【孫記煎餅】煎餅

【孫記煎餅】煎餅
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

中華風クレープ
煎餅(jian1bing3)
【データ】とき:3月21日/ところ:大佛寺東街・孫記煎餅/ねだん:3元

中国の煎餅は、日本のお煎餅とは違う。
煎餅(jian1bing3)とは、小麦粉を溶いた生地を鉄板に薄くのばして焼き、
そこに卵+揚げパンを包んで調味料を塗ったスナック。
言わば中華風クレープみたいなものだ。
(ちなみに日本のお煎餅は、「米餅(mi3bing3)」とか「米脆餅(mi3cui4bing3)」。)

煎餅は、朝ご飯や小腹満たしのおやつとして好まれているが、
夜中に飲んだ後に最後の〆や夜食として食べる人も多いようで、
夜も更けてくると繁華街の道ばたに自転車屋台が出ていたりする。
日本で言う飲んだ後のラーメンみたいなものだろうか。

飲んだ後にこの煎餅屋台の誘惑を振り切るのは、
飲んべえでしかも食いしん坊の私にはなかなかつらいことだ。
飲むと気も胃袋も大きくなるからね。
なので「屋台は衛生的じゃないから・・・」ということを無理矢理理由にして、
なんとか踏みとどまっている。

さて、この日はそんな飲んだ後の〆ではなくて、
健康的に朝ご飯だ。
日本から北京に遊びにいらした友人Oさん夫妻を、
胡同ぶらぶら歩きにお連れしようという企画、
題して「ayaziと歩く、北京胡同ぶらり食い倒れの旅」の最初のメニューである。

場所は美術館東街が西へ曲がるT字路のところを、
(↑正しくは、「西へ曲がる」でした。4/3訂正)
曲がらずにそのまま北上したところにある胡同、大佛寺東街の一角。
孫記煎餅という小さな煎餅屋さんだ。

P1090064.jpg


小さな小さな店舗をのぞき込むと、
焼き担当さんと揚げ担当さんが二人。
揚げ担当さんがひっきりなしに揚げている物体を見ると、
普通の煎餅に入っている揚げパンよりかなり薄手だ。

P1090054.jpg


通常北京では、油餅(you2bing3)と呼ばれる長方形の平たい揚げパン、
天津では、[食果]子(guo3zi)と呼ばれる細長い揚げパンが入っている
(一般名称は「油条(you2tiao2)」かな。
 あ、でも天津のは緑豆粉が入っているから厳密には違うか・・・)

ここのはホントに薄い。
それに見た感じやけにサクサクしていそうだ。
このタイプは見たことないぞ。
東北の煎餅を揚げたらこんな感じだろうか。

ちなみに、ここの煎餅は「鶏蛋(ji1dan4)=卵」1個と
「脆餅(cui4bing3)=サクサクの物体」1人前(2枚か?)が基本セットで一つ3元。
お好みでトッピングの追加もできる。

・双蛋(shuang1dan4):3.5元
・双脆(shuang1cui4):3.5元
・双蛋双脆(shuang1dan4 shuang1cui4):4元

どんなのか、だいだい想像できるかな?

・双蛋=卵2個(基本セットに卵1個プラス)
・双脆=脆餅2個(基本セットにサクサク1人前プラス)
・双蛋双脆=卵2個+脆餅2個(基本セットに卵とサクサクをそれぞれプラス)

さて、四の五の言っていても仕方ないので、
ayazi激写による「写真は語る。煎餅はこうして作られる!」をどうぞ。
(長いです。)

P1090036.jpg

P1090037.jpg

P1090038.jpg

P1090039.jpg 卵入りまーす。

P1090040.jpg

P1090041.jpg

P1090042.jpg

P1090043.jpg

P1090044.jpg 刻み葱、入りまーす。

P1090045.jpg

P1090046.jpg ひっくり返しまーす。

P1090047.jpg サクサク、入りまーす。

P1090048.jpg 端っこ、巻きまーす。

P1090049.jpg

P1090050.jpg ソース、塗りまーす。

P1090051.jpg

P1090052.jpg くるくる巻いてー。

P1090053.jpg たたんでたたんでー。


はい、出来上がり。
(お疲れさまでしたー。)

そして完成品がこちら。
・・・なんだけど、煎餅だけの写真を取り損ねちゃったので
他のアイテムと「合影(he2ying3)=集合写真」でどうぞ。

P1090055_1.jpg


右上のが煎餅完成形。
一緒に写っているものは、次回予告ってことで・・・

そんなこんなで、順番待ちの間に煎餅の焼き上がる過程を激写して
友人夫妻とはしゃいでいたら、
焼き担当さんに話しかけられた。

「韓国人?日本人?」

(こちらの人は、基本的に区別つかないらしい)

「日本人です。」
「ああ、“大日本帝国”ね。」

(あちゃ。焼き担当さん、もしかして日本人嫌い?)

