【工体南路菜市場】到菜市場去看一看

【工体南路菜市場】到菜市場去看一看
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

野菜市場探検
到菜市場去看一看(dao4cai4shi4chang3kan4yikan4)
P1090171.jpg

【データ】とき:3月22日/ところ:工体南路・菜市場/ねだん:-

ayaziと歩く「北京胡同ぶらり食い倒れの旅」。
二日目の朝は張り切って朝の野菜市場探検へと出かけてみた。

私が北京に来た97年当時は、街のあちこちで通りが朝市になっていた。
道ばたに「平板車(ping2ban3che1)=自転車つきのリヤカーみたいなの)」が並び、
その上に新鮮な野菜、肉、乾物などなどなどが所狭しと並べられ、
それらを求めて地元の市民がおおぜい詰めかけ、
それはそれは賑やかだったものだ。
朝市に買い物に来る客をあてこんだ朝食コーナーも出て、
私たち留学生はそれを目当てに頑張って早起きしたものだった。

それが2000年頃を境に急速に姿を消し、
市場は整備されて屋内に閉じこめられるようになった。
生ものを扱えば生ゴミも出る。
食べ物を売ればその残骸も出る。
衛生的ではないとする当局の判断も分からないでもなかったが、
なんとも寂しいことではあった。

そんな中で、私の通勤途中に一つ屋外の野菜市場が残っている。
工体西路と工体南路がぶつかるT字路のところにある野菜市場だ。
北京の食料品市場と言えば東郊市場が有名だが、
ちょっと遠いのと、あまりにも大規模なので腰が引ける。
その点この市場ならこじんまりしてちょっと覗いてみるのにぴったりだ。

向こうに人寿大厦をのぞむ入り口を入っていくと・・・
P1090194.jpg


うわ!すごい人だ!
P1090193.jpg


左手には食品コーナー。
P1090163.jpg

まずはこちらに寄り道して腹ごしらえ。
(朝ご飯の様子はまた次回にご紹介します。)

いよいよ野菜市場に突入!

入り口には生花も売られている。
P1090164.jpg

新聞紙はもちろん中国語が印刷された地元紙。
ガーベラ、スターチス、フリージア・・・
いろんな花が売られるようになったなあ。

「香椿だ!」
赤茶色い木の芽に吸い寄せられる。
P1090167.jpg

その横には「蚕豆(can2dou4)=空豆」と筍。

この赤茶色い木の芽が、香椿(xiang1chun1)。
ほろ苦いアクを楽しむ、春の味覚。
ゆがいて刻んで和えものにしたり、麺の上にのっけたり、
卵と一緒に炒めたり、それから天ぷらにしても美味。
これが出回ると、北京にも本格的な春の到来だ。

「タラの芽みたいな感じ?」
O夫人の質問に、
「そうそう!そんなイメージ!」

私があんまり嬉しそうに香椿をのぞき込んでいたからか、
売り子のお兄ちゃんが
「いい香りがするよ!」
と言うやいなや、
でっかい包丁で香椿の元のところをスパッと切り落として私の鼻先に向けた。
促されるままに匂いをかぐと、
一年ぶりのあのこっくりとした独特の香りが鼻腔をついた。
「ほんとだ。いい香り!」
「どう?買っていきなよ!」
「今日はやめときます。これから一日外だから・・・」
ごめんね、お兄ちゃん。

お兄ちゃんに謝ってくるりと振り返ったところで、ものすごくちっちゃいトマト発見。
P1090169.jpg

手タレはO夫人。

珍珠果(zhen1zhu1guo3)だって。
「パールトマト」とでも呼ぼうか。
「特別甜」(とびきり甘い!)
P1090168.jpg

味見させてもらったら、ほんとに甘い!
おやつ代わりに・・・と、1斤もらう。

さて、いきなりパールトマトでひっかかってしまったが、
野菜市場はまだまだほんの序の口。
ずんずん奥へ進もう。

ずらりと並べられた野菜たちの元気そうなこと!
「買って日本に持って帰りたいでしょう!?」
主婦魂にも火がつくというものだ。

ではここから先は、日本ではあまり見かけない中国野菜をご紹介。

西葫蘆(xi1hu2lu)
P1090172.jpg

ペポカボチャの一種で、ズッキーニのようなヘチマのようなお野菜。

窩笋(wo1sun3)
P1090173.jpg

セルタス、ケルン、山くらげ、茎レタス、いろいろ呼び名はあるみたいだけど、
私の中では「ウオスン」。
葉っぱではなく、長く伸びた茎のところを食用する。
細切りにして和えものにしたり、細かく刻んで餃子や包子、餡児餅に入れたり、
薄切りにして炒めたり、大きめの拍子木切りにして鍋の具にしたりする。
シャクシャクした食感で、私の大好きな野菜だ。

油麦菜(you2mai4cai4)
P1090177.jpg


茴香(hui2xiang1)
P1090178.jpg


他にも葉物野菜がこんなにたくさん。
P1090180.jpg


小白菜(xiao3bai2cai4)
P1090181.jpg

結球しない白菜なんだって。

蓋菜(gai4cai4)
P1090182.jpg

からし菜みたいにほんのり辛みのあるお野菜。
油揚げとさっと煮浸しにすると、なんとなく似た雰囲気は味わえる。

雲南の大頭菜の漬けものは
これの根っこのところを漬けるという情報もあるけど、どうなんだろ?

