【海碗居】炸蚕蛹

【海碗居】炸蚕蛹
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

蚕のサナギの揚げもの
炸蚕蛹(zha2can2yong3)
P1100059.jpg

【データ】とき:5月11日/ところ:松楡里・海碗居/ねだん:15元(個室価格)

「お、こんなのがある!」
とL氏が嬉々として最後に頼んだのがこれ。

お蚕さんのサナギ。

こういうものを食べると、
ゲテモノ食いとか、いかもの食いとか、悪食とか言われてしまいそうだけど、
蚕のサナギは北京では別段変わったものでもなく、
割と普通に食べられているものだ。
現にウチの近くのスーパー京客隆にもフツーに売れられている。

L氏もその友人も、
「小さい頃食べたなあ。」
「栄養満点なんだよ。」
なんて言いながら平気な顔して箸を伸ばしていた。

世界にはいろんな人々がいて、
それぞれ独特の食文化があって、
(だからこそ楽しいのだと思うのだけれど)
食べる食べないは自由だけれど、
自分たちが食べないからって奇異な目で見たりあからさまに否定するのは
私は気が進まない。

食のものさしは、お国によって、民族によって、実にさまざま。
生魚を食べない人たちからすれば、
タコやらイカやらマグロやらを刺身で食べる日本人だって、
十分悪食ってことになる。

で、肝心のサナギの味はというと、
皮はパリッと香ばしくて、
中身はちょっとかために作った茶碗蒸しみたいな感じ?

P1100061.jpg


別段気味悪くもなく、普通においしかった。

さて、蚕のサナギの他にも爆肚炸灌腸を頼んで、
P1100057.jpg P1100042.jpg


L氏のオーダー、ここに完結。
これがその全貌だッ!

P1100062.jpg


基本の白酒はちょっと気張って高めのものを。

小青磁花高梁酒(xiao3qingci2hua1 gao1liangjiu3):130元
P1100049.jpg


キッツーッかったけど、割とまろやかで飲みやすい白酒。
私はちょろりちょろりと嘗める程度にいただく。

シメは当然、炸醤麺。

▼海碗居の炸醤麺についてはこちらからどうぞ。
【海碗居】炸醤麺

いやはや、よく食べました。

P1100063.jpg



■お店情報
海碗居(松楡里店)
朝陽区松楡南路36号
010-8731-3518
*華威橋から東へ2㎞。道の南側にあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
この断面写真、ボクの予想と大きく違いました。白子みたいな液状のものがドロッと出てくるものだと思ってましたけど、結構しっかりとしてるんですね。ということは、サナギの串揚げもこんな感じなんでしょうか。う~ん…。
2008/05/23(金) 00:22 | URL | jiyan #-[ 編集]
まいりました。
とんねるずの「食わず嫌い」に出たら、嫌いなものが無いから困るわ~って思ってましたが(?)、ありました。さすが、ayaziさん。まいりました!
2008/05/23(金) 01:49 | URL | みれん #-[ 編集]
ギョエーッ!!出たぁーっ!!
やはり、コレだけは、どうも・・・
イナゴまでは食いますが、コレは見ただけで・・
【業務連絡】
明日のオフ会、うちのカアちゃんも出ますので、宜しくお願いします。
1人増えますが大丈夫でしょうか。
カアちゃんは上海人です。
2008/05/23(金) 08:58 | URL | 井上@亜運村@北京 #2AkPuCis[ 編集]
jiyanさんへ
そうそう、私もドロリと中身が溶け出してくるんじゃないかと思ってました。
なのでちょっと拍子抜け。
食べると別になんてことない味ですよ。
ドロリはたぶん生食した場合・・・?

2008/05/23(金) 12:10 | URL | ayazi #-[ 編集]
井上@亜運村@北京さんへ
これは意外とダメな方が多いですねえ。
臓物はいけても虫は守備範囲外ということでしょうか。
オフ会1名追加とのこと、もちろん大丈夫ですよ。
ご夫妻にお会いできますことを楽しみにしております。
2008/05/23(金) 12:12 | URL | ayazi #-[ 編集]
みれんさんへ
(あら、順番間違っちゃった・・・ごめんなさい!)
みれんさんもだめでしたかあ・・・
嫌いなのにこれをニコニコしながら「おいしい!」とウソついて食べるのは、さすがに厳しそうですねえ。
2008/05/23(金) 12:15 | URL | ayazi #-[ 編集]
その昔、
唐揚のサナギを食べたときはどろりと出てきた記憶があるんですよね。調理法の違いなのか、サナギの種類の違いなのか。これは見た目さえなければ、いいビールのつまみなんですけどねえ。。

以前、↓のHPの話ってしましたっけ?
http://www.bekkoame.ne.jp/~s-uchi/musikui/musikui.html
この境地に達するにはまだまだ修行が足りません。
(リンク先、下にクリックしなければ安心してご覧頂けます。笑)
2008/05/23(金) 12:59 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
なにか下処理をしてあるんでしょうか、どろりがないのは。
そうそう、見た目がやっぱりちょっと、ね。
それに一個一個が結構でっかいってのもハードルを高くしてますよね。

それにしても、このHPはすごいですねえ!!!
さすがに私もここまでは・・・
同じ虫愛ずるのであれば、養老先生のほうが共感できるかなあ。
虫は拒絶はしないけど、自ら好んで食べるというところまではほど遠いです。
私もまだまだ修行が足りませんなあ。
2008/05/23(金) 14:31 | URL | ayazi #-[ 編集]
おー。
前にお話したかとは思いますが、
実はまだ未食です。
中身「どろり」のハードルは高く、まだ挑戦していませんでした(笑)
サソリはカリカリなのでOKなのですが・・・。
今回、「どろり」でないものもある
との事で勇気を頂きました!
有難う御座います。
2008/05/23(金) 17:22 | URL | もぱぐぅ。 #-[ 編集]
もぱぐぅ。さんへ
あれー、「どろり」がダメ、とな。
もぱぐぅ。さんにもハードルの高いものがあったなんて、意外。(お話聞いたかもしれないけど、記憶が飛んでおります・・・)
海碗居のものは少なくとも「どろり」じゃなかったですよ。
訪燕時に、いっときます?
2008/05/23(金) 18:00 | URL | ayazi #-[ 編集]
明日、よろしくお願いいたします
ayaziさん、お久しぶりです。
以前、お茶のお料理でお会いしました。明日、私たちのオフ会にゲストとして参加してくださるとの事、ありがとうございます。
お蚕さんのサナギ、私、普通に好きです。ゲテモンだなんて思いません。
炒めたのは、家でも食べますが、揚げたほうが美味しそうですね。
このお店、興味津々です。北京では、まだ、これっていう炸醤麺を食べてないので、ぜひ行ってみたいと思います。
明日、楽しみにしています♪
2008/05/23(金) 19:57 | URL | yumi #-[ 編集]
yumiさんへ
以前の茶葉料理に続いて一緒に食卓を囲めることを楽しみにしております。
お蚕さんのサナギが普通にお好きとのこと、しかもご自宅で炒めて召し上がるのですね。
そのあたりも詳しくお話を伺えればと思っております。
2008/05/24(土) 16:16 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。