【寧夏自治区駐京弁餐廳】手工拉麺

【寧夏自治区駐京弁餐廳】手工拉麺
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

手打ち麺
手工拉麺(shou3gong1 la1mian4)
P1100030.jpg

【データ】とき:5月7日/ところ:安定門内・寧夏駐京弁餐廳/ねだん:10元(小碗)

寧夏駐京弁餐廳ではいろいろと寧夏料理を楽しんだのだが、
実は一番のお楽しみになったのがこれ。
実演手打ちショーつきの牛肉麺だ。

拉麺(la1mian4)の拉(la1)が長く伸ばすという意味なのは有名だけど、
こうして実際に見てみると、
「ふむ、まさに“拉”なのね。」
と実感する。

では、寧夏手打ち麺の実演ショーをお楽しみあれー。

まずはこねた小麦粉のかたまりを手にとり、
油をつけてビヨンビヨーンと伸ばして折りたたむ。
P1090998.jpg P1090999.jpg


これを何回か繰り返して、3つくらいに切り分ける。
切り分けたものを手にとり、
さて、ここからがビヨンビヨーンの本番。
P1100005.jpg P1100020.jpg


ちょちょいのちょいと手を何度か交差してぶるんぶるんのビヨンビヨーン。
P1100024.jpg P1100028.jpg


出来上がった麺は左奥のお湯でゆでて、右奥のスープを注ぐ。

P1100019.jpg


そこに牛肉、葱のみじん切り、香菜のみじん切り、ラー油を垂らせば、
寧夏風の手打ち牛肉麺の出来上がりだ。

P1100029.jpg


あらま、ビヨンビヨーンとあっという間に出来ちゃった割には、結構細いじゃないの、この麺。

麺はつるつるとした舌触りで、いつの間にか吸い込まれていく。
シコシコまではいかないが、それなりに腰があって「麺食ってる感」も十分。

牛肉はよく煮込まれて味がしみしみ。
P1100031.jpg

それを下支えするスープはあっさりとした飲みやすいお味なのが好対照だ。
あっさりとは言え、うま味とコクはしっかり。

うん、この麺はいい。
羊料理と言わず、この麺だけ食べに来てもいいな。

実際、私たちの近くにいた西洋人とおぼしき(いや、もしかしたら回族かな)女性は
大碗の拉麺のみを注文してサクサクッと食べて帰って行った。

むむ、なんだか格好いいぞ。
次は私もマネするか。

北京で手打ち牛肉麺をおひとりさまする女。
し、しぶすぎっすか?


■お店情報
寧夏駐京弁餐廳
安定門内大街分司庁胡同13号 寧夏大厦2階
010-6400-9999
*安定門と交道口の中間あたりにある分司庁胡同を西側に入っていったところにあります。
 周囲の胡同から浮いている妙に豪華なビルが寧夏大厦です。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
おいしそう・・・
そうなんです!
こういう麺を食べたかったのですが出会えませんでした。
次回は是非いきたいと思います

みてるだけで涎がでます(笑)
2008/05/17(土) 00:04 | URL | めいしゃん #-[ 編集]
めいしゃんさんへ
北京にはこれだけスープがたっぷり入った麺ものは少ないんです。
蘭州拉麺くらいかな・・・
でもチェーン店なのでお味はそこそこ。
ここのはかなりおいしかったですよ!
次回いらしたら、ぜひ行ってみてください。
2008/05/17(土) 12:19 | URL | ayazi #-[ 編集]
手工拉麺
中国では、日式拉面店以外で拉面がスープに入った麺料理を指すことはないと思っていたのですが、青島にラーメンのような拉面があることを先日知りました(下記)。
http://blogs.yahoo.co.jp/qianhui810jp/8276609.html
北京にもラーメンのような手工拉麺があるんですね。

最近日本では「スープオフ麺」とか「汁なし」とか「まぜそば」と言われるものが流行っております。以前から中国の拌面の普及を願ってる私は「まぜめん」という言葉を使っていましたが、「まぜそば」が優勢の模様です。
http://blogs.yahoo.co.jp/jimmy_arakawa/33008976.html
2008/05/18(日) 17:09 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
私の経験上では、拉麺はスープ麺であることが多いです。
青海省や寧夏系はみんなそうだし、上海でも拉麺(ひきのばした麺)でスープ麺がたくさんありますよ。

青島のこのお店、おそらく回族の方がやってるお店だと思います。
馬さん(回族には馬姓が多い)だし、店名が緑(イスラームの色)だし、メニューにもやたらと牛肉系が多いし。
青海や寧夏ではスープに入った拉麺が食べられるので、このお店もそのあたりがルーツの回族がやっていらっしゃるのではないかと思います。