小人菜(xiao3ren2cai4)
P1090184.jpg

私が聞き間違っていければ、この名前。
上海では「子孫菜」と呼ばれているらしいけど、真相はいかに?
(「孫菜」と書いてましたが、「子孫菜」でした。4/10訂正)

「スライスしてさっと炒めると美味しいわよ!」
売り子さんの説明に私が熱心に頷いていると、
もう買い物を済ませて立ち去ろうとしていたおばちゃんも興味を持ちだした。
手に持って、しげしげと見つめている。
すると通りがかりの別のおばちゃんがのぞき込む。
「何、これ?」
「キャベツの芽みたいなもんよ。」
「あ、そうなの。じゃ、いらない。」
ぽいっともとのところに戻して立ち去っていった。

最後に、なんだか見たことあるようなこの野菜。
何だか分かります?
P1090191.jpg

正解は、搾菜(zha4cai4)。
おー、そう言えばこんな形だ!

他にもこんなに元気いっぱいのお野菜がたくさん。
P1090185.jpg P1090186.jpg
P1090187.jpg P1090190.jpg


P1090174.jpg


卵もこうして量り売り。
P1090176.jpg


バシャバシャと写真を撮ってまわっていたら、
「写真撮るなら買ってってよ!」
時には笑顔でたしなめられつつ、
野菜市場をひやかす時間は瞬く間に過ぎていった。
楽しいですねえ。
なんだか元気になりますねえ。

たっぷりと中国野菜図鑑を楽しんでいただいたところで、
次回は野菜市場の朝ご飯へとご案内。


■お店情報
工体南路菜市場
工体西路と工体南路がぶつかるT字路のところ。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ayaziさんへ
朝市、大好きです!
クレソンの束なんか、本当に日本に持って帰りたい、と思ってしまいます。北京でも楽しみにしていましたが、未だ遭遇できず・・・。
これで、今度は大丈夫ですね。
朝ごはん、もっと楽しみにしています。
2008/04/09(水) 00:28 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
ここの野菜市場はかなり遅い時間までやっていますので(もしかして終日やってるかも)、ゆっくりめの時間でも大丈夫ですよ。
それにぱぱっと見て回るにはちょうどいい大きさです。
野菜をぶらさげた地元のおじちゃんおばちゃんがたくさんいるので、近くに行けばすぐ分かると思います。
ぜひ、探検してみてくださいね。
2008/04/09(水) 13:11 | URL | ayazi #-[ 編集]
野菜市場
ayaziさん、こんにちは。
野菜市場も楽しいですね。
「写真ばかり撮らないで、買ってくれ」って、当然ですね。
私もいろんなところで言われているような気がします。
中国語が理解できないから、気にならないだけです。

今日の会議の成り行きで、月末に2日間程度北京に行くことになるかもしれません。
2008/04/09(水) 17:24 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
美味しそうだから、買いたいのはやまやまだったんですが、さすがに青物を一日持ち歩けませんでした。香椿、美味しそうだったなあ・・・

月末の北京、楽しみですね!
もしいらっしゃることになったら、食べたい物をリストアップして食べ歩きですね。あ、会議でしたか・・・
2008/04/09(水) 19:26 | URL | ayazi #-[ 編集]
あぁぁー、北の野菜が沢山ですね。
香りを思い出させて頂ける
素敵な文章でワクワクしました。

葉モノって地域が出ますよね!?
最近は他地域で他の地域の野菜を
見ることが出来るようになって
来たような感じもしますが、
やはりこちら(広州)の
北の野菜は元気がないです。
香椿・ウイキョウなどはほとんど
ないですし・・・。
(あ、またニオイ系に反応しちゃいました・・・。)
2008/04/09(水) 21:23 | URL | もぱぐぅ。 #-[ 編集]
もぱぐぅ。さんへ
まあ!広州まで香っていきましたか?
広州まで行くと、葉物野菜もだいぶ顔ぶれが変わるのでしょうね。
そちらでは北京のお野菜たちは大移動でちょっとお疲れ気味なのかな・・・
あまりの湿気に香味の野菜もげんなりしてるとか(関係ないかしら)。
ニオイ系が懐かしくなったら、ぜひ北京まで飛んできてくださいね!

2008/04/10(木) 18:33 | URL | ayazi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/13(水) 16:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。