【岳麓山屋】芹菜炒藕絲

【岳麓山屋】芹菜炒藕絲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

セロリとレンコンの細切り炒め
芹菜炒藕絲(qin2cai4chao3ou3si1)
P1090398.jpg

【データ】とき:3月28日/ところ:朝陽門・岳麓山屋/ねだん:18元

セロリとレンコンを細切りして、さっと炒め合わせたお料理。
ほんのちょっとだけお酢を利かせてあるせいか、
後味がとても爽やかな一品だ。

最初にこの料理を食べた時、
レンコンを細切りにするという発想に衝撃を受けた。

レンコンは和食でよく使う食材だが、
和食の世界では細切りされたものを見たことがない。
輪切りか乱切り、あっても大ぶりにたたき割ったものくらいだ。

それが細切りである。
同じ食材を使っているのに、
調理法どころか包丁を入れる方法自体がもうすでに違う。
切り方が違えば、引き出される食感や味も違う。
これも、本場の中華料理を食べる醍醐味の一つだ。

もともとからしてシャキシャキした食感が身上のレンコンだ。
細切りにするとそれがさらに前面に押し出されてくる。
楽しい。
美味しい。

シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ・・・・・・・
「それでね・・・」
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ・・・・・・・
「ああそうなんだ。でね・・・」
シャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキシャキ・・・・・・・

会話の合間にシャキシャキなのか、
シャキシャキの合間に会話なのか。

食感も美味しさのうちのお手本のような料理だ。
他のお店ではあまり見かけないので、
確実に食べたければこのお店へどうぞ。

この日他に食べたのこんなお料理。

跳水羅卜皮(tiao4shui3luo2bopi2):12元
P1090387.jpg


大根の皮を厚めにむいて、ニンニク風味の甘辛醤油で味付けした前菜。
なぜに「跳水(tiao4shui3)=飛び込み」なのかは不明。
これは酒のアテにぴったり。

小炒黄喉(xiao3chao3huang2hou2):38元
P1090393.jpg


この料理、かなり辛い。
湖南料理は四川料理と違って、唐辛子の辛さがストレートに出ている。
というか、「麻(ma2)=ビリビリ、ピリッと痺れる感じ」がない。
単純に辛さで比べると、四川よりむしろ湖南のほうが辛いかも。

「小炒(xiao3chao3)」は調理法。
「ちゃちゃっと炒めること」・・・かな?

「黄喉(huang2hou2)」は気管。
うにうにのコリコリのつるつるでなかなか面白い食感だ。

香煎村姑白豆腐(xiang1jian1cun1gu1bai2dou4fu):20元
P1090389.jpg


厚揚げを香菜と一緒に炒めた料理。

砂[保の下に火]四季豆(sha1bao3si4ji4dou4):26元
P1090390.jpg


インゲン豆を斜め切りにして、豆チー風味で炒めたもの。
カキ油風味が濃厚に味を下支えしている。
これも美味。

こんな「下飯(xia4fan4)=ご飯の進む」な料理が続いたら、
いくら飲んべえの私でもご飯が欲しくなってしまうというもの。

湖南料理レストランでご飯を頼むなら、
普通の白ご飯ではなくて、この鉢で蒸した長粒米がオススメ。
P1090396.jpg


確か「鉢子飯」という名前だったような・・・
棗とサツマイモが乗っかっていて、ちょっとにっこり。
梅干しとたくあんじゃないよ。


■お店情報
岳(嶽)麓山屋(工体店)
北京市朝陽区工体西路鹿港小鎮向かいの道を入って100m
010-6551-0806
*現代アーティスト、方力鈞が茶馬古道に続いて出したお店です。
 茶馬古道は雲南料理ですが、こちらは湖南料理。
 お値段はちょっと高めだけど、どのお料理も平均しておいしいですよ。
*什刹海店と望京店もあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
細切りレンコン
僕の場合は桂林で初めて食べました。
切り方を変えるだけで、まるで違う野菜のように思えるほどの変化があって、驚いた記憶があります。知らず知らずのうちに既成概念に染まっていたんだなあとも思わされました。
2008/04/17(木) 10:44 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
そうそう、この既成概念から外れたものに出会うと、ものすごく新鮮で楽しいですよね。
こちらで食べ歩きを楽しめるかどうかは、ひとえにこの「既成概念から外れたもの」を、「違うからやだ!」と思ってつっぱねるか、「違ってて面白いじゃん!」と受け容れるかにかかっていると思います。
(もちろん私は後者です。)
それに日本の既成概念が世界の既成概念って訳じゃないですからねえ。
ぜんざいやお汁粉を見て、「お豆を甘く煮るなんて信じられない!」と目をむくメキシコ人がいるのもまた事実ですもんね。

2008/04/17(木) 12:26 | URL | ayazi #-[ 編集]
食べ歩きに限らず、
世の中万事、違いを面白がれる方がストレスも溜まらず、楽しいですよね。
何かあったときは、意識的にそう考えるようにしています。元々そういう性格という気もしますが(笑)。
2008/04/17(木) 18:40 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
私はこちらに来てから「違いを面白がる」ことを覚えたような気がします。
そう意味でも、北京に来てよかったと思っています。
2008/04/17(木) 19:41 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。