【拉茲印度音楽餐廳(Raj Indian Restaurant & Bar)】印度菜

【拉茲印度音楽餐廳(Raj Indian Restaurant & Bar)】印度菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

インド料理
印度菜(yin4du4cai4)
P1080989.jpg

【データ】とき:3月17日/ところ:鼓楼・拉茲印度音楽餐廳/ねだん:5人で614元

鼓楼の近くにあるインド料理レストラン、RAJ。

昔はこんなところにインド料理屋が出来るなんて想像だにしなかったけど・・・
お年寄りみたいなこと言ってるな。

周りの胡同の街並みにとけ込みすぐるくらいとけ込んだ外観のお店に入ると、
中はこんな雰囲気。
P1080981.jpg

(ちょっと暗くてよく分からないですね。ごめんなさい。)

まずは付き出しの揚げパンみたいなスナックと、インドビールのキング・フィッシャー。
P1080980.jpg


そしてメニュー写真に惹かれて頼んだのがこれ。

孟売烤土豆(meng3mai4kao3tu3dou4):30元
Bombay Aloo

P1080984.jpg


野菜ミンチ入りホールポテトをグリルしたもの。
イカめしじゃないよ。

菠菜巻(bo1cai4juan3):25元
Palak Roll

P1080985.jpg


「ほうれん草巻き」だから、
ライスペーパーか何かでほうれん草を巻いた前菜かなあと思っていたら、
なんとこれがまたほうれん草コロッケ。

断面(影になってますが)
P1080987.jpg


でもホクホクしてて大変美味。
ほうれん草をゆでてつぶして水気を切り、
中にはピーマンとジャガイモ?のみじん切りを入れてタネにしてある。
これならほうれん草が苦手なお子さんでも平気かも。

カレー三種(奥から順に)
菠菜咖[口厘]鶏(bo1cai4ga1li3ji1):40元=Laziz Murg Saag
咖[口厘]挨及豆(ga1li3ai4ji2dou4):30元=Kadai Choole(たぶん)
黄油咖[口厘]烤鶏塊(huang2you2ga1li3kao3ji1kuai4):40元
=Chicken Tikka Masala

P1080990.jpg


菠菜咖[口厘]鶏は、ほうれん草と鶏肉のカレーのはずなんだけど、
ほとんどほうれん草を判別できず。

咖[口厘]挨及豆、エジプト豆のカレー。
ニンニクが利きすぎだったけど、豆のつぶれた感じが好きなので大筋は○。

黄油咖[口厘]烤鶏塊は、通称バターチキン。
モルジブ滞在経験のあるAさんオススメのカレー。
メニューの紹介によると、「世界で一番人気のあるインド料理」だそうで。
違わず美味。

印度薄餅(yin4du4bao2bing3):12元、つまりはナンで。
P1080991.jpg


自然炒米飯(zi4ran2chao3mi3fan4):25元、
つまりはクミン&サフラン入りライスもオーダー。
P1080992.jpg


マトンカレーも食べてみた。

咖[口厘]羊肉(ga1li3yang2rou4):40元
Rogan Josh

P1090006.jpg


たぶん、このメニューだと思う。
メニューにバケツに入ったカレーの写真が載っているので、
それを頼めば間違いないですよ。

このマトンが、まあほんとにやわらかかった。
臭みもなし。
どれか一品しかカレーを頼めないと言われたら、
やっぱりこれを取ってしまうだろうなあ、という納得の味だった。

他にも、写真はないけどさらに追加で「香料烤米飯(xiang1liao4kao3mi3fan4):25元」、
つまりはサフランライスと
印度蒜絨餅(yin4du4suan4rong2bing3):12元、
つまりはガーリックナンやラッシーまで頼んで
口からカレーがあふれ出そうになるくらい満腹。
ラッシーがかなりボリュームありだったので、
それでお腹がふくれたところもあったけど、
まあ要は、食べ過ぎだ。

ところでこの日は、女5人で食卓を囲んだ。
きゃいのきゃいのとご飯を食べていると、
インド人の店員さんがなぜかやたらとテーブルにやって来ては、
一言二言話しかけてくる。

「中国人?」
「ううん、日本人です。」

そしてテーブルを離れ、
しばらくするとまた戻ってきて話しかける。

「北京では何してるの?」
「働いてますけど。」

そしてまた去る。

ややあってまた戻ってきて、
「あとどのくらい北京にいるの?」
「えー、もうすぐ帰っちゃうんですぅ。」

私たちもいい加減面倒になって、返事も適当になりがちだ。
それどころか、
「ねえねえ、あの人、もしかしてナンパ?」
なんてことを言い合い始めた。

そうこうしているうちに、
店員さんはまたまた戻ってきて私たちに聞いてくる。

「あとどのくらい北京にいるつもりなの?」
(やっぱりナンパだよ!)
「決めてないですけど。」

適当にはぐらかしていたら、店員さん、熱心に何やら説明し始めた。
「今、100元出してカードを買えば、100元の商品券がもらえて、
 しかも今後は何を頼んでも20%オフで・・・」

あ、会員割引カードの売り込みをしたかったのね。
だからあとどのくらい北京にいるかが聞きたかったのかあ。

なーんだ、ナンパかと思った・・・
ほっとすると同時に、なんだかちょっとがっかりしたりして。

自意識過剰な印度料理レストランの夜であった。


■お店情報
拉茲印度音楽餐廳(Raj Indian Restaurant & Bar)
北京市西城区鼓楼西大街31号
010-8403-7462、6401-1675
*旧鼓楼大街と鼓楼西大街の交わるT字路の北西角にあります。

お店のホームページはこちらからどうぞ。
(↑音楽付きです。会社で開く方はご注意を!)


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。