【北京の食文化】粽子

【北京の食文化】粽子
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ちまき
粽子(zong4zi)
P1100439.jpg

【データ】とき:6月11日/ところ:オフィス/ねだん:ただ

今更ながら、ちまきネタ。
端午節は6月9日だったからかなり時期はずれだけど、
ちょっとアップしておきたかったので。

ここ数年、端午節はお掃除おばちゃんHさん手作りのちまきとともにやってくる。
東北出身のHさんが作るちまきは、棗の砂糖煮の入ったほんのり甘いちまきだ。

▼お掃除おばちゃんの甘いちまきはこちらから:
【北京の食文化】粽子~今日は端午節!

今年も無事にこの手作りちまきにありついて無事に端午節を迎えられたのだが、
実はもう一つ、ちまきを食べていた。

それがこのミニミニちまきだ。

P1100440.jpg


このちまき、ちょっと変わったところからやってきた。
出所は「武警(wu3jing3)」。
つまり武装警察の司令部が内部向けに配ったちまきなのだ。

実は知り合いの親戚筋が武警の司令部に勤めていて、
「山ほどもらったからayaziにもあげる!」
と分けてくれたのだ。

「いいの?」
と聞いたら、
「いいのよ!あそこの家はなんでも配るほどあるんだから。」

はあ、「なんでも配るほど」、ねえ?
いろんなものが、あるんでしょうなあ・・・

さて、Hさんのちまきは甘い北方中国タイプだったが、
こちらの武警ちまきはお肉が入ったお醤油味の南方中国タイプ。

P1100442.jpg


笹の葉を何枚か使った大振りのHさんのと違って、
こちらは笹の葉一枚でくるりと巻いた一口サイズだ。

「どれにも肉が入っている訳じゃないわよ。
 なにしろ大量に作るから、そんなに丁寧にやってないのよ。
 昔住んでたアパートでみんなで作った時には、
 どのちまきにも一つずつお肉が入るようにしたものだったけど。」

それにしても、武装警察の内部の配り物を口にする機会があるとは思わなかった。
ああいうところはいろいろうま味があるんだろうなあとは思っていたけど、
こんな形でそのおこぼれに預かるとは。

まあ、このくらいのミニミニサイズのちまきくらいなら、
大目に見てもらえるかしら。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されることになりました!

北京のおいしい食べ物と食文化を綴った
『北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!』という本です。

manpuku.jpg

●タイトル:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版184P (内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)
●発売日:  7月25日(予定)

▼詳細はこちらで!
北京の食文化ガイド『北京で「満福」』出版!


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。