【大佛寺東街的炒貨店】糖炒板栗

【大佛寺東街的炒貨店】糖炒板栗
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

甘栗
糖炒板栗(tang2chao3ban3li4)
P1090071.jpg

【データ】とき:3月21日/ところ:大佛寺東街・大佛寺東街的炒貨店/ねだん:5元(500g)

胡同の朝ご飯ですっかりお腹はいっぱいになったはずなのに、
ひっかかってしまった、これに。

だって、ふと店頭を覗いたら、
炒りたてのホッカホカで湯気が立ってたんだもの。

P1090066.jpg


北京で食べると危険なもの。
それは「芋たこなんきん」ではなくて、「芋、栗、瓜子」。
(「瓜子(gua1zi)はひまわりや南瓜などの種のこと。)
冬場の三大増肥アイテムだ。

糖炒(tang2chao3)はお砂糖と一緒にちょっと焦げ目がつくくらいまで炒ること。
板栗(ban3li4)は栗。

糖炒板栗(tang2chao3ban3li4)は、要は甘栗のことだ。
糖炒栗子(tang2chao3li4zi)とも言う。
ちなみに「天津甘栗」とは言わない。

1斤(500g)で5元。
さらに1両(50g)サービス。

甘栗を買うと、ちょっと懐かしい感じの紙袋に入れてくれる。
まだほかほかして湯気の上がるのを大事に受け取って、
さあ熱いうちに!
と、思うでしょ?

だめだめ。
実は甘栗は冷えてからのほうが甘みが増しておいしいのだ。
それにあったかいと水分が残っていて、
親指の爪先を皮に当ててパリンと裂け目をつける気持ちよさが味わえない。
というか、そもそもうまく割れなくて難儀する。

味的にも、便利さ的にも、
甘栗は冷めるのを待ってから!

