【林家小館】麻婆脳花蓋飯

【林家小館】麻婆脳花蓋飯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

麻婆脳味噌丼
麻婆脳花蓋飯(ma2po1 nao3hua1 gai4fan4)
P1100096.jpg

【データ】とき:5月16日/ところ:西大望路・林家小館/ねだん:麻婆脳花38元、白米飯3元

この日の林家小館の会食は、実はjiyanさんのご希望により実現した。
ここの麻婆脳花を食べることを励みに論文を執筆していたというくらい
大の麻婆脳花ファンのjiyanさん。
このたび無事論文提出を果たしたということで、そのお祝いの脳味噌の宴だったのだ。

ただ、人数は揃ったほうがいいだろうということで、
県人会で脳みそオッケー?な方たちにお声がけをし、
6名の大所帯で脳味噌な食卓を囲むこととなった。

「一人で一皿、いや、二皿はいける。」
と豪語していたjiyanさんに敬意を表し(?)、いきなり二皿注文。

P1100089.jpg


相変わらずのインパクトあるお姿・・・

いきなり二皿で店員さんを困惑させた私たちだが、
脳みそ麻婆、結局三皿頼んだ。
しかもその三皿、きれいに完食である。

なぜにそんなに大量の麻婆脳花を食べることになってしまったのか。
まあjiyanさんがホントに一人一皿は食べただろう!
という猛烈な食いっぷりを発揮したのは置いといて、
もう一つの大きな理由がこの記事のタイトル、麻婆脳花蓋飯だ。

そのきっかけは、麻婆脳花を目の前にしたKさんが、
「なんか白いご飯ほしくなっちゃったー」
と言ったこと。

それを聞くやいなや
「私も。」
「ボクも。」
と次々と手があがり、白ご飯を一気に注文。
ホカホカ白ご飯がやって来てみれば・・・
やっぱりこうしない訳にはいかないだろ?
ってことで、白ご飯にのっけた脳みそ麻婆丼をそれぞれ作成したという訳なのだ。

これ、大変危険な食べ物。
脳みそどころか、ご飯もバクバク行けちゃう。
これが豚の脳みそだなんてことは意識のはるか彼方に飛び去り、
残るは食い意地ばかりなり。

でも、円卓囲んで脳みそ麻婆丼をがっつく日本人6人。
なかなかインパクトのある図ではあった。

【おまけ】

また頼んじゃった鮮椒鱸魚(xian1jiao1 lu2yu2):93元。
P1100090.jpg


本日のつけあわせ野菜もウオスン。
スズキの下に隠れてます。


■お店情報
林家小館
朝陽区西大望路20号
010-8777-5855
*西大望路(SOHO現代城東側の南北の道)を南へ進み、
  線路をくぐってしばらく行ったところ。道の右(西)側にあります。
  面酷(Noodle Loft)の入り口左側にある通路のような入り口から入ります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
う~ん、ayaziさんの写真はいつも美味しそうに撮れてますよねぇ。こんな照りのある脳味噌丼を見てしまったら…また食べたくなっちゃったじゃないですか(笑)
店員さん、困惑してましたっけ?してただろうな、なにせ3皿完食ですから…(笑)
2008/05/29(木) 09:24 | URL | jiyan #-[ 編集]
ぐは。
これは反則ですよ。むちゃむちゃ旨そうじゃないですか!
あー、喰いたい。喰いたい。それしか出てこない~。
2008/05/29(木) 11:27 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
蓋飯
アジア各国でみかけるご飯におかずをのっけたもの、これをayaziさんならどう書かれるのだろうかと思っていました。今回は器が丼のような碗なので、まさに麻婆脳味噌丼はピッタリだと思いますが、このような皿に盛られた場合はどうでしょう?
http://ameblo.jp/huhehaote/entry-10002409358.html
ぶっかっけ飯と書かれる人もいるのですが、私の中では、汁物をかけなきゃぶっかけじゃないんじゃないの、という感じでなんです・・・。
2008/05/29(木) 12:37 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
jiyanさんへ
はい、困惑っていうか、数間違えてました。
最初のオーダー時に「三皿」とか口走ってたし(いきなり二皿頼んでびっくりして数の概念がおかしくなったらしい・・・)
食い倒れ月間ですもの、またどうぞ!
いっぱい走ってるし、そのくらいのご褒美あってもいいですよ。
2008/05/29(木) 13:20 | URL | ayazi #-[ 編集]
酒徒さんへ
むふ。
むちゃむちゃ旨かったですよー!!
また出張つくって喰いに来てくださいー!
2008/05/29(木) 13:22 | URL | ayazi #-[ 編集]
ジミー荒川さんへ
これ、実はご飯茶碗なので「丼」と言うには器が小さいんですけどね。
食べてる最中からみんなで「麻婆脳味噌丼、ドン!」連呼状態だったので、自然に「丼」になりました。
リンク先のものは「魚香肉絲ごはん」とか「魚香肉絲メシ」、はたまた「魚香肉絲ライス」じゃだめでしょうか・・・ほら、「カレーライス」もあることだし。
これだと「のせている」とか「かけている」感じが出ないか・・・じゃあ、「魚香肉絲かけご飯」ですかねえ。

