【面酷(Noodle Loft)】飛刀削麺

【面酷(Noodle Loft)】飛刀削麺
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

空飛ぶ刀削麺
飛刀削麺(fei1dao1shao1mian4)
P1080599.jpg

【データ】とき:2月27日/ところ:西大望路・面酷(Noodle Loft)/ねだん:12元

山西麺の超有名選手、刀削麺。
もちろんこのブログでも登場済みだ。

▼過去の刀削麺関連記事はこちら。
【老隣居】刀削麺

面酷の刀削麺には、「飛(fei1)」がつく。
小麦粉をこねたタネをシュッシュッと包丁で削った麺が、
ぐらぐらとわく大鍋にまるで飛び込んでいくように見えるので、
この名がついたのだろう。

一階のオープンキッチンカウンターに陣取れば、
空飛ぶ刀削麺が目撃できるんだろうか。

この日頼んだ刀削麺のあんは二種類。
トップ写真の茄子入りあんと、
もう一つは「鶏蛋西紅柿(ji1dan4xi1hong2shi4)=卵とトマト」のあん。

P1080600.jpg


私は卵トマトあんに、醋調和をちょろりとタラして食べるのがお気に入りだった。

「Noodle Loft」と名乗るだけあって、
シコシコとした歯ごたえのある美味しい麺だった。
一応合格。

ところで、こちらで麺もの(粉もの)を頼む時にはちょっとしたコツが必要だ。
それは、粉一両(50g)の分量を把握すること。

餃子については、「ayazi的餃子の頼み方指南」や「ayaziのローカルグルメコラム」で触れたが、
ゆで麺についてもこれは同様。
なぜかって言うと、
こちらの人は主食のボリュームを基本的に粉の重さで覚えているからだ。

実際、今回も店員さんとの間でこんな会話があった。

「刀削麺は一杯どのくらいの量がありますか?」
「二両です。」
「・・・」

「莜面は蒸籠一つでどのくらいですか?」
「三両です。」
「・・・」

粉100gとか150gとか、
それが実際にどのくらいのボリュームかピンと来る日本人はそういないだろう。
かく言う私も、イメージできない。

だからたいていは、
「刀削麺のお碗はどのくらいの大きさですか?」
「莜面の蒸籠はどのくらいの大きさですか?」
と聞いて、
店員さんにだいたいの大きさを手で示してもらうのだが、
この大きさの感覚がまったくもって信頼性に欠ける。

実際、莜面の蒸籠は店員さんが手で示したサイズより二回りほど大きかった。
結果、頼みすぎ。

中国人の店員さんにも正確なサイズ把握をお願いしたいところだが、
こちらはあまり成果が期待できそうもないので、
まず私たちが粉一両の感覚を覚えるほうが手っ取り早い。

で、考えた。

粉一両を感覚的に把握するためのキーワードは、実は「三両」。
つまり、150g分である。

なぜかと言うと、
おかずを食べずに粉ものの主食だけを食べたとして、
「三両」食べるとまずそこそこ満腹になるのだ。

イメージとしては、ラーメン一杯とか焼きそば一皿で三両ってことね。

例えば、餃子なら一両で5~6個だから、15~18個分。
刀削麺ならラーメンどんぶりくらいのお碗に一杯分。
(この店の刀削麺は二両だから、これだけだと物足りないくらいの量。)
莜面は蒸籠一個で三両だったから、
これ一つ食べればお腹いっぱいということだ。

これを目安にして、
後は自分が標準より少食なのか、大食いなのか、
または他におかずをどのくらい頼むのかを加味して考えればいい。

三両で満腹。
少しは分かりやすくなった・・・かな?

