食べていました。次です。
http://4travel.jp/traveler/nao0880/pict/10866791/
但し、面の器がちょっとスープをぶっかけるには適していませんでした。(やればできたかもしれません。)
2008/07/27(日) 08:22 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
上海人の習慣
上海人(というか南方人なのかな?)にとってスープなしの食事はありえないんですって。だから拌麺や炒飯は通常セットでスープが付いてきます。仮に別注文する方式の店でスープはいらないと言ったら「拌麺是干的Ya!」って逆切れされます(笑)これホント!
2008/07/27(日) 22:19 | URL | 花猫 #PgtEBqSc[ 編集]
nao0880さんへ
広い中国、一口に麺と言ってもいろいろあるのですね。
現地の人的にはスープはかけないのかもしれませんね。
私がかけて食べるのは単に「一碗で二つのおいしさ」がほしいという欲張りな気持ちからです。
2008/07/27(日) 23:29 | URL | ayazi #-[ 編集]
花猫さんへ
北京では汁がないといっても、完全な「干麺」ではないので、スープがつかないのでしょうか・・・
(麺湯はついてきますが、あれはスープとはちょっと位置づけが違うように思います。)
それにしても逆ギレって・・・現地の人にとっては、たとえて言えば和定食におみそ汁がつかないくらい変なことなんでしょうか。
土地土地でいろいろと違うものなのですね。
2008/07/27(日) 23:30 | URL | ayazi #-[ 編集]
スープ好き
ayaziさん、スープは面湯ではなかったのですね。

スープ好き?にはちょっと心当たりがあります。
中国でスープ類が夜4回、昼3回も出された食事会がありました。
無錫の北にある江陰での食事会でした。
http://4travel.jp/traveler/nao0880/album/10169710/
2008/07/27(日) 23:50 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
ほんと、スープがたくさんですね。
オーダーした方がスープ好きだったのでしょうか・・・
これではビールを飲まなくてもお腹がカポカポになってしまいそうですね。

それから、麺湯はあくまで麺のゆで汁なので、スープという位置づけではないと思いますよ。
そばで言うそば湯です、まさに。
2008/07/28(月) 18:19 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。