【羊湯館】北平羊湯館的新門臉

【羊湯館】北平羊湯館的新門臉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

北平羊湯館の新しい看板
北平羊湯館的新門臉(bei3ping2 yang2tang1guan3 de xin1 men2lian3)
*「臉」の発音表記を書き間違ってました。「liang3」ではなく「lian3」です。訂正しました。ハズカシー。
【データ】とき:5月6日/ところ:工体東路・羊湯館/ねだん:-

北京のトラディショナル・ファーストフードのお店、北平羊湯館。
日本で言うとおそば屋さんみたいなイメージだろうか。

羊肉湯(yang2rou4tang1)を注文すると、
ぽぽいのぽいっと具をどんぶりに放り込み、
大鍋からジャーッ、ジャーッとスープをかけてハイ出来上がり。
ほんの1分ほどでテーブルにやってくる。

▼羊肉湯のジャーッについてはこちらをどうぞ。
【北平羊湯館】羊肉湯

店中にムンムン充満する羊肉の匂いの渦。
羊肉湯と焼餅をさくっと食べて帰って行く人もいれば、
前菜を肴にビールや白酒で盛り上がるおっさんたちもいて、
そうかと思えば家族連れがテーブルを囲んでいたり、
デートとおぼしきカップルもズズッとどんぶりから春雨をすすっていたりする。

羊肉湯そのものと飾り気のかけらもない庶民的な雰囲気がこのお店の魅力なのだが、
もう一つ見落とせないのがこの時代がかった看板。

P1070811.jpg


看板の左上にあるのは「黄」の篆書体。黄さんが営む老舗の羊肉スープ店だ。
「北平(bei3ping2)」は北京の旧名。

夜の帳が落ち、怪しい光を放つ姿もまた妖しげでそそられる。

P1070767_1.jpg


ところが、この情緒あふれる看板が最近変わってしまった。
それもあろうことか、こんな味もそっけもないプラスチック感漂う看板に変わってしまったのだ。




最初にこの看板を見た時は、あまりの安っちさに残念を通りこしてショックだった。
経営者が変わってしまったのかとさえ思った。

「どうして看板変えたんですか?前の看板のほうがよかったのに残念。
 経営者が変わっちゃったんですか?」
店員さんに聞いてみたら、
「経営者は変わってませんよ。」
とのこと。
「じゃあどうして?」
「看板を掛け替えるように言われたんですよ。オリンピックだから。」

ああ、そういえばここのところ道沿いのお店が軒並み看板の掛け替えをしてたっけ。
目立つところだけきれいにすればいいっていう、
例のお得意の張りぼて作戦だ。
でもあれは見るからにボロボロだとか、汚れてみっともないとか、
そんな看板だけが対象で、
北平羊湯館みたいな情緒のあるのは対象外だと信じ切っていた。

北京はどうも自分たちの良さがどこにあるのかをちっとも分かっていないようだ。
このプラスチック製のチープな看板のどこがいいというのだろう?

救いは、羊肉湯の味が変わっていないということ。

P1090989.jpg


せめてこれだけは、いつまでも変わらずにいてほしい。


■お店情報
羊湯館(「北平」がなくなってしまいました・・・)
朝陽区工体東路14号(工人体育場東門向かい)
P1090921.jpg


*この後、なぜかまた看板が変わりました。今度は赤・・・
P1110163.jpg


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
中国風
同感です。
元の看板、表通りから消えたのは残念ですね。
こんな看板を集めて、歴史的景観地区にでもすれば、人気が出るかもしれません。少なくとも、私は好みです。
2008/05/13(火) 12:21 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
歴史的景観区ですか。
明治村みたいな感じになるんでしょうか。
でもやっぱり、こういうものは生活の場で使われてなんぼだと思うのです。
命のなくなった看板だけ集めても、なんだかカナシイ気持ちになってしまうかも。
2008/05/13(火) 13:01 | URL | ayazi #-[ 編集]
本当にもう
この手のやるせない話には事欠きませんね、この国は。
悲しみ、呆れ、怒り。
どう表現したらいいんでしょう、この気持ちは。
2008/05/13(火) 16:18 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
そうですね
そうですね。中身付でないと意味ありませんね。
私の住む大阪でも、古くからの立ち飲みや居酒屋がどんどん減っているように思います。あるいは大衆食堂も。
私の好きな町、新世界とその南に拡がる西成地区でも同様に減少しているみたいです。
2008/05/13(火) 17:11 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
酒徒さんへ
やるせないです、ほんと。
テーマパークのような往時の街並みを再現するより、こういうお店の外観に手をつけないことのほうが、よっぽど景観美化に貢献するのに・・・
2008/05/13(火) 19:32 | URL | ayazi #-[ 編集]
nao0880さんへ
中身付きがいいですよね、やっぱり。
まあでも、なくなったものをいつまでも嘆いていても仕方ないので、せめてお店自体がなくなったりしないように、これからも通って羊肉湯を食べることにします。
2008/05/13(火) 19:35 | URL | ayazi #-[ 編集]
やな感じ・・・
やな感じのお話ですね。
設備の便利さを選んで、京都から町屋が姿を消すとの、ちょっと違った話で・・・

体裁を整えるためだけの変更ってのはねぇ・・・ぜひ、味は変わらないでいて欲しいです。

このお店は、ayaziさんが最初に記事にされた時点で、うひーって思ってました。私は粉粉星人で、臭臭部族で、甜甜団隊長なんですが、なおかつ羊虫なんですよ。羊食べたーい♪

台湾でも羊はよく食べられてるようですが、ヤギが大半なんですって。
北京はどうですか?

台湾は、羊だとヤギで、本当に羊の場合は「綿羊」って表記されてると教えてもらいました。
2008/05/14(水) 16:14 | URL | おまつ #mQop/nM.[ 編集]
おまつさんへ
ほんとですね。
せめて味だけは変わらないでいてほしいと心から願ってます。

ところで、おまつさんは粉粉星人で、臭臭部族で、甜甜団隊長で、なおかつ羊虫!
甜甜はともかく、それ以外は台湾よりは断然北京ですよ、北京!
ぜひ一度お越しください!

その羊ですが、普通にヒツジで、表記も単純に羊です。
ヤギだと山羊です。
綿羊だとその名の通り羊毛を取るための羊さんを指すと思います。
2008/05/14(水) 18:40 | URL | ayazi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/19(木) 00:51 | | #[ 編集]
看板の付け替え
昨日、見た北京の街。
特に散策した牛街の街で、看板の付け替え作業を数箇所で見ました。
古い看板を、統一規格のプラスチックのものに付け替えていました。
特に表通りのお店はオリンピック前に付け替えの指示が出ているような気がしました。
横並びに同じ台板を使って、複数の商店が同じ規格の看板文字を取り付けているのが中国らしく感じました。
由緒正しい?看板が取り替えられるのが、味気なく思えました。

今日は仕事を終えて、別府温泉に宿泊しています。屋上露天風呂に今から行ってきます。
2008/07/11(金) 22:55 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
おっしゃる通り、統一規格看板への付け替えの指示が出ているようです。
この街は今、「統一病」にかかっているようです。
統一しちゃえば楽ちんですからね。
多様性を許すには、ひとつひとつが美の基準を満たすかどうかをいちいち判断しないといけませんから。
自分たちの美意識に自信がないってことだと私は思ってます。
2008/07/13(日) 10:30 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。