「そんな風に言わないでくださいよう。
 “小日本”ですって、“小日本”。」

(昔は“小日本”にいちいち傷ついてたけど、今じゃ自分から言っちゃうもんね。)
焼き担当さん、口はしでニヤリ。

(ところで、このサクサクパリパリの中味って、どこのオリジナルなんだろ。)

「これ、どこの煎餅なんですか?」
「大中華人民共和国のさ!」
・・・

あの、えと、そーじゃなくて、
北京とか、天津とか、河北省とか、地方名が聞きたかったんだけど・・・な。


■お店情報
孫記煎餅
東城区大佛寺東街
*美術館東街が西へ曲がるT字路をさらに北上した通りが大佛寺東街。
大佛寺東街を入ってちょっと行ったところの左手(西側)にあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
連続写真を撮りましたか・・エライッ!!
ayaziさん、どうも。
まあ、よく撮りましたね、連続写真を・・・
では、昔、あるMLに流しました、私の実況中継をば・・・

溶いた粉を小さめのお玉で鉄板にジャーしたあとは、ヘラで素早く拡げ、
厚さ0.7mm、直径38.5cmの円形のビンに仕上げます。
そして卵を片手で割って、それをビンの上に、そして又ヘラで素早く拡げる。
そのあと、裏返し、そしてミソと言うか甜麺醤を刷毛で塗りつけ、
ココで「辣的マ?」と聞いてきます。OKですと辣椒も塗りつけ、
そのあと、刻み葱をパラパラ、好みにより香菜、そして油状を置き、
折りたたんで、茶色い紙で包み、さあ、どうぞとなります。
油を一刷きから渡すまで1分08秒。・・・・正に職人技です。
【注】上記の数値はいい加減です。

この煎餅ですが、大本は天津なのかと思っています。
84・5年頃は、天津でよく食いました。

上海には、10年前は見かけませんでしたが、
今は、多いですね。
そして、上海のは山東スタイルが多いような・・・・
つまり、ビンの材料は天津スタイルですと、トロトロですが、
山東物は、手でつかめるほどねっとりしていまして、
鉄板に貼り付けるスタイルです。
2008/04/03(木) 12:45 | URL | 井上@打浦橋@上海 #2AkPuCis[ 編集]
煎餅好きすぎて、自宅で作ってしまったほどのワタクシとしては、
ここの薄脆の薄さに興味あり。
いつもは、薄脆は入れないんだけど、その場であげてるみたいだし、
食べてみたーーーい♪
というわけで、今度行ってみまーす。たどり着けるかな…(^_^;)
2008/04/03(木) 14:41 | URL | りーゆえん #LkZag.iM[ 編集]
井上@打浦橋@上海さんへ
すごい!実況中継ですね。
私は文章でこれをやるのが面倒くさくて、写真をはりつけて終わりにしてしまいました・・・
煎餅は天津が発祥の地なのでしょうか。
確かに天津では「自分とこの煎餅が一番さ!」みたいな自負を感じましたが。
山東ものの煎餅は食べたことがありません。
山東省に行くことがあったらぜひ!
2008/04/03(木) 15:00 | URL | ayazi #-[ 編集]
りーゆえんさんへ
そーなの、ここ、揚げたてなの。
だから脂っこくないし、あんまりもたれないんです。
おすすめよ。
サクサクは薄脆って言うんですね。知らなかった・・・
さすがは自分で作るほどの煎餅好き!
2008/04/03(木) 15:03 | URL | ayazi #-[ 編集]
初めまして。
毎日おいしい情報ありがとうございます。
実は、この夏オリンピックの仕事で2ヶ月近く北京に滞在することになったため、ayaji さんのサイトを見つけて、大変うれしく思っております。仕事とはいえ、今から食べることばかり考えていて、とても楽しみです。
ところで、私はパリ在住ですがこの中華風クレープの作り方があまりにもブルターニュ地方のガレットにそっくりなので、思わずコメントさせていただきました。是非食べてみたいです。
2008/04/03(木) 20:22 | URL | goemon #-[ 編集]
goemonさんへ
パリからのコメント、ありがとうございます!
ベタベタの北京ローカルフードと、ブルターニュ地方のガレットがそっくりなんて、なんて楽しいんでしょう!
人が食べるものの持つ多様性と共通性をあらためて噛みしめたような気がしました。
北京にいらっしゃるとのこと。
滞在中は、よそ行きのこじゃれたお料理だけでなく、ぜひ普段着のローカルフードの美味しさを満喫していってくださいね!
2008/04/04(金) 02:57 | URL | ayazi #-[ 編集]
煎餅
僕の故郷の南部煎餅も小麦粉で出来ていますよ。昔は蕎麦粉で作っていたそうです。
たぶん米で作った煎餅は、麺で言えば米粉のような存在なんじゃないかな。
2008/04/04(金) 12:54 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
日本のお煎餅=米という観念が強くて、南部煎餅のことを失念しておりました。
南部煎餅は確かに小麦粉ですね。
あれのはじっこだけを集めたのがあると思うんですけど(なんて言いましたっけ?)、私は完全形よりもそっちのほうが好きです。
2008/04/04(金) 16:19 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。