【九花山烤鴨店】鴨肉菜大全

【九花山烤鴨店】鴨肉菜大全
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ダック料理大全
鴨肉菜大全(ya1rou4cai4 da4quan2)
P1100543.jpg P1100546.jpg

P1100551.jpg P1100552.jpg

【データ】とき:6月24日/ところ:紫玉飯店・九花山烤鴨店/ねだん:?元(チェック忘れました・・・)

北京小王府に続いて、九花山烤鴨店の北京ダック以外の料理もご紹介。

▼北京ダックについてはこちらをどうぞ:
【北京小王府/九花山烤鴨店/金鴨季(DUCK DE CHINE)】北京烤鴨大拼比!

とは言え、最初はダック肉を使った料理ばっかり。
さーて、行きますよおッ。

芥末鴨掌(jie4mo4 ya1zhang3)
P1100543.jpg

ダックの水かきの辛子和え。
ツーンとくる刺激と、意外にさっぱりした鴨掌が好対照。
下に隠れているキュウリの爽やかさも見逃せない。

塩水鴨肝(yan2shui3 ya1gan1)
P1100546.jpg

ダックレバーの塩水漬け。
中華版フォアグラだ。
ここまでの脂肪肝になるために、
ダックちゃんたちは「填鴨式(tian2ya1shi4)」と呼ばれる方法で
餌をごんごんと流し込まれるのだな。

ちなみに「填鴨式教育(tian2ya1shi4 jiao4yu4)」とは詰め込み式教育のこと。
やりすぎると頭の中身もこうなる?

火燎鴨心(huo3liao2 ya1xin1)
P1100551.jpg

ダックの心臓の揚げ炒め。
プリプリのコリコリで、焦げたような醤油の味がよく染みている。
これがこの日一番好評だったかも。

ちなみに大董にもほぼ同じものがある。
【大董烤鴨店】火燎鴨心
こちらはだいぶスタイリッシュ。

雀巣鴨宝(que4chao2 ya1bao3)
P1100552.jpg

巣ごもりダック。
ダック肉を甘味噌風味で炒め、
揚げた細切りジャガイモの「巣」に乗っけてレタスで包んだもの。

P1100553.jpg

ここのバードネストはジャガイモ製だったが、
大董のは春雨製だった。

【大董烤鴨店】雀巣鴨宝

好き嫌いはあると思うけど、私は九花山のバードネストのほうが好みだった。
素朴な感じの甘味噌の味や、細切りジャガイモが琴線に触れたのかも。

北京ダックはそんなに好きではないけれど、
実はダック肉自体はかなり好き。
なのでダックのいろんな部位を使ったこういう料理は基本的に好物だ。

ここでは頼まなかったけど、鴨舌(ya1she2)もいい。
裂いたダック肉を野菜と炒め合わせたものや、
骨付き肉を濃いめの醤油味で煮込んだ土匪鴨(tu3fei3ya1)、
べちゃんこにつぶした燻製アヒルジャーキーの醤板鴨(jiang4ban3ya1)、
首の肉をぴり辛味で調味した鴨脖子(ya1bo2zi)など、
ダックものには好物が多い。

おしまいにダック以外のものをサクッとご紹介。
メニュー名はうろ覚えで必ずしも正確ではないので、
あしからずご了承のほどを。

蜜棗(mi4zao3)/拌涼瓜(ban4liang2gua1)
P1100545.jpg P1100547.jpg

棗の砂糖漬けと、苦瓜の和えもの。

清炒芥菜(qing1chao3 jie4cai4)/上湯娃娃菜(shang4tang1 wa2wacai4)
P1100550.jpg P1100564.jpg

カラシナの炒めものと、ベビー白菜炒めのスープ仕立て。

芫爆肚絲(yuan2bao4 du3si1)/蝦とキュウリの炒めもの
P1100549.jpg P1100565.jpg

香菜とガツの炒めものと、蝦とキュウリの炒めもの(まんま)。

やっぱりダック料理以外はそこそこのお味。
これがこのお店の弱点だ。

他の料理も平均以上においしければ、
もう少しこの店に来る頻度も上がるのになあ。

まあ、何度もはるばる西域にまで遠征するのも大変だから、
私のためにはこれでいいのかもしれないけどね。


■お店情報
九花山烤鴨店
海淀区増光路55号(紫玉飯店内)
010-6848-3481/4518
P1100540.jpg

*西三環北路から東へ延びる増光路に入ってすぐ左手(北側)、
  紫玉飯店の敷地内にあります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されることになりました!

北京のおいしい食べ物と食文化を綴った
『北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!』という本です。

manpuku.jpg

●タイトル:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版184P (内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)
●発売日:  7月25日(予定)

▼詳細はこちらで!
北京の食文化ガイド『北京で「満福」』出版!


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。