【貴州省駐京弁餐廳】塩酸干焼魚

【貴州省駐京弁餐廳】塩酸干焼魚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

鯉の唐揚げ・挽肉と塩酸菜のそぼろソースがけ
塩酸干焼魚(yan2suan1 gan1shao1yu2)
P1100396.jpg

【データ】とき:6月7日/ところ:和平西橋・貴州省駐京弁餐廳/ねだん:38元

まだ食う。

最後にこんな大物を頼んだ友人を目の前にして、
私は本気で
「この人は満腹中枢がいかれているんだろうか?」
と疑った。
しかしそれに反対し切れない私も私だ。

P1100398.jpg


まあ、こっちには食べきれなくても
「打包(da3bao1)=お持ち帰り」っていう手段があるからね。
つい気も大きくなってしまうのだ。
ついでに胃袋も。

塩酸と聞いて目をむいた人もいるかもしれないが、まあ慌てずに。
どうも貴州省には「塩酸菜(yan2suan1cai4)」という菜っ葉の漬け物があるようで、
要はそれを使った料理なのだ。

小さめの鯉を丸ごと揚げ、
そこに塩酸菜と挽肉を炒めて甘辛に味付けたそぼろソースをかけてある。

P1100402.jpg


実は、鯉を丸揚げした料理はそれほど好きじゃない。
どうしても泥臭さが気になるのだ。
そしてこのそぼろ入りソースがかなり甘口で普段なら進んで食べないのだが、
塩酸菜の塩気とうま味が牽引役となって、
どっこいなかなか箸を置くことができない。

P1100403.jpg


結局かなりの量を食べてしまった。

お持ち帰りした分は、少し水分を足して温め直し、素麺を添えて食べた。
甘じょっぱいそぼろソースと素麺が意外にマッチ。
中華料理のコクのある汁気と素麺って、いい組み合わせなのだ。

湖南料理レストランの岳(嶽)麓山屋で醤椒蒸魚頭を食べた時も、
コクレンの頭を食べ終える頃にゆでた素麺を入れてくれた。

▼旧ブログの醤椒関連記事:
「岳麓山屋・湖南菜でポンポコリン~醤椒蒸魚頭篇」

p1020303.jpg

この食べ方、オススメ!


■お店情報
貴州省駐京弁餐廳
朝陽区和平西橋桜花西街18号 貴州大厦2階
010-6444-4466
P1100404.jpg

*北三環路を和平西橋で北方向に曲がり、すぐ右手(東側)。
貴州大厦の二階です。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
打包
打包、しますね。
私が北京でよく利用していた、龍都国際公寓(大屯)は350元で2LDKまたは3LDKでした。
キッチン・大型冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機付きの部屋でした。
打包しても、十分対応可能でした。
(フロントか食堂にいって皿と鍋を借りる必要がありましたが。)
残念ながら、今はホテル部門をやめてしまいました。

日本で中国からのお客様を招いて、社長主催の食事会でのお話。たくさんの料理を残してしまったので、店の人に打包を頼んでしまいました。
社長から「必要ない」の言葉、私は「もったいない」と包んで持って帰りました。(査定値が下がったかも?)

中国ではレストランで打包をする姿をよく見ます。日本でももっと普及してもよいのにと思ってしまいます。
2008/06/30(月) 08:09 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
初めてコメントします
東内大街でお店で初めてお会いした「MOTO」です。
ayaziさんにお会いできて感激でした!

この貴州のお店、自宅から近いので2度ほど行きました。
煮物系がうまいと思いましたね。

また貴州の白酒「醇」は今では自宅常備のお酒になってます♪
比較的安くて香りもよく、飲みやすいんですよね。
2008/06/30(月) 18:08 | URL | MOTO #-[ 編集]
nao0880さんへ
いい習慣と言いつつ、持ち帰っても結局食べずに自分で捨てる羽目になることも多いのですが・・・(汗)
日本では食中毒を気にするお店もあったりして、お持ち帰りの習慣が普及するのはいろいろと難しいのかもしれませんね。

2008/06/30(月) 19:03 | URL | ayazi #-[ 編集]
MOTOさんへ
小龍蝦のお店で、隣の隣に座っていらっしゃいました・・・よね?
ゆっくりお話もできず失礼いたしました。
ごめんなさい、なんだか予想以上の大人数ですごいことになってしまい、主催者の私が気圧されてしまったのでした(笑)。
貴州大廈は煮物系がおいしいのですね。
じゃあ今度は狗肉かな・・・
2008/06/30(月) 19:04 | URL | ayazi #-[ 編集]
横レスで
失礼しますが、ここの狗肉は素晴らしいです。
本場貴州でもなかなか望めないレベルだと思います。
食べやすさは各地の狗肉鍋の中でも随一ではないかと。是非!
2008/07/01(火) 12:01 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
狗肉マスター酒徒さんがそうおっしゃるなら、間違いありませんね!
たぶん狗肉ミストレスも同意されているのでしょうし。
次は絶対に狗肉、行きます!
2008/07/01(火) 14:57 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。