それから、大きめの栗より、
山栗みたいな小さめのもののほうが甘くてオススメね。


■お店情報
大佛寺東街的炒貨店
(「炒貨店(chao3huo4dian4)は栗や種を炒って売っているお店のこと」)
東城区大佛寺東街
*美術館東街が西へ曲がるT字路をさらに北上した通りが大佛寺東街。
大佛寺東街を入ってちょっと行ったところの右手(東側)にあります。
*別にすごく有名店という訳ではなくて、通りすがりに寄ったお店です。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ayaziさんへ
こんばんわ!ウチの主人は「栗マニア」です。
2月の北京旅行、人気店で30分並んで「10斤!」とチャイニーズ買い。(←ウチでは沢山買うことをこう呼んでいます。何故なら西洋人は何でも少ししか買わないー注文しないから。)
京都にもおいしい焼き栗屋さんがありますが、値段は北京の10倍なんですもの、10斤買わずにはいられませんよね。
2008/04/05(土) 01:08 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
栗10斤!さすがは「栗マニア」!
恐れ入りました。豪快な「チャイニーズ買い」・・・
それにしても、日本の栗は高いですよねえ。
その点こちらは安くて栗マニアには天国?
2008/04/05(土) 09:17 | URL | ayazi #-[ 編集]
栗、1斤が5元とは知りませんでした。次回の中国土産は栗にしようと思います。数があって、会社で配るのにも便利そうだし、かばんの隙間に詰めるのにも便利そう。
2008/04/07(月) 08:14 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
「栗をおみやげにする」というのは考えてみたことがありませんでしたが、確かに安くあがるし喜ばれそうですね。私も試してみようかな。
2008/04/07(月) 12:12 | URL | ayazi #-[ 編集]
大行列の栗子店
初めてコメントさせてもらいます。
二年ほど前に北京に留学していたときに、ayaziさんが行かれた今回のお店の近く、やはり美術館の北側のあたりで寛街のあたりだったかなぁ、、ある一軒の「現炒現売」の栗子店に、いつも大行列ができているのをバスで通るたびにみていたのですが、栗子迷の私も気にはなっていたものの、結局ひるんで行けずじまいでした。おそらく超有名店なんでしょうけど、はっきりとした場所も店の名前も忘れてしまったので、お分かりでしたらどなたかお教えくださいませ。
2008/04/10(木) 00:14 | URL | zhong #ao52Tjc2[ 編集]
zhongさんへ
コメントありがとうございます!
さて、寛街あたりの人気の栗子屋さんですか!
これは難問ですね・・・私もさすがにあの辺まで甘栗を買いに行ったりはしないので、どこかは分からないんです。ごめんなさい。
昔あのあたりが再開発される前に、寛街の交差点の東南角にあったところは確かに美味しくて留学生たちに人気だったのですが、なくなってしまってからもう10年近くになりますし。
今度寛街のほうに行ったらちょっと気をつけてさがしてみますね。
このブログをご覧の方で、どなたかご存知の方がいらっしゃったら、ぜひコメントくださーい!
2008/04/10(木) 18:38 | URL | ayazi #-[ 編集]
大行列の栗子店は、「秋栗香」?
昨日地安門へ行ったら、交差点の南西角にある焼き栗屋さんに行列ができていました。
「秋栗香」というお店です。
zhongさんが見かけたのは、もしかしてここでしょうか?
写真を撮りそびれてしまったので、ビジュアルで確認していただけないのですが、割合綺麗な店構えで「秋 栗 香」とだけ店名が表示されていました。
位置的にも、行列的にも、たぶんここなのではないでしょうか。
2008/04/18(金) 15:19 | URL | ayazi #-[ 編集]
正しく・・・、
お尋ねの店かどうかは不明ですが、
「秋栗香」はこの冬、北京訪問時にワタクシが「10斤お買い上げ!」したお店です。大きさは中ぐらいで粒がそろっていました。この「中ぐらいの大きさ」ってのが一番おいしいと中国の方が教えてくれました。どれも剥き易くて、おいしかったです。1斤10元でした。炒りたてのひまわりの種も、香ばしくて美味でした。
2008/04/19(土) 00:34 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
「チャイナ買い」の現場ですね!
1斤10元ですか・・・裏通りのお店の倍ですね。
「秋栗香」は他でも見かけるので、ブランド化しているんでしょうか。
ここは結構大きな店構えで、いろんな種類の「炒干貨」がありますよね。
ひまわりの種、大粒でいりたてのは「リスや鳥には渡せない!」と思うくらいおいしいんですよね・・・。
こんなことを書いていたら、無性に食べたくなってしまいました。
2008/04/19(土) 10:04 | URL | ayazi #-[ 編集]
ayaziさん、みれんさん、情報ありがとうございます!
webで「秋栗香」で調べてみると、やはり超有名店のようですね。
確かに、中国では、おとなしく長い列に並んでいる様は
超有名店の証?ですよね…。
寛街だと思ってたのですが、もうちょい西の地安門でしたか。
いつもバスの車内から見ていたものですから、場所があやふやっだったんです。
でも、地安門大街のあの通り沿いの南西角だったので、「秋栗香」に間違いないです。
あぁ、また北京の懐柔栗子が懐かしい…。
2008/04/24(木) 00:31 | URL | zhong #-[ 編集]
zhongさんへ
秋栗香、有名店だし人気店です。
会社の同僚も、「親戚が来た時にあそこで栗買った」と言ってました。
「葵花子も香ばしくておいしかった!」とも。
今度いらしたら、瓜子も試してみてくださいね。
2008/04/24(木) 07:42 | URL | ayazi #-[ 編集]
私もこの地安門の栗屋さんで買ったことがあります。私のお気に入りの栗屋さんは朝陽門北小街の南西角にある小街栗子というお店です。地安門のお店程ではありませんが、そこもよく行列していて、栗の渋皮がきれいに取れて、いつも炒り立てなので新鮮で美味しかったです。ここのヒマワリの種も味が良く入っていて美味しかったです。2003年のデータなので、まだやっているか分かりませんが、もし通りがかった時、お見かけになりましたらayaziさんも一度お試し下さい。あと、一度大連旅行に行き、日本に大量の甘栗を持って帰りましたが、1週間ぐらいでカビが生えてしまい、ほとんど捨ててしまいました。袋を密閉して蒸気をこもらせていたのがいけなかったのかもしれません。日本で当日炒った栗を買ったりしても、2日ぐらいで黒みを帯び、硬くなったりして、味が落ちてしまいます。やはり数日で食べきれる量を持って帰るのがいいのかもしれませんね。貧乏性なもので、日本よりかなり安くて美味しいものはつい大量に買ってしまう癖があるんです。
2010/03/24(水) 11:26 | URL | 北京人 #-[ 編集]
北京人さんへ
小街栗子、あのあたりを通りかかる時に気になってました。
最近は行く機会がありませんが、もし近くまで行ったらチェックしてみますね。
甘栗を大量に買う、もしくはいただいた時はむいてお粥に入れてます。
お粥に入れなくても、むいたものを冷凍しておくというのも手ですね。
でもやっぱり、時間をおかずに食べるのが最高だと思います。
2010/03/25(木) 14:01 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。