【韓村仙農湯】韓村湯

【韓村仙農湯】韓村湯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

韓村スープ
韓村湯(han2cun1tang1)
P1090469.jpg

【データ】とき:3月29日/ところ:望京・韓村仙農湯/ねだん:44元

北京一のコリアンタウン、望京。
その中でもさらにディープなコリアンスポット、望京新城。
KFCの横にある階段を上っていくと、
そこには「あれ?ここは北京?それとも・・・??」なコリアンワールドが広がっている。

そのコリアンワールドの一番手前にあるお店が、韓村仙農湯。
仙農湯(ソルロンタン)というスープが売りの韓国系レストランだ。

▼仙農湯(ソルロンタン)についてはこちらをどうぞ。
韓村仙農湯でポンポコリン

今回は、仙農湯ではなくもう一つの名物スープ「韓村湯(han2cun1tang1)」。
朝鮮人参やら棗やら身体に良さそうなものがどっさり入ったスープだ。

こってりしていそうに見えるけど、実はあっさりしていて飲みやすい。
もし塩気が足りなければテーブルに備え付けの岩塩で調整。
それにどっさりのお葱もついている。

P1090471.jpg


そして韓国料理のお店に行って何がうれしいって、
頼んだ料理の他にもたくさん「小菜(xiao3cai4)=お通し」が出てくること。

P1090470.jpg


キムチやらナムルやらの他にも、
こんな風にお味噌が添えられた野菜なんかもある。

P1090473.jpg P1090482.jpg


この青唐辛子、見た目と違ってそんなに辛くない。
怖じ気づかずにチャレンジしてみて。

スープの味が単調だなと感じたら、途中でキムチ投入。
P1090481.jpg


さらにご飯も投入して、おじや状態に突入だ。
(おやじ状態じゃないよ。)

P1090480.jpg


この日は夜に一大イベントを控えていたので、
スープだけで軽く・・・(とかなんとか言いつつご飯入れてるけど)と思っていたら、
同行の友人がいつの間にかこんなものを頼んでいた。

烤牛肉(kao3niu2rou4):48元
P1090476.jpg

や、焼き肉だよ・・・

この焼き肉、変形ジンギスカン鍋みたいなので焼く。
お肉と玉葱は中央の盛り上がったお山でジュウジュウ。
その周りのお堀みたいなところでは、お野菜や春雨をスープでクツクツ。


ジュウジュウ、クツクツやってる間に、
お店の従業員さんは昼食ターイムに突入。

P1090477.jpg


私たちのテーブルは構ってくれる人もなく、
焼き方も食べ方も分からないまま
焼き上がったお肉をタレにつけて食べていたら、
思い出したかのように店員さんがやって来て
おもむろにお山の肉をトングでつまんでスープのお堀にどぼんどぼんと入れ始めた。

P1090478.jpg


「えっ?」
と固まっていると、
「このほうがスープの味が肉にしみておいしいんです。」

お昼ご飯が待ち遠しかったのは分かるけど、
できれば先に言ってほしかったなー。
たなー。
なー。


■お店情報
韓村仙農湯
朝陽区望京新城423棟2階(韓国城/KFC2階)
010-6473-2700
*KFC横の階段を上ってすぐ左手のお店です。
*中国語が通じます。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
テーブルを構わない
テーブルを構わないって、中国らしいですね。余裕のあるときならほほえましく感じます。
ただし、お客様や急いでいるときはちょっと---。

どうやら、22日に北京に飛びます。
3日間の日本での中華料理接待を終えて、お客様をお送りしてきたところです。
来週の北京帰りには必ず立ち寄ることを約束されられましたので、100%食事会を準備していると見られます。(日本人は、私のみです。ちょっと困ったことです。)
海碗居、立ち寄りたいです。
2008/04/18(金) 12:21 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
まあ、呼んで聞いてみればよかったんですけどね。
向こうから気を回してくれるなんてことは期待できないですから。

中方の宴会に日本人一人で参加ですか・・・食べ過ぎ、飲みすぎ、お気をつけて。
海碗居に行けるといいですね!
2008/04/18(金) 14:48 | URL | ayazi #-[ 編集]
中方
そうですね、
彼らは基本的にアルコールをまるで無制限に飲むようです。
日本人のように飲むことができない人間がいないのかも。

ひとりで中国のパターンは仕事で2ヶ月程度滞在したことがありましたが、そのときには、宴会続きが数日続いたあとに、丁寧にお断りしました。ただし、この宴会をやめたあとの食事には、通訳がついてきたり、それもことわると、尾行がついていたこともありました。よっぽど、心配してくれたのでしょうね。
---これも、1週間程度で終わりました。
2008/04/18(金) 23:28 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
宴会続きも、通訳さんづきも、尾行も、私の知らない北京の一面です・・・
北京には長くいますが、勤めている会社のお客様は日本の方が多いので、こうした経験があまりないんです。
ビジネスで中国の方とおつきあいするのは本当に大変ですね。
頭が下がります・・・
2008/04/19(土) 10:03 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。