ところで、青島だけでなく北京でも、青海系(たぶん)の蘭州拉麺とか馬蘭拉麺とかのチェーン店ではスープ麺が食べられます。
逆に言うと、「青島にも北京にも日本のラーメンのようなスープ麺がある!」ということではなく、そこにスープ麺を食べる習慣のある人たちがお店を出しているのだと考えたほうが正しいかもしれません。
私が今回拉麺を食べたこのレストランもそもそも寧夏自治区の経営です。
でもあくまで地方料理のレストランですから、ここの麺をもって北京にもスープたっぷりラーメンがあるとするのは、ちょっと違うかもしれませんね。
北京はなんたって首都なので、地方出身者向けにいろんな料理を出すレストランがありますから、極端な話なんでもあったりする訳で。

ところで、日本でも中国語で言うところの「拌麺」が流行っているとのこと。
麺ではなく「そば」が優勢なのは、焼きそばを焼き麺と言わないことの影響でしょうか。
あとは、私の個人的な語感では、「まぜめん」だと座りが悪いというか、前に何かつけたい気持ちがして落ち着かないけど、「まぜそば」だと名詞としてピシッと決まった感じがするように思います。
まあ、私は単なる食いしん坊なので、おいしければまいっかーってなところもあるんですけどね。




2008/05/18(日) 21:04 | URL | ayazi #-[ 編集]
そば
とすると、中国人でも字の意味から離れて、拉面と聞いてスープに入った麺料理のことを思い浮かべることがあるわけですね。

麺は外国から来た言葉というイメージが強いけど、そばは(実際はわかりませんが)日本古来の麺を意味する単語というふうに思われてるのかな。やきそば、もやしそば、ごもくそばは、皆蕎麦ではないですからね。
2008/05/18(日) 23:14 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
中国全体でどうかは分かりませんので、北京ではという限定付きでお話をしますね。
拉麺=スープたっぷり麺というイメージは確かにあると思います。
現に、「拉麺って言ったらどんな麺を思い浮かべる?」と友人に聞いたら、「蘭州拉麺みたいなの」という答えでした。
「それってスープがたっぷりある麺ってこと?」と確認したら、「そうだ」とのこと。

そもそも北京で麺(この場合は麺条のことですね)と言えば、通常は切麺(日本のうどんやそばのように包丁で切ってつくる麺)を指すことがほとんどで、これは炸醤麺のようなあんかけ麺タイプであることが多いです。
ジミーさんのおっしゃる「まぜめん」タイプですね。

一方、拉麺(ひっぱってのばす麺)と聞くと思い浮かぶのは、蘭州拉麺のような青海や寧夏で食べられている麺で、それは普通スープに入っている。
だから拉麺→スープたっぷり麺というイメージになるという図式です。

ただ、ここで言う拉麺は、日本で言うところのラーメンでなく、あくまでひっぱってのばす製法でつくられた麺であるということだけ念頭に置いていただければと思います。
でないと、「北京にも(日本人がイメージするところの)ラーメンがあって、しかもそれはやっぱりスープたっぷりだった」という、合ってるようで実は事実と違った認識になってしまいますので。

「そば」は狭義では蕎麦粉を使って作るいわゆるお蕎麦、広義では中華そばも含むとあります。
やきそば、もやしそば、ごもくそば、どれもこの広義での「そば」にあたりますよね。
だから私は「まぜそば」でも問題ないと思いますよ。
正直なところ、大雑把な性格なもので、どっちでもいいです。
なので言葉の定義の話はこのへんで。

2008/05/19(月) 13:03 | URL | ayazi #-[ 編集]
ありがとうございます
上海や北京に住んでいる日本人のBLOGに登場する蘭州拉面は、必ず湯面なんです。拉面に日本のようなラーメンを求めているからなのかな?と思っていましたが、北京人も拉面と聞けば湯面を思い浮かべるのですね。

また北京で麺と言えば通常切面というのは、切面の普及活動をしている僕としては嬉しい話です。
2008/05/19(月) 23:40 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
蘭州拉麺はおそらく全国的に湯麺だと思います。
もともとそういうものですしね。
日本人のBLOGに蘭州拉麺がよく出てくるのは、スープ麺に対するノスタルジーなのでしょうか。
上海はともかく、北京で気軽に食べられるローカル系スープ麺っていうと、蘭州拉麺になっちゃうんでしょうね。
2008/05/20(火) 17:28 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。