ちなみに私自身は、「ぶっかけ」、とくに「ぶっかけ○○」はあまり使いません。
讃岐うどんなんかの「ぶっかけ」の時しかなじみがないんです。
「ぶっかける」は時々使うかもしれませんけど。
確かに、魚香肉絲は汁気がなくて「ぶっかける」というよりは「のっける」のほうがしっくり来ますね。
あれ?でも「かけ」だけなら私も使ってるな・・・「ぶっ」に汁気感があるんですかねえ。
2008/05/29(木) 13:41 | URL | ayazi #-[ 編集]
ぶっかけ
ayaziさんも僕と同じですか。ぶっかけだと辞典上も、液体や粉状のものを勢いよく注ぎかけるという意味なので、ご飯にすぐにしみ込むような汁っぽいものじゃないとしっくりきませんよね。吉野家の牛丼汁だくが境界線かな。

魚香肉絲のせ飯はどうでしょう?魚香肉絲飯でもいいか。
2008/06/04(水) 07:52 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
私の語感では、「ぶっかけ」と言えるかどうかは「かける時に勢いがあるかないか」にかかっているように思います。
こう、「ババッと」とか「ジャジャーッと」とか。
ほら、「粉」もオッケーみたいですし。
「魚香肉絲のせ飯」、「魚香肉絲飯」、またまた「魚香肉絲のっけご飯」、このあたりならどれでもいいと思いますよ。

2008/06/04(水) 13:40 | URL | ayazi #-[ 編集]
魚香肉絲飯かな
粘り気が多いと、ババッとかけられませんものね。

日本では麻婆豆腐をのせた飯を、麻婆豆腐飯とか麻婆飯とか呼びますからね。魚香肉絲飯が妥当でしょう。
2008/06/05(木) 13:00 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
そうですね、粘りけがあると「ぽってり」のっける感じですね。
「魚香肉絲飯」、いいんじゃないでしょうか?
2008/06/05(木) 15:03 | URL | ayazi #-[ 編集]
丼類
その後、僕のBLOGでも話題にして考えてみたのですが(下記)、
http://blogs.yahoo.co.jp/jimmy_arakawa/33582564.html
容器の形に係わらず、深川飯のようなぶっかけ飯と呼んでもおかしくない汁たっぷりのものも含めて、蓋飯は、丼と呼んでいいのではないかという結論に達しました。
2008/06/13(金) 21:37 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
私は平たいお皿版は「ノッケ」に一票かな。
語感もお茶目(?)でかわいいし。
でもまあ、どれでもいいですよ~

2008/06/15(日) 13:47 | URL | ayazi #-[ 編集]
そうですね
ノッケも良いですね。でもぶっかけは慎重に使おうと思っています。中国人はおかずをご飯にぶっかけて食べると書くと、読んだ人に中国人が粗暴であるかのような印象を与えてしまいますものね。
2008/06/21(土) 11:40 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
こちらの方はおかずをご飯にかけて食べる人も多いですし、食堂でトレイに盛りつける時など、おかずにご飯をかける(!)人もまた多い(特に男性)ですよ。
それにしても、「ぶっかけて食べる」って粗暴ですか?
だったら私、すごく粗暴です・・・
2008/06/22(日) 15:25 | URL | ayazi #-[ 編集]
のっけてます
僕も中国の工場の社員食堂では、いつもご飯に何種類ものおかずをのっけて食べていましたよ。外の食堂でも、麻婆豆腐を注文すればご飯にかけるし。語感の問題です。
2008/06/22(日) 17:18 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
ご飯を「汚して」食べるのって、おいしいですよね。
日中問わず、好きな人は多いと思います。
2008/06/22(日) 18:06 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。