【皇城根[衣荅][衣連]火焼】[衣荅][衣連]火焼秀

【皇城根[衣荅][衣連]火焼】[衣荅][衣連]火焼秀
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

棒餃子ショー!
[衣荅][衣連]火焼秀!(da1lian huo3shao1 xiu4)
P1090904.jpg

【データ】とき:4月22日/ところ:寛街・皇城根[衣荅][衣連]火焼/ねだん:一両で3元程度

さて、しれっと皇城根[衣荅][衣連]火焼の鴨血入り酸辣湯をアップしたけれど、
この日ご一緒したのは出張で北京にいらした酒徒さん
「東興順爆肚張で爆肚、皇城根[衣荅][衣連]火焼で棒餃子の黄金コンボを決めたい!」
という熱いご要望を受け、
モツ大好きで強力胃袋の持ち主、jiyanさんにもお声をかけて、
モツモツ大好きトリオの「爆肚→棒餃子」のはしごを敢行したのであった。

▼東興順爆肚張の爆肚についてはこちらから。
【東興順爆肚張】爆肚!我的大愛!
(二回分まとめてアップしてますが、コンボ前半戦はこの記事の夕刻版部分。)

酒徒さんとayaziと言えば、皇城根[衣荅][衣連]火焼はいわく付きのメニュー。
前回ご一緒した「北京小吃紀行」の際に、
営業時間チェックを忘れたayaziのせいで食べ損ねてしまったのだ。

▼そこらへんの事情はこちらから。
後海・北京小吃紀行

東興順爆肚張で暮れなずむ前海を見ながら、
燕京ビール片手にモツモツな至福の時を楽しみ、
「では、棒餃子、いっときますかね。」
とお店を後にして寛街まで徒歩移動。
それなりにふくらんだ小腹を気持ちだけは減らして皇城根[衣荅][衣連]火焼に到着。
ようやく棒餃子とご対面である。

棒餃子、棒餃子と呼んでいるが、正式名は[衣荅][衣連]火焼(da1lian huo3shao1)。
その形が往時使われていた布製の物入れ兼財布「[衣荅][衣連](da1lian)」に似ているので
この名がある。

▼[衣荅][衣連]ってどんなの?という方はこちらをどうぞ。
【皇城根[衣荅][衣連]火焼】[衣荅][衣連]火焼
*リンクページが間違ってました!ごめんなさーい。訂正しました。

さて、そんな脇道の話はさておき、黄金コンボの後半戦開始!
まずは牛肉、豚肉、羊肉の三大カテゴリー(勝手に決めた)の中から
それぞれ一種類ずつ注文。
棒餃子ショーの開幕!

<牛肉部門>
牛肉茄子(niu2rou4 qie2zi)
P1090906.jpg

賽の目に切られた茄子と牛肉の組み合わせ。
酒徒さん曰く、
「前に食べた時はもう少し茄子が大きかった」
とのこと。
コックさんが細かい人に変わったか、
とにかく包丁を振り下ろしたいくらいストレスがたまっていたのか。
確かにもう少し大きめのほうが茄子の存在感が出て
牛肉とがっぷり四つになってバランスとれたかも。

<豚肉部門>
猪肉西葫蘆(zhu1rou4 xi1hu2lu)
P1090907.jpg

(もしかしてもしかすると、茄子と西葫蘆の写真が逆かも・・・)

豚肉と西葫蘆。
西葫蘆のシャキシャキ食感がまだ残っててよし。
西葫蘆は何に入ってても好きさ。

<羊肉部門>
羊肉胡羅卜(yang2rou4 hu2luo2bo)
P1090905.jpg

羊肉と人参。
餃子系にする時に羊肉のあんが食べたければ、断然人参がオススメだ。
合うんだな、羊肉と人参。

この三種類をすべて二両ずつオーダーして、強力胃袋が再起動。
酸辣湯で口を湿しつつ、
カリカリに焼かれた皮と、
ジューシーでやわらかい餡とを同時に楽しんでいるうちに、
あっと言う間に六両分の棒餃子が三つの胃袋へと消えていった。

「どうします?まだ行けますよね?」
いちおう聞いてはみたが、そりゃあ聞くだけ野暮ってもんだ。
当然追加オーダー決定。

頭をつきあわせて相談を開始する。
「尖椒ものはどうですか?」
「いいですねえ。」
「牛肉が合うと思いますよ。」
「そうですね!牛肉にしましょう!」
はい決定。

<牛肉部門>
牛肉尖椒(niu2rou4 jian1jiao1)
P1090910.jpg

牛肉、尖椒の組み合わせ。

やっぱり尖椒は牛肉で正解だった。
ちょっと辛みのあるピーマン系の青臭さが牛肉のくさみをいい具合に消している。

<豚肉部門>
猪肉茴香(zhu1rou4 hui2xiang1)
P1090911.jpg

豚肉と、北京っ子が愛してやまない草、もとい野菜、茴香。
茴香食べると北京だなーって思うのよね。

この二種類も二両ずつ頼んだので、合計十両、つまり一斤ってことか・・・
三人で一斤、さらに酸辣湯に前菜を二皿ってことだから、
そんなにむやみやたらと食べた訳でもないか。

あ、コンボの前半戦で食べたモツのこと忘れてた!


■お店情報
皇城根[衣荅][衣連]火焼
北京市東城区地安門東大街甲46号
8403-5786
*寛街中医院のある交差点から西に100mくらいのところにあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
いやあ
やはりあそこの棒餃子は絶品でしたねえ。あの焼き色を見るだけで、幸せな気分になります。1年半くらい食べてなかったので、感動もひとしおでしたよ。

あと、羊肉と人参があんなに相性がいいなんて、今回の素晴らしい発見です。
2008/05/09(金) 12:44 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
焼き色もそうですが、中身のジューシーさが最高ですよね。
私は日本の焼き餃子よりこっちのほうが好みです。
前回は時間切れ&胃袋スペース切れでたどりつけませんでしたものね。いやいや、あの時は失礼いたしました。
羊肉と人参、水餃子の時もオススメですよ!
2008/05/09(金) 13:20 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。