▼他にもこんな山西麺がありますよ!
【晋陽双来飯庄】山西麺


■お店情報
面酷(Noodle Loft)
朝陽区西大望路20号
010-6774-9950
*西大望路(SOHO現代城東側の南北の道)を南へ進み、
線路をくぐってしばらく行ったところ。道の右(西)側にあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
麺食1食で3両、非常に分かりやすいです。
今後はこれを参考に点菜したいと思います。
さすがayaziさん、痒いところに手が届くグルマンblog!!
2008/03/12(水) 05:15 | URL | さんじょ #-[ 編集]
西紅柿鶏蛋面
おいしそうです。
西紅柿鶏蛋面は私の最も好きな面です。会社の同僚(青島人)は牛肉面、私は西紅柿鶏蛋面を注文するのが多いです。
日本ではあまり見かけません。
知り合いのお店では頼めば作ってくれます。トマトがある限り。

今年は4月に中国からのお客様4人を迎えて会議です。会議が半日、食事会連続3日間+奈良観光1日。
日本で中国料理を8人で食べると簡単に100,000円を超えてしまいます。
来年の中国での会議を楽しみにしています。
2008/03/12(水) 08:18 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
三両
キーワードは3両!すっごくわかりやすかったです!
アタシもよく店員さんにこの麺はドレくらいの大きさか聞くんですけど
正確だったことは余りありません。
しかも店員さんはなぜかいつも少なめに教えてくれるので
食べきれないこともしばしば。
これからはこの頼み方を参考にさせてもらいますi-179
2008/03/12(水) 11:51 | URL | まるこ #-[ 編集]
さんじょさんへ
ああよかった!
キーワードは「三両」と言いきったりして、賛同してもらえるものかしら?と思っていたのですが、さんじょさんが納得してくださったのなら間違いありません。
ほっとしました~
2008/03/12(水) 11:56 | URL | ayazi #-[ 編集]
nao0880さんへ
西紅柿鶏蛋ものは、日本人にもファンが多いですねえ。
かく言う私も大好きで、あんかけ麺だとついついこればかり頼んでしまいます。

私は日本で中国人を中華料理でもてなした経験がないのですが、経験のある方にうかがうと「とにかく量が足りなくて高い」と思われているようですね。
日本の中華料理はなぜあんなに高いんでしょう?
ダック2切れで一人頭3,000円とか、こちらで暮らしていると目がくらくらしてしまいそうです。
やっぱり中華料理は中国で食べるのが一番・・・でしょうか。
2008/03/12(水) 12:08 | URL | ayazi #-[ 編集]
まるこさんへ
そうなんですよね、こちらの店員さんの量の把握って、とってもアバウトなんですよね。
いつも少なめってところが、ちょっと作為を感じたりして・・・
それに対抗するにはこちらが知識武装するしかない!ということで、「麺食1食分で三両」。
頼みすぎ防止に役立てていただければウレシイです!
2008/03/12(水) 12:14 | URL | ayazi #-[ 編集]
中国料理は中国で
私が中国で食事会をしたとき、10人でテーブルを囲んで、さんざん飲み食いして、支払額が600元余りでした。
日本で同様の量を注文したら、たぶんその15倍程度でしょう。
ラーメン1杯の価格が中国3元と日本30元
ビール一本が中国3元と日本30元。
スイカなどはもっと大きな差がありますね。数十円と数千円だったり。

面食頼みすぎのパターンは中国出張の初めの頃に何回か経験しました。
普通に中国の方々が食べている量は日本の大盛+α程度ですね。
2008/03/12(水) 12:32 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
600元の15倍・・・考えたくない値段になっちゃうのですね。
スイカもこちらは安いですよね。
留学時代の友人が大のスイカ好きで、「一生分食べだめ!」する勢いで食べまくってました。

中国の方々が食べる麺食の量は、確かに日本人よりも多めだと思います。
女性でもがっつり行く方が多いですよ。
大食らいの私ですら、ほれぼれする食べっぷりの女性がたくさんいらっしゃいます。
2008/03/12(水) 18:27 | URL | ayazi #-[ 編集]
店員の
分量説明は絶対信じません。手で示したサイズより小さかったことが一回もないんですもの。。

「三両説」、とりあえず自分たちが大食いなことは分かりました(笑)
2008/03/13(木) 22:41 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
おお!絶対信じないと言い切るこの決然とした態度!
ま、確かに信じられないですけどね。
「三両」説、あくまで「一般日本人的に」という前提つきですから。
もちろん我らには少ないに決まってるじゃあありませんか!
なんてったって、食い倒れ隊ですもの。
2008/03/14(金) 12:00 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。