【焼酎バー地蔵 Gzou】カレーうどん

【焼酎バー地蔵 Gzou】カレーうどん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1100582.jpg

【データ】とき:6月26日/ところ:陽光100・焼酎バー地蔵 Gzou/ねだん:30元

おいしい中華な生活を綴るブログだけど、本日はちょっと趣向を変えて。
いつもお世話になっている私の「老地方(lao3di4fang)」、
焼酎バー「地蔵 Gzou」だ。

このお店で今出しているカレーが、とてもいい。
キノコやナスなどが入った夏っぽいカレーで、私は個人的に夏カレーと呼んでいる。
(ただし具の内容は日替わり。その時の仕入れの状況次第で違うとのこと。)

ここのカレーは、お出汁の味が利いた「お蕎麦屋さんのカレー」風。
なんだか懐かしい味がする。
カレー専門店の味というよりは、おうちで作るカレーの味。
手作り感の漂う、やさしくてあったかい味だ。

これを丼にして出してくれる。
6月23日版(タイガー・ウッズ表紙)のジャピオンに載っているカレー丼だ。

このカレー丼がなかなか罪深いヤツなのだ。

焼酎バーのカウンターでいい頃合いに酔っぱらっちゃってる時に、
カレーの匂いなんかがカウンターの向こうから漂ってきた日には・・・

酔いで胃袋は全開、自制心のたがはゆるゆる。
このカレー攻撃をかわすのは至難の業だ。

匂いにやられて「俺も!」、「私も!」の声がそこここからあがる。
で、カレー丼は今この店の人気メニューになっているのだ。

その延長線上で、カレーうどん。
わがままを言って白髪ネギと七味もねだり、カレー南蛮うどんにしてもらった。

P1100578.jpg


これがなんだかやたらと心の琴線にふれた。
私はかなりカレー南蛮が好きなのだ。
それもうどん。

きしめん風のこっちの乾麺を使っているので
麺がカレーのパンチにちょっと負けちゃってるのが残念だけど、
それを差し引いても、
かなりおいしいと思う。
ちょっと日本人のソウルフード的なおいしさで、
うっかり油断するとほろりと泣けてくる。

焼酎とセットでいけるってとこも、私にとってはポイントが高いところ。
白波片手にカレー南蛮うどん。
たまらない。

ただし、「いつもあるとは限らないですよ。」とはカレー担当氏の言。
ありつけたらラッキーということで・・・


■お店情報
焼酎バー地蔵 Gzou
朝陽区光華路2号 陽光100C座110号
010-5100-3038
URL:http://www.gzou2005.com/

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ayaziさんへ
私は子供の頃はカレーライスよりもカレーうどんの方が好きでした。
京都では「カレー南蛮」と言えば、短冊切のお揚げさんと青いネギが入っています。おいしいですよ。
2008/07/02(水) 13:57 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
カレー南蛮にお揚げが入っているんですか!
ネギも白髪ネギじゃなくて青いんですね。
同じ日本でも地方地方でいろいろ違って面白いですねえ。
そして、「お揚げ」に「さん」がつくところがまた関西っぽくて実によいですね。
2008/07/02(水) 14:51 | URL | ayazi #-[ 編集]
乾麺
日本の乾麺のうどんも、こちらに住む中国台湾の人たちが、炸醤面や牛肉麺の麺として活用しています。
2008/07/03(木) 01:13 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
手打ち麺がいいのはもちろんですが、保存も利かないし大変ですよね。
日本にいる中国や台湾の方々、北京にいる日本人、手に入るもので代用してなるべくふるさとの味に近くておいしいものを食べたいという気持ちは同じですね。
2008/07/03(木) 01:43 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。